« Citroën Survolt | トップページ | プレオ燃費 5 »

2010/10/09

2013 F1 #3

auto motor und sportsによると、前回の10,000rpm上限以外にもエンジンへの提案情報があるようです。

  • 1.6L 4気筒エンジンの回転上限を10,000rpm→12,000rpmにしようという提案があるようだ。
  • ターボ圧も3バールにしようという提案がされている。
  • 直噴で、KERSと組み合わされる。
  • ジャン・トッド氏のもくろみは、このエンジンを他のF1以外のレースでも使えるようにする事にある。
  • フェラーリ、メルセデス、ルノーらエンジンメーカーは、新規定を2015年からにし、開発期間をもっと取りたいとも提案したらしい。
  • しかしパリ(FIA)はNOと回答したようだ。
  • コスワースは、2013でも出来ると言っているが、エンジンリース価格は600万ユーロでは済まなくなると言う。財政基盤の弱いチームにとっては良いニュースではない。
  • シンガポールでコスワースを含むエンジンメーカーは、V8をベースにしよう、と合意したのだが、FIA、ジャン・トッド氏の1.6L 4気筒化の意思は強い。
  • エンジンについては、12月に正式決定される。

.

http://www.auto-motor-und-sport.de/formel-1/formel-1-motor-2013-todt-will-den-vierzylinder-turbo-2786432.html

|

« Citroën Survolt | トップページ | プレオ燃費 5 »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/49689797

この記事へのトラックバック一覧です: 2013 F1 #3:

« Citroën Survolt | トップページ | プレオ燃費 5 »