« Pininfarina Cambiano | トップページ | ウイングロード燃費 #30 »

2012/03/02

ホンダ N BOX 試乗

東京モーターショーで見て、髙いだの、後追いだの、と文句をつけただけで終わっていたN BOXですが、1月の軽登録ランキングで5位とどうやら好調に売れているらしい、という事で近所のディーラーで試乗をさせてもらってきました。

平日で雨だったので時間があった(暇だった)のか、対応してくれた営業さんと話が脱線しながらいろいろ盛り上がりました。

さてN BOX、ざっくり20万円ほど上乗せとなるカスタムが8:2に近い割合で売れているとの事で、ちょっとびっくり。ビジネスとしては滑り出し大成功なのでしょう。正直、カスタムはかなりいい値段で、その値段だったらフィットかフィットハイブリッド買った方が、、と思ってしまうのですが、意外とそうではないそうです。

維持費イメージを含め、ダウンサイザーには断然カスタムという事でした。ギラギラな押し出しの強さが魅力なのだそうです。逆にノーマルを選ぶ理由としては、値段的なものよりも、「カスタムは派手すぎる」という理由が来るそうです。この辺り、1年2年経過した後でどうなるか興味深いところです。

Dscn3308 Dscn3309


まあ確かに、見比べるとノーマルは地味かも。カスタムは少し暗くなったときの青色LEDデイライトがまたド派手でした。

ちなみに、N BOXはフィットなどと競合しないし、こればかり売れてしまって他の既存軽がさっぱりかというと逆にN BOXで来店してもらい、やはりちょっと高いな、となったらライフやゼストを勧められるという事で、既存車種の販売推進にも寄与しているそうで、もう文句なしかもしれません。

走り出す前に、とりあえずラゲッジは、リアシート立てた状態でこのくらい。

Dscn3310

リアシート倒した時はこう。おや?フラットにはならないのですね、と。写真では分かり難いですが、5cmくらい段差があります。

Dscn3311


フラットにならない理由は大きく2つで、一つはリアシートのクッション厚み確保を優先したため、もう一つは、ラゲッジ開口部高さを可能な限り低く保つ為。それぞれこんな感じ。

Dscn3312 Dscn3313


ごく短時間でしたが、リアシートすわり心地は悪くなかったです。 ただ、リアシート足元は超広でしたが、ソリオも広かったし、もはや過剰の域では?とも思いました。ただし、このスペースにベビーカーを入れたりするらしいので、そういうスペースとして見るべきかもしれません。

Dscn3316_3 

スライドドア開口はこんな感じです。営業さん曰く、64㎝(62㎝だったか?)というのがマジックナンバーで、それを確保する事が必須なのだそうです。で、タントはこれが出来なかったから左側ピラーレスにしたのだとか。

Dscn3315

確かにスライドドア開口は広かったです。ただ、ちょっとだけ弊害というか影響受けちゃったかな?と思ったのは、そのピラーの位置です。上の写真でもフロントシート背もたれ部がかなり入り込んでいる事が分かりますが、フロントドアを開けて、乗り込もうとした動線においてはこのピラーがちょっと邪魔です。左の肩が当たる感じ。

Dscn3317


フロントドアを90度開いて真横から乗り込めば気になりませんが、普通に斜めから乗ろうとするとちょっと気になると思いました。

走ってみます。

雨だったし交差点何回か曲がるだけだったのでハンドリングがどうこうとは全く言えないのですが、とりあえずハンドルは軽かったです。感触は悪くはありませんでした。

加速もまあまあ、660CCでこの車体を走らせていると思えば良いと言えるくらいでした。かなりローギアード設定なようで、普通にアクセル踏んでもすぐに3000rpmを超え、ちょっと加速すると4000rpm辺りまで平気で使うようです。

ただ、エンジンノイズが良く抑えられていたので、タコメーターを見なければ特に気づかないレベルではありました。タコメーターなどついていない軽が多いので今までさほど意識しなかっただけかもしれません。

各種ノイズは抑制が効いていてよかったと思うのですが、特にアイドルストップ中は静かなので、その時に間欠ワイパーが動くとそのモーター作動音がやたら大きく感じられ、気になってしまいました。

アイドルストップは他社トップランナーのように減速7㎞以下とかで止まるという事はなく、車速がゼロになってからのアイドル停止でした。親切だな、と思ったのは、緩いブレーキですーっと停止しようとしたらブレーキ踏め、というシグナルが点滅して、おお、もうちょっと強くブレーキ踏まないとアイドル停止しないのか、とお知らせしてくれた事です。

写真はアイドル停止中。

Dscn3323 

あとは細かい話がいくつか。

これは室内設置型リアアンダーミラーで、この状態では良く映っていますが、実際に乗って運転席から見ると、雨だったせいか暗くて、何が映っているのかよく分かりませんでした。左側のミラーもそうですが、明るいときは良いのかもしれませんが、今日の天候だとちょっとイマイチでした。

Dscn3314 Dscn3319

なんか後付け感があるようで少し気になったのが、このサイドガラス隅っこにくっついている(余計な?)カバー。こんなのは無い方が視界がより広くて良さそうでは?と。窓ガラスの形状(下に降ろす事を含めた)の制約があってこうなったのかな?と想像しました。

Dscn3321 

運転席に座ってみると、フロントガラス遠っ!感が半端ないのですが、それを証明するがごとく、ルームミラー取り付けはガラスではなく頭上のルーフでした。(この事自体は営業さんが教えてくれました)


Dscn3325

これも営業さんが教えてくれたのですが、グローブボックスは、奥に車検証を押し込んで、上側にティッシュボックスがきっちり平置きではまるようになっているそうです。

Dscn3326

とりあえず、今日はここまで。

|

« Pininfarina Cambiano | トップページ | ウイングロード燃費 #30 »

「試乗記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!
最近の軽はよくできてますね~
それにしても車両価格が高いっ!とはいえ維持費の安さは魅力です(^^)

投稿: N-BOXタイヤ | 2016/02/09 14:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/54123454

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ N BOX 試乗:

« Pininfarina Cambiano | トップページ | ウイングロード燃費 #30 »