« Bertone Nuccio | トップページ | プレオ燃費 9 »

2012/02/11

オジサン号パンク修理

Dcf_0001


ウチにある唯一のママチャリ「働くおじさん号」、この写真は新品の頃で、現状はだいぶ古びていますが機能的には問題なしです。ただ、後輪がパンクしていて稼働していなかったので、そろそろやるか、と腰を上げて修理しました。

バケツに水貼って、タイヤレンチでタイヤ外して、、、

ん?どうもチューブには穴空いてないなー。そしてバルブの口から気泡がちびっと出ている感じ、、、バルブかっ。確かに外す過程で虫ゴムの劣化が目についてはいました。

パンク用パッチの在庫は買い足してあって余裕だったのですが、虫ゴムは以前のパンク修理で使い切って在庫なし。仕方がないのでとりあえず別の不動車からバルブを移植する事にして、組んで空気入れて、完了。

直した後の試走は気持ちいいね。いずれ虫ゴムも買っておかなくちゃ。

|

« Bertone Nuccio | トップページ | プレオ燃費 9 »

「自転車」カテゴリの記事

コメント

あれまぁ
先にバルブのチェックやっとけば
チューブ引っ張り出さなくてもよかったのにね^^;

投稿: FOX | 2012/02/11 17:02

たしかに・・・先にチェックしておけば、、、虫ゴムが劣化して空気漏れするの、初めてではないのですよねー。

投稿: 乗り物雑記 | 2012/02/11 19:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/53955111

この記事へのトラックバック一覧です: オジサン号パンク修理:

« Bertone Nuccio | トップページ | プレオ燃費 9 »