« ポルチマオ、F1テストに名乗り | トップページ | 新型 AUDI A6 »

2010/10/13

ジューク vs キア、シュコダ、トヨタ(英)

イギリスAutoExpressでの比較記事。キアに負けたー。

------

1位:キア ソウル シェイカー :

   目立つルックス、バリューフォーマネー、シャープなドライビング

2位:ニッサン ジューク アセンタ

  最も目立つスタイリング、装備も良い。がキアほどドライビングが良くない。

3位:シュコダ ルームスター

  実用的であるが、安くは無い。1.2L +DSGはお勧めではない。

4位:トヨタ アーバン クルーザー(イストですね)

   スタイリング、インテリアでクラスからこぼれ落ちた。ドライビングもつまらない。

,,,

  • ニッサン ジュークはトラディショナルなスーパーミニのルールを書き換えようとしている。ニッサンはキャシュカイの成功を再現することを望み、同様のアプローチでこのマーケットに参入した。
  • しかし、ジュークは唯一のスタイリッシュ クロスオーバー スーパーミニではない。キア ソウルは高いライドハイトと、ボクシーなルックスを持ち、魅力的な価格を掲げる。
  • トヨタ アーバンクルーザーもまたがっちりしたスーパーミニだ。1.3Lエンジンは小さいが、アイドルストップも加え、最もエコノミカルである。
  • 実用性という面に目を向けた時、シュコダ ルームスターを無視する事は出来ない。
  • よって、我々(AutoExpress)はこの4台を比較テストする事にした。

,,,,

ニッサン ジューク

  • ジュークはキャシュカイ(デュアリス)の成功を再現出来るだろうか?
  • スタイリングについての意見は分かれている。しかし、好みじゃない、とした方の人も、実車は写真よりベターである事は認めている。
  • ドライバーシートには豊富なアジャストがあるが、フラットなシートバックは、ロングドライブの後には快適ではない。
  • ジュークは、この4台の中でドラポジが最低であった。
  • そこは非常に残念である。キャビンの他の部分は非常に印象的だからだ。例えばステアリングは370Zと同じものだし、D-Modeコンピュータ(パワフルーエコの切り替えを行う)は面白い。
  • これはギミックかもしれないが、興味を惹かれるのは確かだ。
  • ジュークのオーディオは見た目がチープである。しかし、携帯電話のブルートゥース接続を備えている。
  • 室内プラスチックの大部分は、シュコダやトヨタのクオリティに達していない。
  • 小さなリアドアは、後席への乗り降りを難しくする。
  • 加えて、荷室キャパシティは251Lしかなく、パーセルシェルフもない。あなたが払う価格はスタイリングの為、という事になる。

 

  • テストしたのは、販売の主力となるであろう115馬力 1.6L ガソリンエンジンだが、こいつは元気なパフォーマーだった。
  • エンジンサウンドはラフで、元気になるのは5000rpm以上になってからのみだ。
  • ローギア設定の為、70mphでエンジンは3600rpmも回ってしまう。
  • ストロークの短いシフトは、ノッチー(ひっかかる)である。
  • ソフト目のサスにより乗り心地は良い。が、コーナーでのロールも大きい。
  • ノーマルモードでのステアリングは軽すぎる。
  • スポーツモードではアクセルの反応がシャープになり、ステアリングの手応えが増す。しかし、それでファンさが増すかというと、そういう事では無い。
  • エンジンはもっと効率的になれたはずだ。ジュークはプアーな30.7mpgという燃費にすぎず、平均レベルを下回る。
  • ニッサンは、明確にこのストライキングなスタイリングに賭けている。

-----

うーーん、褒められていないですねー。

でも4車中の2位ではある。そして欧州での予約受注はかなり好調だと報じられてはいる。日本向けの1.5L+CVTは悪くなかったけどなー。.

Nissan Juke vs Rivals

|

« ポルチマオ、F1テストに名乗り | トップページ | 新型 AUDI A6 »

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポルチマオ、F1テストに名乗り | トップページ | 新型 AUDI A6 »