« 動画:自動車ジャンプ世界記録@INDY500 | トップページ | Peugeot HX1 3列6人(セダン?) »

2011/08/29

日産リーフ試乗

需給関係からか、試乗車が充実してきたようだったので試乗させてもらって来ました。営業さんの話では、発売当初は生産予定分以上の予約受注が入るなど特別扱いであったのが、先月から(今月からだったかも?)一般販売に移行したという事だそうです。

そういえばTVCMが出始め、試乗車ありますキャンペーンなんかもやり始めたな、と。(だから試乗に行ってみたわけでもあるのですが)

Dscn2947←これが試乗車

乗り込んでみて、ポジションをあわせます。ちょっと気になったのは、チルトステアが上側マックスで止まってしまい、個人的にはもう少し上に上げたいな、と思ったことです。調整幅が小さい、と言えるのかもしれませんが、これ以上ポジションを上げると2段メーターのアッパー側をハンドルで隠してしまうので止めているのかな?とは思いました。

ちょっとなんだかなー>自分、という話ですが、センターメーターのクルマに乗って、最初ハンドルの間の何もないところを凝視してしまって、おっとセンターだったか、、という経験があります。今回もそれに近く、最初は下側のメーターを主に眺め、えーっと、スピードはどこに出るのかな、走り出したら自動で切り替わるのかな、と思ってしまいました。あー、上か、と。分かってしまえば別に見難いとかそういう事は全くありませんでした。

走りはどうか、無音で動き出すのはプリウスで経験しているので、そこは心の準備が出来ています。で、加速はさんざ各種媒体や個人の感想で見られるとおり、かなり力強く走ってくれました。ただし、継ぎ目がない加速自体はプリウスでもそうだし、CVT車は基本そうなので大きな違いは音だけです。

電気っぽい音という観点では、加速時も減速時も、モーターなのかギア系なのかは分かりませんが、いかにもな電車サウンドは、プリウスαの方がより強く入ってきたように思います。純電動車のリーフの方が如何にも電動です、というサウンドが控えめだったのは興味深いところです。

一般道交差点左折4回の試乗コースなので車速もせいぜい60㎞/hでしたが、その範囲での加速は、ノーマルだとかなり元気、ECOでもプリウスαのパワーモードと同等以上、な感じでした。これだったら一般道はECO入れっぱなしで良さそうです。

このクルマを語るには、実際に長時間、長距離を使ってみてなんぼかなとは思っていますし、使い方次第で価値が大きく変動するよな、と認識しているので、それはそれ。

話を音に戻しますが、今回の速度範囲ではかなり静かに出来ていて、結果聞こえてくるロードノイズに注意が行ってしまいました。何を思ったかというと、例えば吸音スポンジ内蔵みたいな静音性を強化したタイヤを付けてみたいな、という事です。

謳われているような低重心でどうしたこうしたというのが分かるような試乗コースではなかったので、ハンドリング関係はよく分かりません。プリウスαのような、接地感が無いというかステアリングと路面が遮断されているような印象はなかったな、という程度です。つまり、少なくとも不自然ではなかったかな、と。

リアシートは乗り込むときにちょっと頭をかがめる必要があるのですが、乗ってしまえば普通のスペースが確保されている、というところでしょうか。ラゲッジはこんな感じ。

Dscn2953←リアシート倒した状態。

ハッチバック車によくある、テールゲートと同じ高さに床板を置き、その下はアンダーボックスとして使うという風にはなっていなくて、最初から深さ方向を使う形になっていました。そしてリアシート裏面がむき出し(というかカーペット処理じゃない)ので、こうやって”積む”事への優先度は高くなさそうです。(ちなみにプリウスαも同様でした)。

右にあるデイパックみたいなのが、標準でついてくる200V充電装置。ちなみに100Vでも充電は可能なのですが、100V用の充電器が別に必要で、かつコンセントはアースのついた3穴タイプじゃないとダメだとの事。時間はかかってもいいからちょっとお宅のコンセント拝借、という使い方は難しいようです。

あとは細かいハナシがいくつか。

Dscn2949 Dscn2948


これまで雑誌やWeb上でしか見た事がなく、てっきりボンネット面と面一で形状が上(というか車両前後方向)に長いだけかと思っていましたが、実はヘッドランプがこんなに上に飛び出していたのでした。

運転席からはこの出っ張りが見え、その意味では車幅は掴みやすいと思うのですが、見えているところから先の鼻が長かった感じだよな、と思いながらの運転で取り回しには少し気を使いました。サイドビューで見る限りそんなロングノーズでもないのですが。

Dscn2954←写真にすると分かり難いのですが、もっと切り立ったハッチバックかなという事前の印象だったのですが、実車で見ると意外とこんなにハッチゲート寝てるんだ、という印象でした。

Dscn2950←充電ポート。左が急速充電用で右が200V用。

Dscn2951←リーフのみが付けている、青味がかかったニッサンCIエンブレム。フーガHVでもこれは付けていないそうです。(これはボディ色が写りこんでいるわけではなく、実際に青メタです)。

Dscn2952←PURE DRIVEエンブレム対象ではないそうです。

てな感じでした。なんか思い出したら追記します。



そうそう、電動サイドブレーキは便利な装備で好きです。ただ、誤作動防止というのもあるのでしょうけど、ちょん、と上げたり下げたりタッチしても作動・解除せをしてくれず、おやっ、と思いました。気持ちちょっとだけ上げ(か下げ)位置でホールドしないといけないセッティングになっているようです。慣れればOKな範疇だとは思いますが、好みとしてはもうちょっと敏感な方がいいな、と。あとは、えっと、押せばONだっけ引くんだっけ?と迷いました。これも慣れればどうという事はないのでしょうけど。

|

« 動画:自動車ジャンプ世界記録@INDY500 | トップページ | Peugeot HX1 3列6人(セダン?) »

「試乗記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/52598115

この記事へのトラックバック一覧です: 日産リーフ試乗:

» 女子力激高!人妻の魅力!声優・後藤沙緒里のエプロン姿! [声優・後藤沙緒里のエプロン姿がイイ!]
人妻の魅力!声優・後藤沙緒里のエプロン姿がイイ! [続きを読む]

受信: 2011/08/30 13:38

« 動画:自動車ジャンプ世界記録@INDY500 | トップページ | Peugeot HX1 3列6人(セダン?) »