« 動画)”ニュー”ストラトス | トップページ | ベンツ次期Aクラスにコンバーチブル »

2011/10/17

ラスベガス・スピードウエイ

記憶とネットを頼りにすると、ラスベガスのオーバルは2006年に改修をされている。その時、バンク角は12度から20度へとハイバンク化され、かつ角度は上に向かってプログレッシブとされ、ローサイド、ハイサイドともにレーシングラインとして使えるようになった。

確かその時、インディカーのようなフォーミュラーのオーバルレースをやるには12度辺りが上限で、それ以上にすると速度が上がり過ぎて危険、でもNASCARを筆頭にストックカーにとっては12度は少なく、ラインが一本しかないのでバトルが生まれずレースが盛り上がらない、という話があったような記憶がある。

で、その改修をやるという報道があった時には、(観客動員が伸びないフォーミュラーは捨てて)ストックカーを優先にシフトをするんですね(というか専用)、という理解だった。狙い通り改修後のストックカーレースは盛り上がった。改修がなかったらNASCARの開催を失っていた可能性もあったとかそんな話もあったように思う。

このバンク角とフォーミュラーとストックカーの論議はここだけの話ではなく、アメリカンモータースポーツ界に前からある古くて新しい話題だと認識している。どこそこでインディカー開催を検討するも、テスト走行してみたら縦Gが高すぎて、レースディスタンスだとドライバーが意識を失う危険があるので無理、みたいな話もあった。

インディカーの最終戦がラスベガスだと知ったときは、あれ?ストックカー用にバンク角を立てる改修しちゃったはずなんだけど、大丈夫なのか?とは思った。ただ、上記のように出来るかどうかのテストはしているはずだし、やるからには大丈夫なのかな、と思っていた。

しかし、事故は起こってしまった。万全の対策をしていても起こるときには起こってしまうのがこの世界ではあると思うが、本当にラスベガスの20度ハイバンクでインディカーでレースしても大丈夫という判断だったのだろうか。

R.I.P.で終わらせる前に、一つ疑問を提起しておきたいと思う。

http://en.wikipedia.org/wiki/Las_Vegas_Motor_Speedway

http://ja.iracing.com/cars-and-tracks/tracks/las-vegas-motor-speedway/

|

« 動画)”ニュー”ストラトス | トップページ | ベンツ次期Aクラスにコンバーチブル »

「IRL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/53013792

この記事へのトラックバック一覧です: ラスベガス・スピードウエイ:

« 動画)”ニュー”ストラトス | トップページ | ベンツ次期Aクラスにコンバーチブル »