« 13番目チーム | トップページ | なぜミサノで赤旗が出なかったのか #2 »

2010/09/07

2013 F1 #2

前報に続き、よりディテール情報が出てきました。

  • 1.6Lターボエンジンのレブリミットは10,000rpm
  • 燃料流量に何らかの制限を設ける。エコ”グリーン”イメージの為、ある程度燃費を良くしたいらしい。
  • KERSはより重要性を増す。熱(エネルギ)回収システムも追加されると思われる。
  • サイドポッドの位置がより前に移される。これはドライバー保護の為。
  • ホイールのサイズも拡大すると見られている。(ピレリのリクエストでしたね)
  • 更なる詳細は、次のWMSCの後明らかになるであろう。

1.6Lターボという点だけは、WTCC、WRCのS2000規定とも合致するわけですが、あっちは市販エンジンのチューンなので、10,000rpmはキツイかな。でも、イメージ上のF1と市販車との共通性は増す方向かな、と。

前回

http://junki.cocolog-nifty.com/automobile/2010/09/post-024d.html

記事

http://www.motorsport.com/news/article.asp?ID=385656

|

« 13番目チーム | トップページ | なぜミサノで赤旗が出なかったのか #2 »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/49380522

この記事へのトラックバック一覧です: 2013 F1 #2:

« 13番目チーム | トップページ | なぜミサノで赤旗が出なかったのか #2 »