2018/05/25

クルマ一覧

バイク一覧をやりましたので、クルマについてもまとめておきたいと思います。多少時系列が怪しかったり、自分の手元にはあったけど、所有というまでは、的に漏れているものもありますが、それでもかなりの多さです。

①ケンメリ(ヨンメリ)スカイライン

これが人生初のマイカーで、バイト先の先輩から「クルマ買い替える。このクルマ車検が半年残ってるけど3万円でどうだ」と言われ即決。トラストの直管がついててやたらうるさかったですが、ちゃんと走ってくれました。ケンメリと言われた世代のスカイラインなのですが、4ドア車だったので通称ヨンメリでした。

このクルマは、ぶつけたフェンダーを直すために解体屋で同色のフェンダーを見つけて外してきて、交換したり、果てはウオーターポンプまで交換したり(バンパーからラジエーターから全部下しましたし、解体屋でエンジン墓場から同形エンジンを見つけ、そこからウオーターポンプを探して、自分で外す)、など解体屋さんを活用した修理メカの勉強にもなりました。

もちろん、半年しかなかったとは思えないほどあっちこっち走り回った思い出もあります。半年乗り倒して、廃車にしました。

1_2


②ブルーバード

これも自分の所有にしたのかどうか微妙ですが、出たり入ったりでしばらく手元にありました。最終的には誰かに売却したと思います。

2


③サニー

こいつは業者しか入れないオートオークションに連れてってもらったときに、1台くらい落として帰ろうと安いというだけで落としてみた車両です。落としてみたら事故のあとが残っているわ、これはスペック見て分かってて落としたはずですがエアコンも無かったです。

当然検切れでしたが、自分でユーザー車検をやり2年の命をゲットし、しばらく乗って誰かに売却しました。ためしにジムカーナーに出てみて、ああ自分はよーいどんのレースがやりたくて、これはあまり好みじゃないと理解した車両でもあります。

Photo_2


④KP61スターレット

最後のFRスターレット。これは元ラリー車で実際に競技に出ていた車両を車切れで買いました。4点シートベルト、ロールケージ装備です。車検を通して、あちこち走ってましたが自損事故で全損しました。先の安全装備がなかったら、ほぼほぼこのときに死んでいたであろうというものでもあります。現物の写真がないのでサンプル写真です。

4_kp61


⑤TE70レビン

このころトヨタには2T-Gというまあよくできたツインカムエンジンがあって、これを搭載したTE71というのが、走りが好きな人々の間で一つの定番車種でした。チューニングメニューも豊富だったと思います。

このクルマは友人が売りたいというので買い取ったのですが、非常に残念な事に、追加無じゃない1500CCのエンジンでした。が、良いクルマで楽しませて頂きました。この頃から上りはパワーで勝負にならず、下りでやり返すパターンになっていたように思います。

最後は誰かに売却しました。

5_2

⑥SA22C RX-7

ベストカーの売りますコーナーで見つけて、近所だったので速攻で買いに行った一台です。ライトを点灯するとパカっとリトラクタブルが上がるのが大変うれしかった記憶があります。なんといってもモーターのように回るロータリー、うわホントにモーターだあ、というのも思い出です。

こいつもパワーとしては低い側の車両でしたので、(例えば同じRX-7にターボがありました)、やはり下りを自分の領域としていました。最後は自損事故で全損しました。現物写真が無いのでこちらもサンプル画像です。

6_sa22c

⑦セルボ

元々は、友人Aがクルマが欲しいと言っていて、私が通りすがりの中古屋で目をつけ教えたらそれを友人Aが買い、その友人Aが手放すときに別の友人Bへの売却を仲介し、友人Bが手放すときに結局私が引き取ったものです。

ジウジアーロデザイン、2ストエンジン、極めて低い全高・車高など面白いクルマでした。ここまでが学生編です。

7


⑧パルサー

会社に入って買った人生初の新車。定番の1.6Lツインカムハッチを買ったのですが、特に走りには使っていません。納車当日に外部のショップに持ち込みオーディオを取り付け、更にその足で横浜の友人を拾い、更に慣らしながら夜通し走ってF1日本GPを見に行った、のが思い出です。

決勝を見た後その足で鈴鹿から帰って翌日会社という弾丸スケジュールで、交代で運転してても何度も吸い込まれそうになって無茶でした。次の車の下取りになりました。

8

⑨テラノ

アメリカさんの関税政策ありがとう、的な感じですが、オリジナルは2ドアでしたが4ドアが追加になったので、では買おう、と買い替えたものです。スキー、スノボ、サーフィン、ウインドサーフィン、キャンプ、林道ダート走り、など楽しいクルマでした。

これは長く乗るつもりで実際そこそこ長かったのですが、マーチレースで翌シーズン勝てる戦闘力のあるマシンのシートを手に入れるためにまとまった資金が必要になり、友人に売却しました。

9_2


⑩K10マーチ

通勤・移動用の足車は必要なので、レースと同型のマーチを買いました。これはサンプル画像で、実際のクルマはドアミラーでした。

10_k10 

こちらはレース車

102_k10_race_1 103_k10_race_2


⑪セントラSE-R(日本名サニー)

ここからアメリカ編です。サニーに2Lエンジンを押し込んだ楽しいクルマでした。実はこのクルマの開発を担当していたので、自分で開発した車種をマイカーとして市場で乗る、という夢がかなった1台でもあります。

サンプル画像と、唯一あった現物写真。現物のほうは自宅ガレージでの写真です。

11_b14 111_b14_2


⑫クエスト

当時アメリカはミニバンブーム。まあ1台はあったほうがよかろうとリースしました。(アメリカで乗った車両は全部リースです)。実際、日本から遊びに来てくれた友人や家族などを連れて観光するのに6人乗りは重宝しました。画像はサンプルです。

12_quest

⑬フロンティアー

どうせならアメリカでしか乗らない車種にしよう、って事でピックアップトラックを。色が黄色だったので、マグネットシートで目鼻つければ?と言ったら本当に実行され、超目立つ車両でした。ちょうど大ブームだった頃で、見つけた子供は大騒ぎ、地元ディーラーにあのオプションはどこでいくらで売っているんだと問い合わせが入ったとか。

13_frontier

⑭P10プリメーラ

帰国して、MT派の私でしたがアメリカで散々ATに乗った事もあり、また神奈川県だったので通勤渋滞もひどかろう、と日本では初のAT車を中古で購入。P10はコンパクトな車体なのに中やトランクが超広という素晴らしいパッケージングで(GT-Rの水野さん担当)、マルチリンクフロントサスによる素晴らしいハンドリング、そして超空力ボディ、いいクルマでした。そしてむしろ2Lより沢山先端技術入ってるよね?という事で1.8Lを選択しました。


14_p10_2


⑮S15シルビア

結局やっぱりMTがいい、という事と、排気だったかの規制強化の移行措置が切れていよいよ販売終了になる、というタイミングでシルビアを新車購入しました。オーテックバージョンにしましたが、2L自然吸気で200馬力というハイチューンエンジンで、音や上に回した時のフィールは最高でしたし、エキマニが見た目のハイライトでした。

このクルマも10年10万キロ以上乗り倒すつもりで買ったのですが、このあとレースに復帰して、レースにも金がかかりかつマイカーにも維持費がかかる、両方はダメだと自分で決めて、買取店に売却しました。S15、かつオーテックという事でいい値段にはなりました。

15_s15_2 151_s15_engine


⑯K11マーチ

レースの為にクルマを売り、マーチに替える。同じパターン2回目です。このマーチはもともとセカンドカーで持っていたのを、ファーストカーに昇格させました。車検切れとともに世話になったレースガレージに部品どりにでもして下さい、と譲渡しました。

16_k11


⑰FJ1600

そのレースで乗っていた車両がこちら。表彰台には立ちましたが、勝利を手にすることはかなわず。とことんやるだけやって自分の能力を証明しつつ、でもここまでだったね、という限界も知り、満足しました。レーサーを目指さずサラリーマンになって正解だったと、、、

17_fj1600

⑱Y11ウイングロード

マーチの車検が切れる時に買い替えを決断。ミニバン・ワンボックスは好きじゃないけどモノを積める車種が良い、ということでワゴン。MTにこだわって一番安い1.5Lのグレードを選択。リアのフィルムや静音材追加などいじりました。

何と言っても、リアシートを倒すと26インチのMTBがそのままのっかるというユーティリティが素晴らしかったです。

18_y11


⑲Y51フーガ

これは父が買ったクルマで、買った時に「このクルマのエンジンには俺がつくった加速フィーリングをコントロールするロジックが入ってて、かつ俺が担当したナビが入っている。なので、次に買い替える時は下取りに出さずに俺に売ってくれ」と頼んであったのでした。

で、まあそこで考えていたタイミングよりだいぶ前倒しにはなりましたが、その通り私のところへ来たものです。今度こそ10年10万キロを達成するつもりです。

19_y51





















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/05/13

バイク一覧

最近になって、自転車で峠を上っていると結構な確率でバイク集団に出会う。リターンライダーとかで、自分位の年代でバイクが売れているという話も聞く。うーん、バイクも乗りたいな~とか思ったりもするのだが、そういう時に限って会社で社員のバイク死亡事故報告なんかが回覧で周ってきたりして、うわ、このシーンこれじゃ防衛しようがないやん、やっぱ怖いわ―とかも思ったりする。

ま、それはそうと、久しぶりに写真を眺めていたらいろいろ昔の写真が出てきたので、一通り載せて整理してみようかと。

①ヤマハジョグ

人生初の原動機付き乗り物で大学の通学用だった。なんと当初はヘルメット義務化前で当たり前にノーヘルで乗っていた。60㎞/hリミッターもまだついていなかった。このジョグ、新車は赤で、この銀色は自分でオールペンしたもの。

Photo 007


②スズキハイ ウオルターウルフ

時系列は無視して先にスクーターを書いておくと、当時流行ってたスクーターレースに、ジョグでは戦闘力が無さ過ぎたので当時一番速かった勝てるマシンを買ったのがこいつ。原付2段階右折が施工された後だったので、お店に頼んで50CC以上で、原付2種甲で登録してもらった。(中免取得後)。

ちなみに、こいつを買ったら直後にヤマハからフロントにディスクブレーキを搭載したモデルが登場し一気に勝てるマシンの座から転落。こんなベース車両の新型車合戦にはとてもついていけないとスクーターレース撤退。

Photo_3  Photo_4


③ホンダ50CCモトクロッサー、スズキ50CC?バイク

この2台に関してはほとんど記憶がなく、どうやって誰から手元に来て、どこへ行ったのかさっぱり分からない。ただ写真が残っているし、乗った記憶も多少はある。モトクロッサーの方は2ストだったので結構パワーもあり悪くなかった。スズキの方はやはり原付2種で足にしていた。

008 009


④ホンダMVX

中免取得後初の中型バイク。ホンダの失敗作と言われていた2スト3気筒、人気もなく、おかげで安く中古を譲ってもらえた。ちびカウルは撤去し、シングルシートを装着して、オールペンしたので、オリジナルの面影はほぼない。デザインを自分で考え(おお元のネタはどっかでこんな配色を見て格好良いと思ったところから来ているが)

010

⑤ホンダCBR250RR

MVXに乗りながら資金を貯め、新車に近いコンディションで買った。これも250CCなのに4気筒と、うーんいいのか悪いのか、なバイクだったが、4ストのエンジンが17,000rpmまで回るってのはすごい世界ではあった。

これで北海道ほぼ1周など学生時代最後~社会人しばらく乗っていた。手放した時期とか経緯を覚えていない。

017

⑥カワサキGPZ400R

これが唯一の400CCバイクだが、かなりくたびれた中古を買い、しかもあまり乗らなかったのですぐバッテリーがあがり、重いので押しがけで酸欠して死にそうになったことだけを覚えている。

Gpz


⑦ヤマハ125モトクロッサー

GPZとの前後関係の記憶が定かではないが、一時結構良く乗っていた。車体は十分な大きさがあり、オフロードも走れ、125といえど2ストなのでパワーも十分、高速道路に乗れない以外は非常に良いバイクだった。

プラッと出て、ご飯を調達して河原とか乗り入れてそこで食べるというような使い方が多かった。


022


⑧ヤマハTZR250

これは事故で他界した大学の友人からの形見分けで託されたバイク。乗るのが供養だということで結構いろいろ走った記憶がある。結局、渡米する事になり、更に別の友人に託した。(アメリカに持って行っても法規上登録して公道を走る事は出来ない)

これを最後に自分のバイクというものを所有していないし、乗っていない。

030


ひょっとしたら抜け漏れがあるかもしれないし、買ったり売ったり預かったり、で手元に複数台のバイクがあったこともあるので、全部は網羅出来てはいないとは思う。ただ、一応自分の所有、として写真が残っているのは以上。










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/06/09

CR-Zに今更な一言

CR-Zが生産中止になるらしいです。ズィーと呼ばないと販売店のお兄さんお姉さんに言い直されるクルマでした。元々CR-Xは好きなクルマの一台だったので、CR-Zも嫌いではない、はずでした。発表された当時見に行ったときは、まあ格好自体は悪くないなとも思っていました。ただ、スポーティカーとしてもパワー不足は否めませんでしたが。

ただ、当時の投稿を読み返しても、フロントオーバーハングが長いことは指摘していて、時を経て、やっぱアレはスタイリング優先の造形をしていて、スポーツカーとしての機能を重んじていないよなという感が強いです。

無理なく低くスマートなフロントノーズをデザインするにはああするしかなかったのでしょうけど、スポーツカーに求められるのは、オーバーハングを切り詰めて軽くすることで運動性能を上げることなので、そこを真っ向から無視してスタイリングに走ったわけです。

機能を優先し(そもそも超燃費車として開発された)、結果機能美となったCR-Xとは志が決定的に違うのではないかと思わざるを得ませんでした。

次に、やはり発表当時に見に行ったときは、マッチョに膨らんだ流麗なリアフェンダーは格好良いと見ていましたが、徐々にその考えも変わりました。そもそも、マッチョに膨らんだリアフェンダーは、スポーツカーの高い出力を路面に伝える為に太くした後輪を納めるために存在するものなのだと思っています。

そこでCR-Z君、キミってさあ、FF(前輪駆動)だったよね?(笑)という話です。

確かにキミのリア周りは一見格好良いけど、機能の裏付けは何もない、ただたんに恰好だけのモノだよね?と言われたら返す言葉は無いでしょう。

というわけで、格好優先のスポーティカーというよりはむしろスペシャルティカーであったなあと思うわけです。ただ、じゃあ本気でスポーツ性を追いかけていたらもっと売れたのか?と言われると、そこはよく分からないとしかいいようがありません。

一つ言えるのは、CR-Xはこれからも歴史にその名を刻み名車として語り継がれるだろうと思いますが、CR-Zはどうだろうなあ?ということでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/02

ホンダN360

たまたま通りがかったホンダのディーラーに、N360が展示してあったので見学させてもらいました。

Img_0423 Img_0421

Img_0428 当時からリアオーバーハングは短かったのだなあ、と。

Img_0430 3世代あった最終型、だそうです。

Img_0429 Img_0425














| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/20

マツダ3(アクセラ?)リーク

リークか?とあちこちに出回っているようです。

Mazda3


全体的な塊としての形が格好良さげな感じなのですが、どうも顔が。ショーに出ていたコンセプトカーは本当に格好良かったのでマツダ6(アテンザ)の実車を見るのは楽しみにしています。

このリーク?フォトは、CX-5が同じテーマなのに顔がなんか地味と感じたのとは逆に派手な感じは受けます。ちょっとグリルが目立ち過ぎというかデカ過ぎな感じなのは最近のベンツAとかBなどにも同じ印象を受けていますがそんな感じでしょうか。

サイドビューはコドウコンセプトの躍動を表現するウネリをこの全長に詰め込んでちょっと無理が生じましたか?という印象でした。実車を見ればまた受ける印象も変わるでしょう。

SKYAKTIVEの1.6Lディーゼルにはちょっと期待が高まります。(日本に出るか?)

http://www.autoexpress.co.uk/mazda/3/60761/next-mazda-3-leaked

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/18

マクラーレン X-1

なんだか燃費スペシャルみたいだなあ、、、と思って記事を読んでみましたがそういうクルマではなく、デザイン習作のためのワンオフという事らしいですが・・・・

Mcalrenx11

http://www.autoexpress.co.uk/mclaren/mp4-12c/59768/mclaren-x-1-revealed

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/01

BMW 1シリーズGT

いよいよBMWのFFハッチバックが実際に登場、と。まあMINIがあるからね、、、

1seriesgt


http://www.autoexpress.co.uk/bmw/1-series/59484/bmw-1-series-gt-way

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/28

新型レクサスLS

これは正式なお披露目かな? LSだと言われなければ、ISかと思ってしまいました。

Ls_f


http://blog.caranddriver.com/lexus-cant-contain-excitement-reveals-2013-ls-f-sport/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/08

新型OPEL ADAM


Adam_2


OPELのMINI、FIAT500対抗とされるAdamの偽装なしフォトがスペイン発で出回っている模様。全長3.7m、エンジンは1.0Lと1.4Lの3気筒、正式デビューはパリショーの予定。

http://www.autofacil.es/fotos-espia/exclusiva-mundial-cazamos-al-opel-adam

http://www.carsuk.net/vauxhall-opel-adam-spied-undisguised/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型マツダ6(アテンザ)ワゴン

偽装付きながら、CX-5より彫りが深そうな顔つきが素敵かも。

Mazda6

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/285655/mazda_6_estate_spied.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧