« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/25

アストンマーチンDBS後継車

ほとんど隠していない感じですが、写真で見てこのボリュームってことは実物はスゴイことになっていそうなリアフェンダーが素敵。

Dbs

新型DBSではなくて、名前未定の後継車種ということらしい。6.0L V12はパワーアップされ、510馬力とも、550馬力とも言われているとの事。

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/282382/aston_martin_dbs_spied.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スモールBOXSTER?

なんども噂にあがる小型ボクスター、これは本当に登場するのだろうか?

Small_boxster  

VWブルースポーツコンセプトをもとにする小型ミッドシッププラットフォームの開発が進んでいるというが。これも詳しくは雑誌買って読んでね、とAutoExpress

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/282385/baby_boxster_on_way.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケーターハム SP/300R

さすがにストリートリーガルではないようですが(以前取り上げたかもしれませんが)、ケーターハムとして20年ぶりの新型車だそうで。

Sp300r

車重は600㎏、エンジンは2.0Lフォード スーパーチャージド300馬力。値段が不明なのですが、ともあれコレは趣味専用の模様。

http://www.autoexpress.co.uk/carreviews/firstdrives/281959/caterham_sp300r.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/21

ランボルギーニ URUS

すぐにデビューでしょうけど。ランボルギーニのSUVはURUSと呼ばれるらしい。

Urus

エンジンはベントレーコンチネンタルGT、アウディS6、S7と同じV8 4.0Lツインターボか、あるいは6.0LW12か、いずれにせよ600馬力辺りになるはずだとAutoExpress。

http://www.autoexpress.co.uk/motorshows/beijing-motor-show/282109/lamborghini_urus_suv_leaked.html

追加:

次期トゥアレグと兄弟で、生産車はコンセプトカーよりも小柄になるかも?、というハナシ。

http://www.pistonheads.com/news/default.asp?storyId=25580

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/20

ウイングロード燃費 #32

今回はフルタンク走って給油しました。警告灯は未点灯でしたが、月曜日を乗り切れる残量はなかったです。(ギリギリ行けなくもないかな)

かなり暖かくなったので燃費は久しぶりに16キロ台へと回復しました。それから、今回の区間で走行距離がODDメーターが7万キロを超えました。

走行距離:696.1㎞

給油量:43.2L

燃費:16.1㎞/L

ガソリン価格:¥149/L

ガソリン価格がちびっと下がりましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/18

マクラーレンMP4-12Cにワゴン?

スポーツカーもワゴンも好きだぞ。するってえとこれは理想的な存在か? しょせん買えっこない世界の話ですが。でもMP4-12Cってミッドシップだったよなあ。

12c_sb

詳しくはAutoExpress最新号買ってくれと、言われても。

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/282004/mclaren_estate_takes_shape.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MG Icon

この手のデザインが出て来ると、ジューク云々というキャッチフレーズが必ずついてくる。確かにあれはインパクトが大きい。

Icon

こちらも北京ショーに登場予定だとか。MGの将来計画に入っているが、実際に登場するのは早くても2015年であろうとのこと。

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/282016/mg_icon_sketches.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

AUDI RS Q3

QシリーズでRSつくると、RS3と呼ぶわけにはいかないし、、、でRS Q3となるらしい。

Rs_q3

スペックなどは省略しますが、RS化によって車高を落としているのでしょうけど、なんか車高上げて大径タイヤを履かせたA3というかRS3にしか見えないような、、、

北京ショーで発表予定ながら、生産化についてはまだされると決定(もしくは公表)したわけではないとのこと。

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/282007/audi_rs_q3_revealed.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/08

零号トレ週末バージョン 2012-6

週末狙い撃ちで雨に降られたり、MR-4登場だったりで3月は零号トレ週末バージョンがゼロのまま4月になっていました。今日は天気も良くて、ちょっと空気は冷たいながら、さすがに日中はグローブ無しで走れる陽気になってきました。

今日の走行は21.2㎞を1時間0分で走り、アベレージは21.0㎞/hで、結構風があった割には今までより2~3分タイム短縮してました。

001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタ 86試乗

この週末から一斉に始まったようで、試乗車がある店舗には私を含め試乗に来る人が朝からひっきり無しな様子でしたが、せいぜい20~30分も待てば済むレベルで済み特に問題はなかったです。みなさん忙しそうでしたね。結果として2店舗行ったのですが、試乗車は結局両方ともATで、GとGTに乗って来ました。

まずこちらから。

Img_0324

試乗車なのに希望ナンバーで86と気合が入っていたカローラ店でした。エンジンは見えているオルタネーターとエアコンコンプレッサーなど補機の下で、謳い文句通りにかなり低くマウントされている事が見て取れます。

こんな見え方といえば、一時期所有していた初代RX-7がこんな感じだったかな、と。エンジンが妙に下にある位置関係と言えば、初代CR-V(こちらはフェンダー・ボンネットを無理やり持ち上げた結果(元のシビックのままの)エンジンが相対的に下に見えた、とか、古いところでプレーリーJOYとかも、そうだったかな。

近づいて見たら、

Img_0326

写真では上手く写っていないかと思いますが、中央奥にFRのトランスミッションが見えていました。最近はFRだと高級車だったりしてエンジンルームの中(というか奥)は見えないので、FRトランスミッションが素通しで見えるエンジンルームというのは珍しいかと。(もう覚えていませんが、FRのKP61もこうだったのかな)

ミッションは見るからに細いので、言われている通りターボ化などに耐える容量は持っていなそうですが、隙間が見えるので、振れ回るスペースの考慮も必要なのでしょうけど、押し込むだけなら大容量トランスミッションが入らなくもないかな?と。

エンジンルーム関係を先に書いてしまうと、

Img_0329  Img_0330

試乗してから、音がこの方向から来るならば放出部はこの辺りで、装置や配管はこの辺りか?と確認したのがコレ↑。良く見たらカタログにもサウンドクリエーターとしてハイライト表記されていました。右の写真で丸したところ辺りから室内に繋がっているものと思われます。

エンジンルームおまけ、

Img_0335_2

SUBARU刻印がこんなところに。

フェンダーの折り返し部にSUBARUと刻印してあって、ちょっとSUBARU主張なのでしょうか(軽はともかくSUBARU車にはみんなコレがついていたりする?)

では試乗を。

Img_0333

コレは展示車ですが、着座位置が低いのは確かにそうで、期待通りの感覚なのですが、それ以上にステアリング面が垂直方向に立っている印象でした。別に良いとか悪いとかの話ではないのですが、ちょっと他のクルマと違っているなとここで感じました。(再びですが、SUBARU車ってこうなの?)

着座位置が低く、サイドシルの幅が広いため、乗降時はここに手をついてくださいというトリムがつくってありました。↓写真は助手席側です。

Img_0336  

走り出しは軽快で、トルクは十分。エンジン特性は下からトルクフルかつフラットで上までキッチリ雑味もなくスムーズに回り切る感じでした。ATは7000rpmでシフトアップしてしまいますが、マニュアルモードなら7500rpmレッドまで回りきって、レブリミッターに当てるタイプでオートシフトアップはしません。

で、回しきることも出来たのですが、確かにスムーズに嫌味なく下から上一杯までなのですが、トップエンドでの昂揚感はあまりなくて、トップエンドはこのままで中低速トルクを削って演出すればそうなるのかもしれませんが、そうしてもいいからトップエンドへ回したくなる魅惑のトルクカーブにして欲しかったな、と。

チューニングエンジンと比べても仕方がないとは思いますが、S15オーテックの2Lはそこが特別回して楽しいエンジンだったので、あの官能には届いていないかな。

低くて、スムーズでフラットで、と来て思い出した感覚は相当昔所有していた初代RX-7のNAロータリーに近いかもしれません。ただ、あそこまでのモーター感という事でもないです。

走り出して、ちょっと踏み込んで加速すると、運転席右前奥辺りから吸気音が威勢よく響いて来て、慣れるまでは、こんな妙な方角からエンジン音が出るクルマって無いなと違和感大でした。

音自体は悪くないのですし、いろいろ都合はあるのでしょうけど、音放出部を運転手の頭(耳)の位置とエンジンを結んだ線の上に置いてくれれば違和感ないかもしれないのに、とは思いました。

カローラ店の試乗コースはバイパスもコーナーもあり、また信号の巡り合せも良くて、結構走れました。ステアリングの手応えは良く、反応も素直ですいすい鼻先が入って行きます。そして、そこそこの速度でコーナーに入り切り込んですうっとパワーを乗せていくと、簡単にケツが出てVSCの介入を受けました。

コントローラブルな感じの出方ではありましたが、ドライでこんな簡単にケツ滑ってて大丈夫なのか?とちょっと心配になるくらい。試す機会はありませんでしたが、VSCスポーツ辺りで使うのが良さそうです(OFFもある)。

乗り心地は、試乗車の走行距離も関係してるだろうと思いますが、かなり硬く、カドは撮れていましたが路面入力はキッチリ入って来ました。16インチの方が17インチより若干マイルドだったかと思います。ま、スポーツカーだからいいか。

試乗車ATしか無くて残念ではあったのですが、マニュアルシフト(パドル有が良い)を使えば、変速レスポンスも悪くないし、ダイレクト感も損なわれていないし、ブリッピング自動回転合わせだし(そういえばフェアレディZにはMTでも自動ブリップついてたな)、なので、無理にMTって言わなくてもこのATでも良いかなと思えるくらいで、好印象でした。

こんな感じで試乗終わり。納期はざっと半年待ちだそうです。例のフチ無しミラーは結果的に有り無し両方に試乗したのですが、最初にフチ無しに乗ったので、あるとちょっと鏡面が狭いかな、と。

メータはこうで、

Img_0341

スピードメーターは、法定速度範囲だと針が下の方だけですこーしだけ動いているだけ。実用上はちょっとなんだかな~と言う感じです。タコメーター内デジタル表示併用も止む無しというか必然というか。

内装でいうと、

Img_0337

このカーボン調は見た目も安っぽいし、触ってもプラスチック感満載でイマイチでした。

最後にトランク

Img_0331

開口部も狭いですが、中も底面が高く容量はかなり小さく見えました(リアシート倒せばタイヤ4本と工具が載るそうですが)。またまたS15シルビアと比べてすみませんなのですが、シルビアのトランクには、リアシート倒さずに折り畳み自転車MR-4が収まったのですが、86にはとっても入らなそうに見えました。

おまけ。

Img_0339

サッシュレス3角窓ってのは初めて見たと思います。サッシュレスで、ドア開閉時にはウインドウが小さくしゅっと下がる機構付きでしたが、確かにサッシュレスで、3角窓ありデザインだとこうなるしかないかな、と思いつつ、、、

ガラス下げた状態(↑の写真)だとガツっと尖った部分が出現しているのだけど、それは安全上構わないのか?と少し思いました。構わないからこうやって製品化して世に出ているのでしょうけど。

とりあえず、以上。なんか思い出したら追記します。

----

追記:

そこそこ高めの速度で、マニュアルモードでギアを固定して高回転に保ち走る事は出来たのですが、多分慣れが少し必要なのでしょうし、あるいは単に私の運転が下手っぴなだけという事もあるでしょう。場合によってはVSCの介入と合わなかっただけなのかもしれません。

ただ、クルマが行きたがる動きと、操作と、実際の挙動が、なーんかリズム合わないなーと感じたシーンもあった事はあったのでした。特にS字なんかで、なーんか合わないなー、というか、この運転っていけてないなー、というか、イメージしてるラインとちょっと違うというか、、、、

もうちっと距離を乗って確認してみたいところではあります。

追記2:

吸気音が運転席に響く音響仕掛けですが、音の発生源(位置)に違和感ありと書きましたが、あれだったら専用スピーカーを置いて電子合成音を回転と負荷とかパラメーターにして発生しても変わんないというか、今の技術ならそれも可能ではないか?とも思いました。忘れてましたけど。

(そういえば、初めて電動系のクルマに乗った時、エンジンサウンドをシンセサイザーで合成してスピーカーから出せないかな?とか思ったっけ。フェラーリのサウンドかなんかを基にして、、とかなんとか)

追記3:

あんなにテールハッピーでVSCオフに出来て大丈夫なのかしら?雨とかさあ、なんかシルビアのターボが保険料率最高クラスだった事を思い出してしまうのだが、、、とか思いつつ、それは大きなお世話なのでしょうけど、、と考えていて

ふと、後輪駆動であれだと立ち上がりにトラクションかからんのではないか?という事もちょっと心配になってきたりしました。サーキットやらニュルやらドリフトやらで鍛えましたという触れ込みなので、こっちも大きなお世話なのでしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Audi R8フェイスリフト

前に出ていた予想イラストの方が格好良かったなとか思いつつ(まあそれは普通かも)、、、目隠しテープを外せばもっと格好良く見えるでしょうけど。ヘッドランプ、グリル、テールランプと定番なのですが、このテールランプが例の液晶っぽく見えるような気も、、、

R8  R8_rear

  • 4.2L V8は450馬力に、5.2L V10は560馬力に。6速R-Tronicは廃止され7速DCTに置き換わる。6速MTはそのまま継続。
  • GTバージョンもあるが、アダプティブダンパーは採用していない。
  • E-Tronはファイバーグラスをシャシーに採用し軽量化を図った。総重量は1600㎏。4個のモーターの総出力は230kw。
  • 500ポンドのリチウムイオンバッテリーを搭載し、クイックチャージに数時間かかる。0-100㎞/hは4.8秒で最高速は200㎞/hでリミッターが効く。
  • E-Tronの価格は15万ユーロ前後になるだろう。

---

http://www.auto-motor-und-sport.de/news/erlkoenig-audi-r8-facelift-2012-neue-optik-mehr-power-e-tron-am-start-3996711.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/04

新型Viper Xboxからリーク?

もう発表されるだろうから、今これを拾っても、、、と思いつつ。XboxのForzaにその姿が登場しちゃっているとか。

Viper

http://www.autoexpress.co.uk/motorshows/new-york-motor-show/281341/dodge_viper_leaked.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »