« FIAT 500C Abarth esseesse | トップページ | FJ1600 耐久、スプリントとの違い »

2010/09/16

デラロサ

2011 HRT入りという噂が浮上している、ザウバーのシートを失ったデラロサですが、彼はペイドライバーでは無いので、HRTに最も必要なもの、即ち資金の問題がクリアにならない。その意味でチームメイトがセナってのも疑問符が付きますね。2011にHRTは存続しているのかどうか?ヤマモトジンクスを打ち破るか。

でっかいスポンサーを取れない限り、HRTの生き残りは困難でしょう。先ず2011カーを製作しなくてはならないが、その当てが今は不明確。TMGの線は残っているようですが、ペイ次第だし。TMGだったらナカジマ復帰?(って前にも書いたか)。

デラロサにザウバーチームが期待した事は、マクラーレンのテストで溜め込んだ膨大な経験と知識を生かして、C29の開発を進め速くする事だったはずです。ここでシートを失うのは、C29の開発はもう終わり、C30に向けてはデラロサは必要ない、という判断だったか、あるいは、期待ほどデラロサからのマシン開発に向けたフィードバックが得られなかったか、のどちらかでしょう。

もちろん、新スポンサーが付いて、トップ(まあ一応)ドライバーを乗せる事が条件である、という可能性もまだ残っていると思いますが。ライコネンは99%来ないだろうし。

|

« FIAT 500C Abarth esseesse | トップページ | FJ1600 耐久、スプリントとの違い »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/49464338

この記事へのトラックバック一覧です: デラロサ:

« FIAT 500C Abarth esseesse | トップページ | FJ1600 耐久、スプリントとの違い »