« ベンツ、次期Sクラスにコンバーチブルも | トップページ | 零号トレ 週末バージョン 2012-2 »

2012/01/15

トヨタ アクア試乗

営業さんの話によると、正式な発表会は来週末(1月21日・22日)で、そこに向けて展示車の配備を進めているところ、だそうですが、通りがかった複数のトヨタディーラーで試乗車が用意されているようでした。

ならば、という事で試乗させてもらって来ました。報道されている通り、納期は今注文してゴールデンウイーク明けという事で、4か月後という事になります。

プリウスを食っていたりしますか?と聞いてみたところ、プリウスとは客層が異なっているためそういう事はなく、今までプリウスで取れなかった層の取り込みが出来ているという事でした。

017 屋根の下だったので写真はイマイチ。

実車は、写真で見るより良い感じでした。

走り出す前にリアシートとラゲッジをチェック。

001 リアシート開口は広く感じました。

座るとヘッドルームは、やや天井が近く圧迫感多少あり、標準プリウスと同等かな、と。

リアシートがゆったりしているように感じたので、隣にあった標準プリウスと比べてみるとこんな感じ。

011_2vs005

右は標準プリウス。シート座面の前後長はアクアがかなり上回っているようでした。

002 003


ラゲッジスペースはまあまあ問題なく車両サイズなりに出来ていると思いました。プリウス以上、プリウスαに近い、印象でした。残念だったのはリアシートを倒した時にフラットにならない事で、写真での見た目以上に段差感は大きかったです。

運転席周りは、

015 センターメーター

012 空調など。

ODメーターなどのコントロールがこんな一等地に、と思いましたが、他に置き場もなさそうかな。

010 009 

013_5

あくまでコンパクトカーのクラス感だと思っておけば良いかと。

---

交差点左折4回の短距離試乗ですが、走ってみての印象はこんなところです。

  • 出足など加速はまあまあ悪くはない。
  • ステアリングへの手応えが存在し(プリウス・プリウスαだと途絶されてて感触というものが存在しない)、こちらも悪くない。トヨタ車としてはまともな方かも、と。
  • 走り出した当初、エンジンが完全暖気ではなく回転が高かった為もあると思いますが、停車中にエンジンがかかってしまった時のこもった音圧がちょっと高めでした。
  • プリウスαよりも電動系の電車っぽい音は抑えめだったように思います。
  • ロードノイズなどはクラスなりに入ってくる。
  • 車速が落ちて停止する直前に、高電圧のスイッチングなのかな?というような感じのブーっというノイズが結構な頻度で発生しました。これまでのプリウスでは覚えがない音です。
  • 営業さんも認識していて、確かに音はしますがこれは正常です、プリウスに対して遮音が多少落ちている部分もありますので、という説明でした。私個人的にはコレはダメだと思いますし、近い将来に対策されるのではないかな、と予想します。

後はおまけ。

014 エンジンはカバーなど無しでむき出し。

サイズが小さい為か、ボンネットの軽さが印象に残りました。

018 

ルーフには谷‐山‐谷の3本のプレスラインが走り、うねうねしていました。どれどれ標準プリウスは?と思って見てみたら同じようにうねっていましたが折れ線は入れていませんでした。

019


最後は、プリウスPHV、iQ EV用との事で充電設備。日産や三菱との相互乗り入れもありますか?と聞いてみたところ、現時点で決まっているものはないが、あるんじゃないでしょうか、というような回答でした。

もし全国のトヨタディーラーで充電出来るとなると、定休日問題も含めEVにとってはかなりの充実度アップになるものと思われます。

こちらのディーラーではこの店頭に1基と、整備工場内にもう1基設置されているそうです。運用は予約制になるとの事でした。

020_2

|

« ベンツ、次期Sクラスにコンバーチブルも | トップページ | 零号トレ 週末バージョン 2012-2 »

「試乗記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/53741863

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ アクア試乗:

« ベンツ、次期Sクラスにコンバーチブルも | トップページ | 零号トレ 週末バージョン 2012-2 »