« Pininfarina Nido EV | トップページ | ウイリアムズ、ルノーを検討 »

2010/10/03

CR-Z MT試乗

米Car&Driverで”パーフェクト”と評価された、CR-ZのMTに興味が湧いたので、ホンダディーラー数軒に電話して、試乗車を見つけて乗せて頂いて来ました。さすがにMTの試乗車の数は多くはないようです。

ただ、営業さんの話によると、企画時の予想を上回って、CR-Zの4割超がMTで売れているそうで、あえてCR-Zを選ぶ人にはMTを選ぶ方が多いようです。やっぱスポーツ(スポーティでもいいけど)カーはMTでないとね。

Dcf_0001 ←頭部が光ってしまい、6MTシフトパターン彫り込みが写りませんでした。

  • 走り出して先ず感じたのは、出てすぐにCVT仕様を試乗させてもらった時ほど足が硬くない、という事です。マニュアルの方がダンパー圧を低めに設定されている?というような説明と、この車両は4700km既に走っているので初期の硬さが取れているのではないか?という説明でした。
  • ともあれ、これだったら丁度良い硬さで許せる乗り心地です。CVTの時はゴツゴツ感がどうの、ってより、ガチガチじゃん、と思いましたから。
  • 肝心の6速MTですが、短めのストロークで正確にカチカチと決まって、確かに良い感じではありました。操作して楽しい部類に入れて良いと思います。が、”パーフェクト”、なのかというと、自分自身の経験不足も含めちょっと断言出来ないですかね。
  • モーターアシストもあって低回転では良く粘ってくれ、街乗りでも6速が使えるのは美点と言えると思います
  • 反面、”パワー”モードにしても、アクセルを踏んで行った時の加速にはちょっと不満が残りました。かったるいとは言いませんが、普通です。まあ、所詮は1.5Lなので多くを望んではいけないのですが。
  • 加速については、スポーツ(スポーティでもいいけど)カーのつもりでいると、高速、特に首都高の合流なんかはちょっと厳しいかもしれません。コンパクトカーのつもりでいればOKでしょう。
  • 交差点曲がっただけですが、ワインディングが楽しめそうな足はありました。が、真に楽しめるのは下りだけかもしれません。平地ならともかく、上りではパワー不足が楽しみをスポイルするかな、と思いました。

  • アイドルストップは、MTなのでやりやすいようで、減速中ニュートラルに入れたら、20km/h以下でアイドルストップします。エンブレがなくなる事による空走・違和感の類は無かったです。
  • 営業さんの説明では20km/hという事だったのですが、デジタル車速計の応答遅れがあるのでしょうか、メーター上見た目は23~24km/hでアイドルストップしました。

  • ちなみに、この6MTは、フィットRSにも搭載される予定という事です。
  • あと、余談としてもうじきフィットハイブリッドが出ますね、という話になって、インサイトどうするんですか?と聞いてみたところ、ホンダとしてもインサイトの販売が落ちるのは仕方が無い、と覚悟して諦めているとの事でした。
  • 最後に、これが自慢の装備という事でヘッドライトLEDランプを点灯してくれたので、撮影してきたのですが、それを載せておきます。アウディタイプ、と繰り返して営業さんが言ってました。

Dcf_0003

パワーが欲しいからと言って、2.0Lなんか押し込んじゃうと違う車になってしまいそうだし、補強も半端無いから相当重くなりそうだし、希望としては軽量化した上で1.6L NAのライトチューンエンジンが欲しいな、という所です。(値段が上がるな~)。

思い出したので追記:

フィットはハイブリッド投入とともに、1.3Lにはアイドルストップが付くそうです。しかし、カタログ燃費は0.5km/Lの向上に留まり、24.5km/Lになるとの話でした。マーチのアイドルストップ有り無しではカタログ値が2.0km/L違うのですが、この違いはなんでしょうね?フィットのアイドリングは素晴らしくガソリン使わないようになってるって事かしら。

|

« Pininfarina Nido EV | トップページ | ウイリアムズ、ルノーを検討 »

「試乗記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/49638181

この記事へのトラックバック一覧です: CR-Z MT試乗:

« Pininfarina Nido EV | トップページ | ウイリアムズ、ルノーを検討 »