« レッドブルウイングの秘密 | トップページ | ギリシャGP開催へ? »

2011/05/12

スーティル、喧嘩騒動

SPEEDによって、複数のメディアがレポートした内容として以下の内容が報道されています。

  • エイドリアン・スーティルが中国GP後に上海のバーで喧嘩騒動に関与した事が明らかになった。
  • RAI、TF1により速報され、422Raceで詳細が報じられた。
  • それによると、ルノーのオーナーであるジェニイのエリック・ラックスが、流血した状態でM1NTというナイトクラブに残された模様である。
  • 噂はイスタンブールのパドックに広がり、スポークスマンは、「エリックが上海でそういった事件に遭遇した事は認める」とコメントした。
  • 「しかし、ロータス・ルノーGPとしてはいかなるコメントも出す立場に無い。これは個人的な出来事であるからだ」と付け加えた。
  • 目撃者によると、ラックスは首に血を流しながらVIPルームから駆け出して来たとの事だ。直後に、スーティルの友人であるルイス・ハミルトンもボディガードとともに同じ部屋から駆け出して来たという。
  • 422Raceによると、スーティルは明らかに中国での法的な措置を避ける為に脱出する必要があったという。
  • FIAは、特に調査をするような事案では無い、とコメント、フォースインディアのスポークスマンも、プライベートな事案でありコメントしたくない、とした。

----

http://formula-one.speedtv.com/article/f1-adrian-sutil-gets-into-fist-fight-with-renault-official/

|

« レッドブルウイングの秘密 | トップページ | ギリシャGP開催へ? »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/51648308

この記事へのトラックバック一覧です: スーティル、喧嘩騒動:

« レッドブルウイングの秘密 | トップページ | ギリシャGP開催へ? »