« Shelby Tuatara 1331馬力 | トップページ | スバル WRX »

2011/07/20

MP4-12 にデリバリー直前変更

カスタマーデリバリー前に修正パーツへ交換、と。耐久試験はやらなくても大丈夫なのかしら。この手の高額スポーツカーではデビュー時の初期評価がライフを左右しかねないので、このタイミングでの変更となったのかな。

  • シャープなレスポンスについて語ろう。マクラーレンは将来的な顧客とプレスによる初期のテストドライブにおいて、MP4-12は素晴らしいが、エモーションに欠けると言われた事を受けて対応をする事になった。
  • 数週間のうちに最初のデリバリーが始まるというこの段階において、変更が行われ組み込まれる。
  • 変更リストのトップはエキゾーストで、より多くのサウンドをキャビンに届ける。マクラーレンの押し殺したサウンドが458イタリアに劣るとされたことに直接対応するものだ。
  • またステアリングのシフトパドルについても、不必要に重くメカニカルすぎると言われた事に対応して作動力を軽くする。
  • ステアリングシステムについても変更がなされるという事だ。(パワステの制御辺りですかね?具体的記述無し)

----

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/270385/mclaren_tweaks_mp412c.html

|

« Shelby Tuatara 1331馬力 | トップページ | スバル WRX »

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/52257295

この記事へのトラックバック一覧です: MP4-12 にデリバリー直前変更:

« Shelby Tuatara 1331馬力 | トップページ | スバル WRX »