« プジョー2008 | トップページ | 噂)HRT LRGPと提携へ? »

2011/09/13

2012フォーミュラフォード

フォーミュラーフォードと言えば、日本のFJ1600を思い出すあちらでの昔からある入門フォーミュラ。あちらで日本のFJ1600について説明する時には、フォーミュラーフォードみたいなモノだと言えば概ね理解されていたと思います。

そのフォーミュラーフォードですが、フォードがフォーカスST-Rに搭載する新しい1.6Lエコブースト(ターボ)エンジンを搭載した新しいモデルをフランクフルトで発表したとの事。フォードデザインの”キネティック”採用という事で中々格好良いです。

日本のFJ1600はJAF選手権から外れ、選手権はウイングの付いたS-FJに移行しましたが、本家はウイング無しを守っているのですね。羽根がなくても恰好良く出来るじゃん、というのと、リアカウルをこれだけ低く出来るというのは、ドライサンプ化はしているのかな?が感想です。

Fford

  • フォーミュラーフォードはFIA公認のオープンフォーミュラであり、その名前とは異なり生産車ベースのエンジン選択は自由で、シャシーも自由である。
  • 空力デバイスは一切付けられない。
  • 新フォードエンジンの出力は163馬力162lbftに制限される。
  • 2012 Dunlop MSA フォーミュラーフォード(UK)にてレースデビューする予定。

http://blog.caranddriver.com/ecoboost-goes-racing-new-2012-formula-ford-powered-by-turbocharged-1-6-liter/

|

« プジョー2008 | トップページ | 噂)HRT LRGPと提携へ? »

「FJ1600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/52718087

この記事へのトラックバック一覧です: 2012フォーミュラフォード:

« プジョー2008 | トップページ | 噂)HRT LRGPと提携へ? »