« Hennessey Venom GT | トップページ | マツダ シナリ2 »

2010/09/05

インディ ケンタッキー

見事な給油戦略でした。最終スティントでイエローが出なかったのはラッキーでそこはギャンブルであったのではあるのだけど、これが出来るのがチーム力>カストロネベス。

それはそうと、今シーズンは佐藤琢磨がKVレーシングからフル参戦、にはかなり大きな期待をしていました。が、まあ期待ではなく予想を裏切らない結果に終わっていると言わざるを得ません。まだ2戦残ってはいますけど。

シーズンここまで、トラブルもあっただろうし、もらい事故もあったのでしょうけど、F1時代の悪い時を彷彿とさせる無意味な自滅、もありました。今日のも、マシントラブルではなさそうに見えました。

KVとどういう契約をしているのか分かりませんが、スポンサーを持ち込んだわけではなく身一つで契約したはずです。LOTUSは後からついたスポンサーで、フルカラー塗れるクルマ(即ち他にスポンサーが無い)が他に無かったから、サトウのクルマがロータスカラーになったのではないかな、と想像しています。

逆にスポンサーを持ち込んでいれば、来年に期待という事を考えやすいのですが、このままだと、来年もインディにシートがあるかどうか、かなり怪しい成績しか残せていないと思います。普通に考えれば、無理でしょう。

ロータスはおそらく来年もインディへのスポンサーを継続するでしょう。モータースポーツによってロータス市販車の販売拡大をしたい、という意向はかなり本気っぽい様子ですから。マレーシア資本のロータスカーズ、ドライバーは東洋人が良い、とか言ってくれれば良いのですが。もしアメリカ人ドライバーを乗せたいなんて来られたら、、、

はあ残念。この駄文をあざ笑う事になるような事態の変転!てな事になると、いいなー、なー、なー、

はあ。

|

« Hennessey Venom GT | トップページ | マツダ シナリ2 »

「IRL」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/49355823

この記事へのトラックバック一覧です: インディ ケンタッキー:

« Hennessey Venom GT | トップページ | マツダ シナリ2 »