« 零号トレ #7 | トップページ | ハイドフェルド公式発表 »

2010/09/14

Keisuke KUNIMOTO

リーマンショックから始まった世界不況が無ければ、多分TDPサポートで今頃はユーロF3を経てGP2を走っていたであろう、ケイスケ・クニモト。TDP予算縮小で欧州参戦が叶わず、2009はF-Nipponを1シーズン走った。

最近F-Nipponに復帰した某ドライバーとは違って(彼のコメントには本気で驚きました)、F-NipponはF1に繋がっていない事を正しく理解しているのだと思われるのですが、彼はWSR(World Series by Renault)への参戦を選択した。それは正しいのだが、WSRでチャンピオンかそれを争うところにいないと、GP2への道は開けない。

しかし残念ながら、今シーズンの成績はさっぱり。ここまで7戦を終わって、獲ったポイントは8点、ランキング20位というポジションにいる。初年度だし、勝負は2年目なのかもしれないが。では2年目がありそうかどうか、というと、

彼のスーツを見ても、マシンを見ても、メインスポンサーはチーム名であるエプシロンーユースカディのみ(流石にTDPステッカーはなさそう)。よって、どこから参戦資金が出ているのか、さっぱり見えません。つまり、2年目があるのか無いのか、何とも言い難いのです。

ツカゴシ、ヒラテ辺りはすっかりF-NipponとGTで日本国内のレースでやって行く方向(F1は諦めた)なように見えるし、ナカジマ(弟)もイギリスF3でイマイチの成績しか出せていない。コバヤシに続くかもしれない、という期待はクニモトしかいない、のだが。

今の日本企業にペイドライバーとしてF1に乗せるようなスポンサードは期待出来ないので、勝ち上がって行くしかないのだ。マカオF3で勝って見せたように。

日本人でいる限り、期待&応援しよう。A1GPに韓国チームから出た事も、まあいいでしょう。

、、、えーっと、今時、韓国系企業の方がスポンサー取りやすいかも?

Kunimoto

Kunimoto2

http://www.worldseriesbyrenault.fr/en/teams_drivers/drivers/Pages/KUNIMOTO.aspx

|

« 零号トレ #7 | トップページ | ハイドフェルド公式発表 »

「その他レース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/49446074

この記事へのトラックバック一覧です: Keisuke KUNIMOTO:

« 零号トレ #7 | トップページ | ハイドフェルド公式発表 »