« FJ1600 筑波 100分耐久(公式テストデイ) | トップページ | ブガッティ 16C ガリビアー(セダン) »

2010/09/11

小林可夢偉の契約から見えてくるモノ

小林可夢偉、2011ザウバー残留決定めでたい、嬉しいぞ、ではあります。が、1つ不満というかもう一歩、な点が残っているので少し書いておこうと思います。不満点、それは報道されている内容を見る限り、2011年単年の1年契約であろう思われる事にあります。

多分、2012年にザウバーの優先権があるオプションはついているのだろうと思いますし、2011ザウバーが戦闘力無かったら、ってな事でコバヤシの側から希望した可能性もゼロではありません。

しかし、F1ドライバーとして欲しいのは複数年契約では無いでしょうか。

おそらくザウバー氏の評価は、ルーキーとしては申し分ない1年目であった。もう1年乗せてみて、本物かどうか見極めよう、という感じなのではないかと思われます。うーん、まだそこまでか、というのが残念なところだと思うのです。

次代のザウバーを背負って立つ逸材だ、あるいは、トップチームに高く売れるかもしれない、というようなチーム側の評価であれば、ザウバーは複数年権利を行使出来る契約をしていたに違いありません。しかし、そうではなかったという事になります。

ニコ・ロズベルグも、初年度は1年契約でした。1年目の目標はF1での長期契約を確保する事だ、と彼自身が言っていて、ウイリアムズの1年目で速さを見せて、それを獲得しました。

ロズベルグは、勝てるクルマに乗せればすぐ勝つドライバーとして見なされていますし、将来のチャンピオン候補とも目されています。それは、予選一発の速さを見せているところに寄るところが大きいと思います。速さがあれば、上手さは後からついて来るもの。

コバヤシの評価は、まだそこまでは行っていないという事なのでしょう。気が早いですが、2011年の飛躍を期待したいです。

.

「小林可夢偉はメーカーの後押し無しにF1シートを得たのか」

http://junki.cocolog-nifty.com/automobile/2010/09/f1-afe9.html

|

« FJ1600 筑波 100分耐久(公式テストデイ) | トップページ | ブガッティ 16C ガリビアー(セダン) »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/49415741

この記事へのトラックバック一覧です: 小林可夢偉の契約から見えてくるモノ:

« FJ1600 筑波 100分耐久(公式テストデイ) | トップページ | ブガッティ 16C ガリビアー(セダン) »