« 2014 V6ターボ 決定、知りたいこと | トップページ | ゴードン・マーレイ T27 »

2011/07/01

2014 V6ターボ アップデート

昨日は知りたいことをつらつら書き綴ってみましたが、FIAによっていくつか明確にされたようです。

  • 2014 V6ターボについては、燃料流量への制限は4気筒案の時と同じものが適用される。高回転化による最大流量の引き上げは無い。従って効率性の追求という観点で4気筒から変わるものでは無い。
  • 最高回転は15,000rpmへと引き上げられる。この引き上げはエキゾーストノートの確保が目的では無く、エンジニアにパワーとエナジーマネージメントの自由度をより多く与える為だ。
  • エナジーリカバリーデバイスには、従来の動的エネルギー回収(KERS)に加えて、排気ガスからのエネルギー回収が加わる。これはターボチャージャーの回転軸から出力を取り出すものである。
  • エンジンは直噴とされ、噴射圧は最大500bar。
  • ターボはシングル。

-----

いわゆるターボコンパウンドというものかどうかは不明ですが、排気ガスから、ってのは当たりでした。シングルターボって、V6の両バンクからの排気を合流させる事になるのでしょうか。そうすると内側排気になるのだろうか?(そうすると90度か、120度とか?)

エキゾーストエナジーリカバリーは、ターボチャージャーに接続すると書かれていますので、例えば右バンクには過給用のタービンを、左バンクにはERS用タービンを、というわけにはいかないでしょうし。

http://www.grandprix.com/ns/ns23366.html

http://www.fia.com/en-GB/mediacentre/pressreleases/f1releases/2011/Pages/f1-power-qa.aspx

|

« 2014 V6ターボ 決定、知りたいこと | トップページ | ゴードン・マーレイ T27 »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/52090227

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 V6ターボ アップデート:

» お部屋のコーディネイトおまかせください [Witch House]
リフォーム、お部屋のリニューアル、収納アドバイス、ハウスキーピングのプロフェッショナル [続きを読む]

受信: 2011/07/03 08:59

« 2014 V6ターボ 決定、知りたいこと | トップページ | ゴードン・マーレイ T27 »