« 410,000 | トップページ | 新型マツダ ロードスター »

2011/08/23

マクラーレン、チームロータスにも営業

過去の話が明らかにされたという案件ですが、マクラーレンとの技術提携を発表したヴァージン、その技術提携パッケージの売り込みはチームロータス(緑の方ね)にも昨年あったと、フェルナンデス氏が明らかにしたようです。

マクラーレンが提供するパッケージの内容は、マクラーレンの風洞、スタッフ、テストリグ、ドライバーシミュレーターへのアクセスとの事で、使用時間が制限されている為、遊ぶ時間が出ているのだろうな、と思われる風洞など、遊休設備の稼働率を上げて収益源とする事で、チームの収益を向上する事が目的なのだろうな、と思います。

チームロータス(区別する為にはチームをいちいち付けとかないと)としては、ルノーエンジンの採用、ギアボックスを含むハイドロ系をレッドブルから購入する方向だったので、マクラーレンからの営業は断ったそうです。2012からはKERSもレッドブル製になるとの事。

この件についてコヴァライネンは、

「ヴァージンへのオファーが我々ロータスへの提案と同じ内容かどうかは分からない。確実なのは、もしヴァージンのペースが上がらなかったら、彼らは非常に大きな問題を抱えているという事になるよね」。

トップチームによる型落ちシャシーの供給や販売は、独立系中堅チームの反対によって阻止され、F1は基本オリジナルシャシーを開発する事という原則が保たれているわけですが、こういった形での技術供与やコンポーネントのサプライは、コストを下げたいトップチームと、開発費をかけられない新興チームの利害が一致して進むのでしょうね。

エンジン、トランスミッションを導入すると、リアサスを含めウイング以外のリアセクションは同じものになるわけで、ウイングは目に見える範囲が大きく真似が可能だし。

技術競争はして欲しいけど、マシンで差が付きすぎるとつまらなくなるし、コスト削減しないといけないのも分かるし、そこのバランスは難しいですね。

http://www.forumula1.com/2011/f1/f1-news/mclaren-offered-virgin-deal-to-team-lotus/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+Forumula1-News+%28Forumula1.net+-+F1+News%29

|

« 410,000 | トップページ | 新型マツダ ロードスター »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/52546295

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、チームロータスにも営業:

« 410,000 | トップページ | 新型マツダ ロードスター »