« 小林可夢偉の契約から見えてくるモノ | トップページ | AUDI A1 E-Tron »

2010/09/11

ブガッティ 16C ガリビアー(セダン)

”世界最強、最もエレガントな4ドアサルーン”との事。セダンというよりは4ドアクーペっぽいルーフラインではあります。1000馬力は、最近2例続いた1200馬力には負けますが、確かに、あちらは2ドアのスポーツカーでした。

16Cガリビアーは確かに4ドア。しかし、ブガッティビジネスってVWにとって黒字なんだろうか?ヴェイロンは当時大赤字で、意地で400km/hを出したとかいうハナシだったような記憶がありますが。

Bugatti ←image 10 of 49

  • 最初に16Cガリビアーは、2009 年にLos Angelesにて、限定された顧客に公開された。そして今、ブガッティはその1000馬力セダンを公開した。
  • 8L 16気筒エンジンは2ステージの過給をなされ、800-1000馬力を発揮する。このエンジンはエタノール対応もしている。
  • フェンダーとドアはアルミで、その他はカーボンである。
  • 最高速は420km/h(どこで出すんだよ、、、)

.

http://www.auto-motor-und-sport.de/news/bugatti-16-c-galibier-mit-1000-ps-ist-die-staerkste-limousine-der-welt-1410843.html

|

« 小林可夢偉の契約から見えてくるモノ | トップページ | AUDI A1 E-Tron »

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/49417553

この記事へのトラックバック一覧です: ブガッティ 16C ガリビアー(セダン):

« 小林可夢偉の契約から見えてくるモノ | トップページ | AUDI A1 E-Tron »