« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/07/26

次期スイフト

5年前のエントリが1位になっちゃったりしていますので、3ドアではありませんが、次期スイフトの偽装付き写真を掲載しておきます。AutoExpessより

Next Swift takes first steps

Swift   

 

  • パワートレインは90馬力から130馬力まで幅広く用意されると見られている。加えて、80馬力の新型1.3Lディーゼルが追加される模様。(欧州)
  • ハイブリッド仕様の噂も有る。
  • 加えて、人気のスイフトスポーツにも後継車が用意される。2010秋のパリショーで公開される予定である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/24

次期シビック

2年前にエントリした「次期シビック?」が未だにTOP10にいたりするのですが、この記事はOSMコンセプトがシビックの予告じゃないか?というようなハナシだったわけです。

検索で引っかかるのでしょうが、このままではちと心苦しいので、同じくAutoExoressで公開された、偽装付き写真を、改めて掲載します。但し、前回のは3ドアのハナシでした。

Next Honda Civic pictures

Civic_2   

2011年のジュネーブショーで発表予定との事。記事では、ディーゼルは現行の2.2Lから排気量を縮小し、ハイブリッド仕様もある、とか。

ロンガー、ワイダー、って、今よりも更に大きくしちゃうんですか。米欧ではそれで良いのでしょうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/23

福井晴敏

彼の作品に出会ったのは「亡国のイージス」だった。出版社や著者には申し訳ないと思うのですが、場所は図書館。何気なく、これって何か映画になった本だよなー、ちょっと読んでみようか、程度の軽い気持ちだった。

読んでみたら、これが中々面白い作品だった。活字の密度がかなり濃くて、読むのにかなり時間はかかったけど、細密な書き込みに関心した。

面白そうな作者を見つけたら、当然他の作品を読む。彼の映画が3本も公開された2005年頃であれば、貸し出し中で中々棚には並んでいなかったであろう他の作品達も、すんなり図書館の棚に並んでいてくれた。

次に読んだのが、「終戦のローレライ」。これも密度が濃かったが、この作品にハマった。他の作品をほぼ全て読み終えた今でも、一番気に入っているのはこれ。だもんで何年かぶりにレンタルビデオ屋に行って映画も借りてみたけど、映画はまあこんなもんかな、というところ。原作を知らずに見たらどうだろ?

ともあれ、どことなく、元々好きである「ガンダム」ちっくな世界観をこの作品には感じたのであった。

最初、意味不明で??だったのは、ローレライ関連で検索をかけると、何故かガンプラの写真などがひっかかって来る事。なんでガンダム?という事をその時は全く知らなかったのだが、後になってガンダムUCというシリーズ本を彼が著作していた事が分かった。

図書館で借りた本は、「Twelve Y.O.」、「月に繭 地には果実」(中身はターンAガンダムで、なんだガンダム書いてんじゃん、この時は知らずに借りて後で気付いた)、「川の深さは」、「6ステイン」、「Op. ローズダスト」てなところ。

月に繭、はタイトルから「ガンダム」を消して単行本化したおかげだと思いますが、普通に図書館の棚に他の著作と並べられていました。この辺り、図書館の担当者が題名しか見ておらず、中身はノーチェックだったのだろうな、と思わされます。

図書館の検索PCを使って調べても見ましたが、当然?ガンダムUCシリーズは蔵書していませんでした。ここまで、全て図書館で済ませてきたのですが、こればっかりは買うしかないかな、と。

で、Amazonに行って買おうとしたら、なんと在庫では10巻まで揃わない事が判明。Amazonでダメなら、、、仕方がないのでこれまた何年ぶりかのヤフオク。こっちにはありました。10巻セットを無事落札して本も届いて、今読んでいる最中です。6巻に入ったところ。

小説としては、ローレライの方が面白いかな、とは思いつつ、元々ガンダムは好きだったので、その分プラス加点、というところでしょうか。

今日からBANDAIチャンネル有料配信開始の、ガンダムUCエピソード1も、購買して見ました。あら、ここで終わりなの?ええー、という終わり方はともかく、まあ面白かったです。

ここに至るまで、図書館にヤフオクと、一切著者に印税が入らない状態だったわけですが、ようやく売り上げに貢献したぞ、と。

 

(イージス艦も、潜水艦も、そしてガンダムも、”乗り物”には違いなかろう、という事で)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/20

零号トレ #5

#5といいつつ、#4から今回までに何日か乗っています。ミニマム30分行けばいーや、で35分、45分、と少しづつ時間を伸ばして来ていました。

今日は、多少曇っていたため直射日光が和らいだ効果が確実にありますが、かなり久しぶりの1時間越え、63分を走破する事となりましたー。

快晴だとドリンク水消費が早くて、持たないんですよね。

V8020003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/14

FJ1600 写真

2008年にFJ1600を走っていた頃の写真を、また新たに頂きました。いつもながら素晴らしい写真です。(被写体が、じゃなくてカメラマンが、ね勿論)。

Fj1600_1

 

Fj1600_2

Fj1600_3 

 

Fj1600_4   

 

Fj1600_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/13

ニッサン ジューク

実は試乗はしていなく、置いてあった実車を眺めてきただけですが。

ともあれジューク、大胆なルックスにぎょっとさせられ、これはLOVE or HATEかな、思い切ったものだなー、とか思っていたところ、初期1週間で受注5千台だの、初期1ヶ月で1万台だの(発表時の計画は月1700台だったはず)、欧州では受注1万5千台だの、というニュースに接して俄然興味が湧いた次第です。

販売については、最初の3ヶ月だけ現象というのもあるので、まだまだ1年ぐらい経って見ない事にはなんとも判定はしかねるのですが。あのインサイトだって1年経ったら落ちちゃったくらいで、いくらプリウスが、、、と言ったって、ねえ。

ジュークに戻りますが、実車は中々魅力的でした。「コンパクト」が持ちがちな、金が無いから、運転に自信がないから、、、って思われちゃうのが嫌、っていうネガを消し、これが好きだから、気に入ったから乗っているという「主張」がにじみ出る感じあって、この辺りが受けている理由なのかな、と思いました。

小さいクルマが好きだけど、貧乏チックなのは嫌、お金ならあるし、というユーザーの受け皿がBMWミニだったり、フィアット500だったりしたわけですが、ジュークはあくまで国産コンパクトの価格で買える上、ディーラー網などの心配もほぼないわけで。

見て、少しいじった(エンジンはかけてないしイグニッションONもしてません)感想ですが、フロント、リアシートともに広さは充分(ティーダみたいなだだっ広いリアシートというわけにはいかないですが)かなl、と。

その代わり、リアシート立てた時(人が乗っている時)のラゲッジスペースは、ちょっと、、、小さめ。というか容量少ないように見えました。個人的には、コンパクトならではの全長の短さによる取り回しのしやすさを少し犠牲にしてでも、リアのオーバーハングをもうちょっと伸ばしてもらえれば良かったかな、と。

リアシートを倒さないと自転車(折り畳み)が積めない、倒せばOKというのは、所有した経験から考えるとK11マーチと概ね同じです。まあ、”コンパクト”としてはこのレベルが当たり前なのかもしれません。

(だから、今のマイカーは、リアシート起こして大人4人乗った上で自転車が車内ラゲッジに3台押し込めるウイングロード(旧型)なのであります。)

さて、次の機会に試乗出来るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/07/08

ウイングロードメンテ

ウイングロードのエンジンオイル&フィルター交換をして来ました。納車以降初、ですね。思えば若い頃と比べて不精になったものです。

エンジンオイルはディーラーにて純正オイルを入れました。4L缶を買うと余るし、車検予約のついでがあったので。フィルターは、イエローハットにて互換品¥1290を購入し交換を依頼。こちらはポイント会員は工賃無料なのが良いところです。

さて、来月は車検です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »