2012/03/12

ピレリの担当者はイマイチ?

浜島さん&コバヤシカムイのトークショー(屋外)について、ここだけにっしといてね、という話題をここに書くつもりはありませんが、午後の講演についてはそういう注釈はありませんでしたので、2日たって思い出す、面白かったな、という事は記しておきたいと思います。

「ピレリの担当者はイマイチ」

ピレリのフェラーリ担当さん(という紹介だったと思います)を写真入りで紹介していました。この方はスペイン系で、アロンソとのコミュニケーションを重視しているのかなと思います(浜島さん談)、という紹介に続いて、

「ただ、この方は今一つタイヤの事が分かっていないので、こちらからいろいろ知識をインプットしています」

というような趣旨のコメントがありました。

そうかー、ピレリのヒト、イマイチなんだー。しかし、そりゃあそうだろう。浜島さんレベルでレーシングタイヤ、あるいはF1用のタイヤというものが分かっているヒトが世界に何人いるか?という話であり、若きピレリの担当者君がそのレベルだったらそっちのほうが驚きではないか、と。

ちなみにこの発言に至る前段として、去年ピレリはBSが出来なかった(やらなかった)タレるタイヤをつくってレースを盛り上げる事に成功し、”狙い通りだ”と言っていたが、私(浜島さん)としては、本当かなあ?と疑っています、、という話もありました。元BSのヒトとしては当然そう言いたくもなるでしょう。

浜島さんの知識をその担当さんを通してピレリにインプットし、今後はピレリがフェラーリに合うタイヤになるように、その方向性を寄せていくという事を目指しているそうで、これは気の長い話だな、と。

また、ピレリのエンジニアと話していても埒があかない部分もあり、ゴムの配合をやっているトコロを紹介してもらって、直接そことのディスカッションも開始した、そうです。

ともあれ今年のタイヤスペックは既に一応決まっているわけで、そのタイヤをいかにうまく使うかがメインテーマだろうとは思います。フェラーリが浜島さんを雇った目的もそっちがメインだろうと思うのですが、こうして思い出してみると、タイヤ製造者目線が前に出ていた感じがしなくもないです。

つまり、実際にレースで使用するタイヤを製造するのはこれから(開幕から何戦か、使用コンパウンド発表済み分くらいは製造・製造手配済みかもしれませんが)で、まだまだ手を入れる余地があるのか、、、

なんかありそうな気もして来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/10

ハマシマさん&コバヤシカムイ トークショー

東証IRフェスタと、駅前サテライトスタジオでのトークショーに行ってきました。屋外のトークショーでしたが雨も小降りとなり帽子でOKで、風もそんなにはなく、まあ耐えられる寒さでした。ダウン着て冬装備でしたけどね。

2012_03_10

トークショーの中身は、ここだけにしてね連発だったので(と言ってもそんな隠すような事でもないと思いましたが)、あえて書かない事にします。正確には英語でツイートしないでね、と両名で連発していました。

ただ、英語でツイートしないでねと言いますが、数少ない私のツイッターフォロワーには何故か海外からが少なくありません。出入りがあって絶対数は増えないのですが。英語ソースも引用しますが、日本語でしかつぶやいてないのに、です。

なので、日本語でつぶやかれてもチームには知られると思いますよ、、、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/14

マルドナードPDVSA契約の中身

PDVSAスポンサーは議会の承認を経ていない違法だ?という話が昨年多少出回りました。それを受けた話題が出ていたので拾っておきます。

  • ラモス議員はこの問題を追及し、契約を公開せよとチャベス大統領に求めてきた。大統領はこれを拒んでいるが、今回ネットにリークした。
  • 契約によると、ウイリアムズ側のみが契約を解除する権利を有するようだ。
  • PDVSAは2012年£29.4ミリオンの支払いを行う。2015年に向けてトータル£40ミリオンまで増額される。

Williams


---

http://formulaoneupdate.wordpress.com/2012/02/13/maldonados-contract-leaked/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/08

2012新ルール

いくつか新ルールが発表されたもよう。

  • プレシーズンテストに参加する為には、事前にクラッシュテストに合格していること。
  • 正当な理由なくサーキットから離れるのは禁止(走路外走行を厳格に?)
  • レーシングラインから一度離れた場合(ポジションを守る為など)は、ラインに戻ってはならない。
  • 周回遅れのクルマはセーフティカ―が出た時はセーフティカ―を抜いて隊列の後ろにつく事が許される。
  • セーフティカ―や赤旗中断があっても、それを含めてレース時間は最大4時間までとする。
  • チームは金曜プラクティスからすべてのタイヤを使用する事が出来る。
  • ミッドシーズンに、レギュラードライバーによる3日間のテストが計画されており、追ってアナウンスされる見込み。

---

赤旗中断でさんざん待たされて、再開してフル周回最後までやる、ってのがなくなるのだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/01

マリア・デ・ヴィロータ

実現したら。1992年にブラバムから3レースに出走しすべて予選落ちしたジョバンナ・アマティ以来20年ぶりのグランプリウイークエンドにおける女性ドライバーの登場という事らしい。

話が上がっているのはマリア・デ・ヴィロータ、スペイン人31歳、チームはロータス・ルノー(LRGP)、契約は(実現するとしたら)リザーブドライバーとして。

リザーブが必ず金曜に走れるという事ではないので、、契約が現実になっても、イコール金曜デビューとは限らないのですが。

http://www.bloomberg.com/news/2011-11-30/renault-to-hire-formula-one-s-first-female-driver-in-20-years-as-reports.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/18

未来のF1はこうなる?コンセプトFX-i1

クローズドコクピットなど導入するとしたらこんな感じ、というデザインが出てきました。基本的に、クローズドコックピットで格好良く見える事だけを考慮してデザインされており、クローズドコックピットに関する各種懸案や、例えば5秒脱出ルールなど、それはおいらに聞かないで、そういう事はエイドリアンニューイーなどの天才に任すから、とデザイナー氏。

このデザインはアブダビでドライバー達にも提示されたとの事。多くのドライバーは歓迎の意向を示したが、唯一ベッテルがF1はオープンコックピットであるべきだと賛意を表しなかったとの事。

Fxi1


http://www.auto-motor-und-sport.de/formel-1/f1-concept-fx-i1-ist-das-die-zukunft-der-formel-1-4100111.html

確かに格好は悪くない。けどなあ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイリアムズ、PDVSAロゴは違法?

何が違法なん?と思って読んでみたら、これがベネズエラ国内法に照らして違法である可能性があって、カルロス・ラモス議員が公開質問状とともに調査に乗り出したという話のようです。

  • ウイリアムズのメインスポンサーであるPDVSAがトラブルの元となる可能性が生じてきた。ウイリアムズへのスポンサーシップは違法であるというのだ。
  • ベネズエラ国営の石油会社であるPDVSAは、ウイリアムズのF1カーに大きなロゴを掲出することで、巨額の資金提供をしていると見られている。
  • 下院議員のカルロス・ラモス氏が調査したところによると、政府の誰一人として、£100m~150mとされるスポンサー契約の内容について詳細を知っているものがいない。
  • ベネズエラの法律ではF1などへのスポンサーが許可されている公的なファンドは存在せず、(仮にあるとしても)少なくとも議会の承認が必須条件だ。
  • しかし、議会にはこれを審議したいかなる記録も残されていない。
  • ラモス氏はウイリアムズに向けて、「私はベネズエラの選挙で選ばれた議員のカルロス・ラモスだ」として、ベネズエラ議会での調査への協力と契約書のコピーの提供を求める質問状を送った。
  • この記事を掲載したサイトがウイリアムズの広報に問い合わせを行ったが、担当者が不在、であった。

----

うーん、、インディカーにはF1に来るよりも前からスポンサーしているし、国家公社がバックにいると、そしてそれが現在儲かっている資源系であると、これは強いな、とマルドナードを見ていたわけですが。

PDVSAとマルドナードセットでOUTなのか?メインスポンサーを失ったウイリアムズはどうなる?あるいは何と言う事もなく継続されてゆくのだろうか。

そういえばウイリアムズって株式上場してたな。これは株価が下落方面へ変動する要因になるのでしょうねえ。

http://formulaoneupdate.wordpress.com/2011/11/17/illegal-sponsorship-for-williams/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/05

LOLA 2014 F1参入へ?

LOLAカーズが2014年から13番目のチームとしてF1にエントリーしたいと発表した模様。

  • 現在のローラは2/3をモータースポーツ以外のビジネスで行っており、モータースポーツは残り1/3である。
  • 資金的にも、能力的にも問題ない状態である。
  • まだエンジンパートナーは決めていないが、FIAが13番目チームエントリーの募集をしてくれれば、応札する準備は整っている。
  • ”我々は準備完了で待っている”。

という事のようです。

http://www.autoweek.com/article/20111104/F1/111109906

http://www.tomorrownewsf1.com/lola-souhaite-devenir-la-13eme-equipe-de-f1-en-2014-25118

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/30

韓国GP来年はない?にデジャブ感、

インドGPに先立って、エクレストンが報道陣に韓国GP主催者の資金繰り厳しいから交渉したい要望を却下し、あくまで契約通りで払えなければ中止だねと断言、というような話がありました。

もし、たった2年で本当に途絶えるとしたら、ちょっと体面的にもどうかなという状況であるのは間違いはない(どっこい継続されるかもしれないですが)ところですが、ちょっと近年を思い返してみると、似たような先例が全くないわけではないな、と。

というのは、この韓国GPの推移になんかデジャブ感があるなー、と思っていたのですが、その理由がふっと思い浮かんだのです。

さて、巨費を投入してサーキットを建設(改修)、政治力&資金力を駆使してGPを誘致、開催初年度は想定外の大雨という要因もあったが、事前から懸案されていた運営はグダグダで特に現地に出向いた観客が酷い目に合う、2年目は多少改善されるも、そして資金難で撤退。ちなみにドライバーからのコース自体への評価が何気に低かった。

幸いだったのは、世界的に評価が高く歴史を重ね運営もこなれている、ただちょっと設備が老朽化したのでプレッシャーをかけられ開催を奪われた形となった、多くのF1ドライバーズにフェイバリットでもある、そう”鈴鹿”があったので、これが表面化しなかった、という事。

・・・

そう、FISCOがたどった道と意外と多くの共通点が見いだせるな、とその辺りにデジャブを感じたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/13

レッドブルF1、ヒマラヤを走る

テキサスの新サーキットでダートラ走行をした時は後からオフィシャル動画が出てきましたが、今回も出るかな。レッドブルF1のデモランチームがチベットにてヒマラヤに続く(議論はあるが世界一標高の高い)道路での走行を行ったそうです。

ドライバーはニール・ジャニ、クルマは2005年のRB1を使用。

Rb1

http://www.autoblog.com/2011/10/12/red-bull-racing-drives-worlds-highest-road-through-the-himalaya/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+weblogsinc%2Fautoblog+%28Autoblog%29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧