« 新型ヴィッツ | トップページ | 2014 V6ターボ アップデート »

2011/06/30

2014 V6ターボ 決定、知りたいこと

とりあえず正式に決定したぞと。1年延びたことで細則決定にも余裕が出来たのでしょうか。FIAのリリースもたった4行で、書かれているのは1.6L V6ターボ+エナジーリカバリーシステム(ERS)に決定する、という事だけでした。

とりあえず、4気筒案の時から気にはなっていたのですが、ターボとなる以上過給圧をどうするか?という問題があるはずです。制限を設けるのか否か、設けるとしたらいくつか、ポップオフバルブ復活か?等々。

4気筒案では12,000rpmだった最高回転数については決まらなかったようです。また、”グリーン”を持ち込む為の燃料に対する何らかの制限、流量であるとか、タンク容量とか、それらがどうなるか興味深いところです。

カーズは言いやすかったのですが、キネティックのKが取れてERS。DRSと紛らわしいな、、というのは置いておいて、容量を増やすとされています。キネティック(動的)じゃないエネルギーも含めてエナジーをリカバリーするという事でKを取ったのかな?と。

動的じゃないエネルギーって、たとえば排気ガスでタービン回して発電(ターボコンパウンドってこれでしたっけ)するとか?KERSの10倍とも言われている出力を支えるには相当量の発電が出来ないといけないですね。

しかし、ERSの容量が増していわゆる”ハイブリッド”になった時にトヨタは座視していられるんかいな?とか、超黄金期を過ごしたエンジン形式に戻り、”技術的な挑戦”もありそうなんだけど、休止じゃなくて完全撤退だと宣言しちゃったホンダ、両社の復帰は無いんですかね。

ニッサンがINFINITIロゴを大々的に貼ってレッドブルと提携しており、スポンサーに留まらないバッテリー技術を中心とした技術提携だと言われています。ERS導入に伴ってその関与が増加するであろうと予想されるので、そこには期待したいです。

ただ、チームがレッドブルなだけに、日本人ドライバーを押し込むのは難かしいかなー。

http://www.fia.com/en-GB/mediacentre/pressreleases/f1releases/2011/Pages/f1-2014-engine1.aspx

http://www.formula1.com/news/headlines/2011/6/12237.html

|

« 新型ヴィッツ | トップページ | 2014 V6ターボ アップデート »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/52082502

この記事へのトラックバック一覧です: 2014 V6ターボ 決定、知りたいこと:

« 新型ヴィッツ | トップページ | 2014 V6ターボ アップデート »