« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012/02/28

Pininfarina Cambiano

ベルトーネから出ました~と思っていたらピニンファリーナからも。スタイリングセンター30周年記念ということらしいです。詳細情報は出ていないそうで。

うーん、どっちかと言えばベルトーネの方が好きかな。

Pininfarina_cambiano

http://blog.caranddriver.com/pininfarina-cambiano-sports-sedan-concept-revealed-geneva-auto-show/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Lyon Heart K

ジャガーXKRをベースにしたレトロ(もちろんEタイプ)モダンモデル、予定価格49.5万ユーロで、予約注文が最低50以上入った場合のみ生産化される模様。

Lyonheart_k

http://www.auto-motor-und-sport.de/news/retro-sportler-lyonheart-k-die-rueckkehr-des-koenigs-4419569.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/26

現段階でCX-5について語ってみる

新世代クリーンディーゼルに大いに期待していたら、ディーゼルの試乗車がディーラーに配車されるのは3月以降とマツダのHPに注記されていました。興味はあるけど多分買わないので、こちらには試乗車はいつ来ますか?と近所のディーラーに問い合わせるのは控えています。試乗してからと思っていましたが、試乗以前の話を先に書いておく事にしました。

ちなみに、今日CX-5のページを見て初めて知ったのですが、ディーゼル車のグレードXDは”クロスディー”と読むらしいです。

http://www.cx-5.mazda.co.jp/grade/xd.html

確か販売比率はガソリンとディーゼル50%づつを見込んでいて、他社競合クリーンディーゼルより50万円安いから競争力があると考えている、とかなんとか発表時にマツダから表明されていたように記憶しています。

他社競合というのは、名指しはされていなかったと思いますが、これでしょうか。

http://www2.nissan.co.jp/X-TRAIL/t311007g05.html?gradeID=G05&model=X-TRAIL

装備など違いがあるので、そのまま価格を比較するのもどうかという事で4wdとATだけ合わせてみましょう。

X-Trail 20GT(6AT)4wd :¥3,139,500

CX-5 XD (6AT)4wd:¥2,790,000

差額は¥349,500でした。CX-5側をFFにすれば差額は55万円程になりますか、、

ともあれエクストレイルより安そうではあります。ただ、クルマとしてエクストレイルとCX-5が競合するか?というと、そうかな~?で、同じニッサンならデュアリスだろう、とは思いますが。まあ、競合の事は本題ではないです。

本題はこちら、CX-5の値段設定を見て思った事で、「ディーゼル高いなー」です。何と比べて?それはもちろん、CX-5ガソリン車と比較して。

CX-5 20C(FF):¥2,050,000~

CX-5 XD(FF):¥¥2,580,000~

これでは、ディーゼル買おうと思ったらベース車プラス50万円に見えてしまいます。装備の差などもあるのでしょう。また、普及価格のはなるべく安く見せたいという思惑もあるのかもしれません。しかし、”基本は200万円プラスからのクルマ”と認識してしまうと、ディーゼルにしたかったら50万円も上乗せかあ、、、と思ってしまいました。

そうなると、いくらディーゼルの燃費が良くてかつ燃料代が安いと言っても、差額取り返すのに何万キロ走るん?という構図に陥ってしまうのではないかなあ、と。(ハイブリッドも基本的には同じ構図)。

エクストレイルの差額も大きいですが、あちらはディーゼルでそんなに数を目指していないように思えます。そして、クリーンディーゼルが残念ながらハイブリッド程の威光を持っていない事は、既に結果として示されているのではないか、という事も浮上して来ます。

そうなってくると、はたしてマツダの意気込み通り半分もディーゼルが売れるのだろうか?と思ってしまうわけです。最初の数か月は高いグレードが良く売れたりしますから、滑り出しのうちはともかく、ライフを考えた長期スパンだとどうかな~?と。

CX-5は率直に言って地味だし、日本ではSUVはブームが去ってから戻ってこないし、という事を差し引いても、東京モーターショーでせっかく展示してあったのに、私が行った範囲ではほとんどノー注目に見えたCX-5がマツダを救うのか?引き続き注目したいと思います。

Dcf_0036


<東京モーターショー初日>

ちゃんと置いてあったし、スライドして中身が透けるモニターディスプレイの仕掛けもしてあったのですが、私が通りがかった時周囲を取り巻く人はおらず、小学生と思われる少年が母親と思しき人とそのモニターで遊んでたくらいで、実にひっそりしていたのを思い出します。

ーーー

追伸:細かい話で、またせこい話ですが、こと日本市場においては2.2Lという排気量が微妙に影を落とすような気もします。グローバルには2.2Lが最適だったのかもしれませんし、エコカー減税などもありますが、毎年の税金が高いやん、、、

更に追記:書き終わった直後に初期受注の8割がディーゼルという話も出てきました。これはディーゼル復権の兆しとなるのか?いずれにせよ要経過観察ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

零号トレ週末バージョン 2012-5

先週に引き続き週末バージョンでした。どんより曇ってたけどなんとか雨は降らずにすみました。

今日の走行距離:21.6㎞、時間:1時間3分、アベレージ:20.5㎞/h

001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/25

Bertone Nuccio

2週間前に拾ったのはラフスケッチでした。写真が公開されたようです。

Nuccio_2
http://blog.caranddriver.com/bertone-nuccio-concept-carries-the-wedgy-car-torch-geneva-auto-show/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェラーリ F620

発表が近いと漏れるものなのですかねえ。599後継がジュネーブでデビューすると言われていたら、出てきました。米Autoweekより。6.3L V12 740馬力だそうで。

F620


http://www.autoweek.com/article/20120224/CARNEWS/120229887

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/24

2013 SRT Viper

あくまで予想イラストの範疇だと思われますが、新型Viperはこんな感じなのか? V10継続で、気筒休止・アイドルストップを採用、8L以上、660馬力であろう、と米Car&Driverより。

Srt


http://www.caranddriver.com/features/2013-srt-viper-rendered-news

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/23

レクサス ES?

ちらっと見かけた時は、GSだろ、と思ったのですが、これは本当にESなのかしら?えー、、、

Es

http://blog.caranddriver.com/restyled-2013-lexus-es-sedan-spotted-undisguised-in-china/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランボルギーニ MLC

ランボの新しいSUVの名前はMLCになる、とCARSUKより。画像は独自予想らしい。

Mlc

  • ランボルギーニのSUVは、4月に北京で公開される見込みである。
  • プラットフォームはベントレーSUVと共用する、VWのカイエン、トゥアレグ、Q7用をモディファイしたものとなる。
  • カーボン使用により軽量化される。
  • エンジンはガヤルドのV10になる見込みである。ハイブリッドになる可能性もある。

-----

http://www.carsuk.net/lamborghini-mlc-is-the-lambo-suv/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/22

BMW 3シリーズGT

あると言われてきましたが、寒冷地でテストカーが捕捉され存在が確認されたとAutoExpressより。ボリュームは狙っておらず、ニッチなのだそうだ。車高が上げられているらしい。

3gt 

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/279067/bmw_3_series_gt_confirmed.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/20

480,041

今回はジャストは撮れませんでしたが、本日48万を通過。

480041

今回の1万カウントは前回と同じ26日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/19

零号トレ週末バージョン 2012-4

2月に入ってから週末バージョンがなく、ほぼ1か月ぶりでした。今日は1時間2分、21.4㎞でした。設定重量が自分の体重ではなく自転車込みだという事が分かり修正したので、消費カロリーが増えました。

001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フェラーリEnzo後継は920馬力?

写真はFerrariChatに出回った599後継車のものらしい、というモノ。こちらはジュネーブ公開予定らしいのでデビューも近い、と。V12は少なくともアヴァンタドールの700馬力を下回る事はなかろう、と米Car&Driverより。

599suc

ENZO後継の方は、7.3L V12が800馬力、KERSを採用し電気モーターが120馬力でトータル920馬力、と米Autoweekより。名前はF70になるのではないか?とも。

V12エンジンは共通ではないのかな、、、

-----

http://blog.caranddriver.com/this-is-most-likely-the-rear-of-ferraris-v12-599-replacement-geneva-auto-show/

http://www.autoweek.com/article/20120217/CARNEWS/120219886

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/17

新型Audi A3 リーク?

先月拾ったのはあくまで予想イラストの範疇でした。今回はチェコAutoforum.czからの”リーク”とされています。AUTOCARより

A3_4

All-new Audi A3 leaks out - Geneva motor show 2012 ... - Autocar

http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://www.autocar.co.uk/News/NewsArticle/AllCars/261353/&ei=aZI9T56-GpGViQfG4fDRBA&sa=X&oi=translate&ct=result&resnum=1&ved=0CDMQ7gEwAA&prev=/search%3Fq%3DAUTOCAR%2BA3%2Bleak%26hl%3Dja%26rlz%3D1T4GGHP_jaJP441JP441%26prmd%3Dimvns

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポルシェ Macan

これまでCajun(Cayenne Junior)と呼ばれていた新中型SUVの名前がMacan(インドネシアの虎の名前だとか)に決まったとティーザースケッチとともに発表。

CayenneはおろかPamameraも含めポルシェは911だろーーと思ってしまうオールドファンな私ですが、売れているらしいですからねえ。それにしたって、MacanはAudi Q5をベースとする見込みとか書いてあると、それは萎えるなあ。

ライプチヒ工場で2013年には生産を開始するとの事。

Macan

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/278917/porsche_macan_teaser.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/15

Bugatti EB.LA

ええっ、新型の開発がされているの?と思いきやデザイン学生24歳の作品という事でした。もしジャン・ブガッティ氏が今も生きていたら、という答えだそうです。マクラーレンF1のような3人乗り、車重750㎏、4気筒ターボ+フロントに2モーター+フライホイールでシステム出力600馬力という構想だそうです。

なにゆえ学生デザインがトップページに掲載なの?と思ったら、これはVWデザインセンターで(インターンですかね?)卒業制作として登場したと記事の最後に書いてありました。

Eb_la

http://www.auto-motor-und-sport.de/news/bugatti-eb-la-der-alternative-bugatti-veyron-4413471.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/14

Infiniti EMERGE-E

これはリーク?と思ったら来月ジュネーブショーでのデビューに先駆けて、ヨーロッパのデザインパテントオフィスのデータベースに登録されたレンダリングという事のようです。

Infititi      Emerge

  • 通常クルマが公開される前にレンダリングが外(パテントオフィスの)に漏れる事はないが、時々ある。最近ではベンツAクラスのものが出回った。

----

中々魅力的、、そして結構現実的に出来ているように見えますねえ。

http://blog.caranddriver.com/infiniti-emerg-e-mid-engine-sports-car-concept-revealed-geneva-auto-show/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルドナードPDVSA契約の中身

PDVSAスポンサーは議会の承認を経ていない違法だ?という話が昨年多少出回りました。それを受けた話題が出ていたので拾っておきます。

  • ラモス議員はこの問題を追及し、契約を公開せよとチャベス大統領に求めてきた。大統領はこれを拒んでいるが、今回ネットにリークした。
  • 契約によると、ウイリアムズ側のみが契約を解除する権利を有するようだ。
  • PDVSAは2012年£29.4ミリオンの支払いを行う。2015年に向けてトータル£40ミリオンまで増額される。

Williams


---

http://formulaoneupdate.wordpress.com/2012/02/13/maldonados-contract-leaked/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/13

レクサスRX450h Fスポーツがリーク?

またしても日本語入りの”リーク”?画像登場。86関係は多かった。今回はレクサスRX450hのフェイスリフト(例のグリル装着)版Fスポーツだそうで。ジュネーブで正式デビューするだろう、とCARSUK。

Rx450h

http://www.carsuk.net/2012-lexus-rx-450h-facelift-leaks/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jensen FF とFerrari FF

昨年9月に拾ったJensen Intersepter復活?の記事が突然浮上して、なんぞ?と思ったら原因はコレ?

確かに、名前だけじゃなく共通点がある感じではありますが。

http://www.autoblog.com/2012/02/11/jenson-interceptor-ff-and-ferrari-ff-take-to-the-slopes-of-st-m/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+weblogsinc%2Fautoblog+%28Autoblog%29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/12

プレオ燃費 9

燃料計の針はぼちぼちE手前の下4分の1?ラインにかかるかな辺り、で給油してきました。

走行距離:280.0km

給油量:19.5L

燃費:14.4km/L

となり、前回とほぼ同値でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/11

オジサン号パンク修理

Dcf_0001


ウチにある唯一のママチャリ「働くおじさん号」、この写真は新品の頃で、現状はだいぶ古びていますが機能的には問題なしです。ただ、後輪がパンクしていて稼働していなかったので、そろそろやるか、と腰を上げて修理しました。

バケツに水貼って、タイヤレンチでタイヤ外して、、、

ん?どうもチューブには穴空いてないなー。そしてバルブの口から気泡がちびっと出ている感じ、、、バルブかっ。確かに外す過程で虫ゴムの劣化が目についてはいました。

パンク用パッチの在庫は買い足してあって余裕だったのですが、虫ゴムは以前のパンク修理で使い切って在庫なし。仕方がないのでとりあえず別の不動車からバルブを移植する事にして、組んで空気入れて、完了。

直した後の試走は気持ちいいね。いずれ虫ゴムも買っておかなくちゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Bertone Nuccio

すぐに大手サイトに載ると思いますが、ベルトーネはお気に入りなので拾っておきましょう。

Nuccio
 

  • アルファロメオ モントリオール、ジュリエッタスプリントなどを手掛けたNuccio Bertone氏がデザインしたミッド・リアエンジンマウントのスポーツカーコンセプト。
  • ジュネーブでデビューし、北京、チューリン、ラグナセカなどを世界を回る予定である。

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/278668/bertone_nuccio_first_pictures.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/10

ラウラ・ティレット、ケーターハムと契約

ケーターハムはF1へつながるグラスルーツ活動としてカートのチャンピオンシップを開催する。簡単に言うとそこから自分たちの新たなルイス・ハミルトンを見出そうという事だ。

Laura

そのシリーズを作り上げるため、ケーターハムは20歳女性ドライバーLaura・Tillettと契約を結んだ。ラウラはカートにおけるF1であるKF1世界選手権における英国人女性初のエントリー者である。

ケーターハムでは、彼女はカートシリーズの計画、レースフォーマット、テクニカルスペック、オーガナイズなどで仕事をしてもらう事になるという。

彼女自身のカートでの成功だけではなく、Tillett家は世界一流のカート用シート、リブ(あばら骨)プロテクター、アクセサリーなどのサプライヤーである。

---

http://uk.autoblog.com/2012/02/10/tillett-to-win-it-caterham-signs-karting-ace-laura/

ドライバー候補として、ではないようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/09

プレオ車検

今年は車検イヤーで、まずプレオ君。何も問題はなくて、無事終了しました。オイルは最近交換したばかりだから不要、でリコメンドされたのは以下2点。

1.エアクリーナーフィルター交換(汚れている)

2.プラグ交換(多少減っている)

エアクリーナーは¥3,150でまあ交換してもいいかな、と思ったのですが、プラグはイリジウム一本¥1,800と結構なお値段で、プレオ君軽自動車なのに無駄に4気筒だから×4で¥7,200になってしまいます。(量販店でもっと安いのもあるでしょうけど?)

そこで、ところで前回の車検の時走行距離いくつでしたっけ?と確認したら61,000km辺りでした。現在は67,000kmなので、2年間で6,000kmしか走っていません。月平均で250kmです。

どうしましょうか?という確認が来た際にそれを確認して、そんな距離しか走らないからね、、、という事でそのまま(交換しない)としました。安全面で問題がない事を確認する事が最大の目的だったのですが、ブレーキ関係含めそちらは問題なしでした。

トータル料金もOK。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次期Audi TT

最初のTTは面白い存在でしたが、狭かったのは仕方がないか。成長して立派になったなあという感じですが、今となってはR2とか名前を変えた方が良いか?まあR4が出て来るとしたらミッドシップ中小型スポーツなので、FFクーペはTTでも構わないか。

ともあれ、R8フェイスリフトで予想された顔つきとよく似ているように感じます。このイメージは中々格好良さげかな。軽量化され効率(燃費?)や走りも上がるそうです。

Tt
 

---

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/278458/new_audi_tt_exclusive.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMW FAST

BMW FASTって何?と思ったらFamily Activity Sport Tourerから取ったコードネームで、開発中のFF車のことらしい。寒冷地テストを捕捉したとAutoExpressより。

Fast
 

  • FASTはベンツBクラスやフォードC-MAX MPVなどに対抗するプレミアムハッチとなる。
  • プラットフォームは次期MINI(カントリーマン)と共用する。
  • 即ち、4wdも存在するであろう。

----

1シリーズのバリエーションとなるであろう、と書かれていましたが、2シリーズを名乗るという話もあったかと。2はクーペ(スタイル)系なのかもしれません。

BMWとしてFF追加でバリエーション・台数・顧客基盤を広げるという目的が先なのか、MINIを継続する以上FFをやらなくてはならず、MINIだけではなくBMWでも投資回収をする事が先なのか、、、

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/278419/bmw_family_activity_sports_tourer.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/08

BAC MONO

この手の乗り物は、知らないだけで沢山?あるんでしょうかねえ。一般道路走行可能(合法)でこれほどフォーミュラーに近いクルマはない、とSportAutoより

Bac_mono
 

  • BAC(Briggs Automotive Company )MonoはF3をストリート合法にしたもの、に近い。
  • シーケンシャルのヒューランドFTRギアボックスやドライサンプオイル系などはF3と同一であり、ダラーラと共同開発された。
  • 車重は540㎏。鉄製チューブフレームにカーボンボディを組み合わせる。
  • ストリートリーガルであり、かつF1の横転(転覆?)規制もクリアする。現在ユーロ5エミッション取得中だが、問題はないという。
  • フロントにトリッキーなエアダクトを、リアにはダブルディフューザーを採用した。
  • エンジンはコスワース2.3L 4気筒自然吸気で、284馬力。0-100㎞/hは2.8秒とされている。
  • タイヤにはクムホ エクスタV70Aを採用。

----

http://www.sportauto-online.de/fahrberichte/bac-mono-im-fahrbericht-mono-kultur-bietet-rennwagenfeeling-3972368.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/05

mpg→km/Lの変換について

mpgな国の記事を拾うことが多いのですが、その際に燃費mpgからkm/Lへの変換はしないことにしています。理由は1.面倒だから、2.燃費計測モードが違うので換算しても直接比較は出来ないから、の二つです。

簡易的には、1mile=1.6kmとし、1galon=3.8Lとすると1.6/3.8=0.421なので、ざっくり0.42、あるいは0.4をmpg値にかければ概ねkm/Lに換算できます。

電卓無しで暗算する時は、まず0.4をかけて、それを5%増しにするとやりやすいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ゲートブリッジ&スカイツリー

東京ゲートブリッジのイベントに自転車の部で参加してきました。クラブのみなさんがセットで都内ポタを企画してくれたので、まあ一回くらいは近くで見ておこうかと思っていたスカイツリーも見ることが出来ました。

走行距離:57km

アベ:10.7km/h

延べ時間:5時間20分

005 東京駅をスタートし、日本橋を通過

007 浅草を通過

008 するとスカイツリーが見え始めました。

010 近くに到着

011 逆さツリーポイント。工事中でしたがちゃんと水面に映ってました。

012 ク、クレーンさえなければ良い構図だったかも、、

013 直下から見上げるとこんな感じ。

014 豊洲周辺に到着

015 豊洲周辺、いい景色の気持ちいいコースでした

016 ゲートブリッジが見えてきました

019 023 

スタート待ちの行列!自転車の部は2000名定員という事でしたが、スタートまでに1時間ちょい並びました。

022 「あ、86だー」と思ったら、SUBARU協賛なのでBRZでした。遠目に後ろから見ても判別出来ません。前なら分かったと思いますが。

024 ゲートブリッジ登坂。結局インナーは使わずアウターだけで登れたので、さほどキツイ登坂ではなかったです。ペースはゆっくりで距離も短かったですしね。

027 渡り終わってUターン。こうしてみると結構坂な感じに見えます。

028 右手奥にスカイツリー、左手奥に小さく東京タワー

走行データは以下の通り。最高速はなんかデータエラーですね。

030

ルートのGPSプロット

Route

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012/02/03

アクア(プリウスC)は高速燃費を解決したのか?

日本の10-15やJC08モードでは既存プリウスを上回る燃費値をたたき出しているアクアですが、そもそも現行プリウスが1.5Lから1.8Lにエンジン排気量を上げた理由(のひとつ)が高速燃費の改善だったかと記憶しています。

改良は加えられているのでしょうけど、その1.5Lシステムを引っ張り出してきたアクア(あちらではプリウスC)は高速道路での燃費の問題をクリアしたのか、日本のモードではその速度域を走らないだけなのか、は気になっていました。

どうやらアメリカEPAの数値が出てきたようなのでチェックしてみました。結果、

2代目プリウス(前型、1.5L) CITY/HWY(mpg) 48/45

3代目プリウス(現行、1.8L) CITY/HWY(mpg) 51/48

プリウスC(アクア、1.5L)  CITY/HWY(mpg) 53/46

2代目から現行では、(1.8L化含め)全方位で燃費が改善されていて、うたい文句の通り高速燃費も改善されていました。

で、アクア(データはプリウスCですが)を見てみると、高速道路モードでの燃費はプリウスに負けていました。前型プリウスより若干向上はしているようです。この数値を見る限り、高速燃費の課題を克服したわけではなかったと言えそうです。

ただし、ディーラーでの短時間試乗でも感じましたが、低速域でのエンジンの止まり具合や粘るEV走行(中々エンジンをかけない)は、(覚えていませんが)前型プリウスより強化されていると思います。それがCITYモード燃費の大幅向上に表れているかと。

よって、高速道路での長距離移動を優先するならば、アクアよりもプリウスにしたほうが燃費は良くなる可能性が高いと言えましょう。街乗り主体ならば燃費はアクアのが良いでしょう。

アクアもCd値は結構頑張ったような事がカタログに書いてありましたが、やはり居住性やラゲッジに妥協を強いてでもあのボディスタイルなのは伊達じゃないのね、プリウス。そういう意味でαはどうもうーん、なんですよね。

最近はそうでも無くてどちらかというと物まねも辞さずになってきた感がありますが、人真似よりも独自路線なイメージがある(あった?)ホンダのインサイトがあの形になったのもまた必然であった、と改めて認識、かな。

もしフィットハイブリッドがアメリカに投入されていれば、インサイトとフィットハイブリッドの高速燃費比較も出来たのですが。

参照元

http://www.toyota.com/upcoming-vehicles/priusc/

http://en.wikipedia.org/wiki/Toyota_Prius_c

http://www.toyota.com/prius-hybrid/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ジャガーC-X75 ガスタービン

昨年5月に、生産版はウイリアムズ製F1用4気筒1.6Lターボを搭載することになったと報じられたので拾ったのですが、

http://junki.cocolog-nifty.com/automobile/2011/05/c-x75-8463.html

コンセプトカーで採用されていたガスタービンも捨ててはいなかった、ようです。

  • ジャガーを所有するTATAが、C-X75に搭載するガスタービンを将来生産する工場を正式にオープンした。
  • The Bladon Jets Engineering Centre では15人の従業員で、パテントを保有するマイクロガスタービンを生産する。
  • 95馬力のガスタービンは1個35㎏しかなく、オイル潤滑も水による冷却も必要としない。
  • C-X75は駆動用に4個のモーターを装備する。
  • ガスタービンが実際に搭載されるのはほんの一握りで、C-X75の大部分はウイリアムズ製の1.6L4気筒ターボを搭載する。

----

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/278272/gaspowered_jaguar_cx75.html

その後F1の方はV6ターボに変更されてしまったのですが、こちらのプロジェクトは4気筒のままで行くという事なのかな。”F1と同じエンジン”という肩書きは特に必要としないのか、もう変更不可能なのか、そもそもV6だと収まらないのか、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FIAT 500L(4ドアMPV)発表

公式リリースがあっったようです。既出情報に追加するものはなく、パンダ改プラットフォームに5人乗りと7人乗りがある、と。これのデビューと交代にムルティプラが退役するそうで、ライバルはMINIカントリーマンとニッサンノートだそうで。

500l
 

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/278248/fiat_500l_revealed.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/02

VW MIB

MIBとは、VWがMQBプラットフォームとともに導入する共通新車内ITシステムの略称だという事らしい。先にCESで公開されたインテリアのみのA3に導入されていたコマンドシステムなども含まれ、Audiの技術をVWに導入する道を開くという。

  • MQBアーキテクチャーは今後すべての新しいVW車に用いられる。次期フェートンを除く(フェートンの次期型があるのか、、、)が、Audiの一部も含まれる。
  • エンジン、サスペンション、トランスミッションといったコンポーネントの共有に留まらず、多くの共通モジュラーシステムが投入される。そのひとつが、MIBと呼ばれる新インフォテイメントシステムである。(”ウイルスミスじゃないよ、そこんとこよろしく”と原文より)
  • MIBは車内電子システムのプラットフォームであり、多くの車種で共通のハードウエア・システムを構成する。電子システムが後ろに隠れているのは特別新しいわけではいが、高額な車種からそうでも無い車種までハードエウア・システムを共有する事により、現在は高額な車種にしか搭載されないシステムが廉価車種にも広がる事になる。
  • つまり、エントリーゴルフにも、8インチタッチスクリーンディスプレイや3Dサテライトナビが装着できるようになる。
  • VWでは、Audiのようなボタン、ノブそしてタッチパッドは採用せず、操作全体をタッチスクリーンで操作する事になる。これによりAudiの手書き入力が使えるようになる。
  • VW版のMIBはゴルフⅦから登場する予定である。
  • 手がスクリーンに近づいた事を検知するセンサーも含まれる。これにより、ズームなどの操作はスクリーンにタッチせずに行い、タッチした時はファンクション操作画面が出て来るといった事が可能となる。
  • スクリーンの操作はApple方式となり、スクロールの操作としてスワイプする事になる。矢印ボタンをタッピングする必要はない。
  • 基本セットとして、5インチ、5.8インチ、8インチ仕様が用意される。
  • 我々はテクノロジーに興奮するが、VWにとっての目的はシステム共通化によるコストセービングである。

-----

http://blog.caranddriver.com/plug-and-play-vw-details-new-lineup-wide-modular-infotainment-system/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/01

JAC 4R3

最近あまり見なくなったような気がしていたのですが、それはターゲットが日本車ではなくなったからなのか、今更珍しくもないから話題にならないだけなのか、、、

しかし、まだまだ。今回は説明されなくとも分かるフォードF150のそっくりさんが登場。中国国内にとどまらず、アフリカや南米市場も狙うとか。

フェラーリがイタリア150周年記念でF1カーの名前をF150にしただけで訴訟騒ぎとなったあのフォードが相手、なのですよねえ、、、

結局F1は150°(°=イタリア語でthの意味)に改名されましたっけ。

Jac_4r3


http://www.autoblog.com/2012/01/31/chinese-carmaker-blatantly-copies-ford-f-150/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+weblogsinc%2Fautoblog+%28Autoblog%29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »