« 3モデル、5風洞 | トップページ | 続シグネット(完成形) »

2009/06/29

コスワース

P.ヘッド氏曰く、

「2010年にコスワースが出てきても、アドバンテージは無い」。

現行F1エンジンは18,000rpmのリミッターが課せられているが、コスワースには制限は無い。

「4年落ちのコスワースが出てきて(あ、スタンダード コスワースってそーゆー事だったのね)、当時のように20,000rpmまで回せたとしても、恐れる事は全く無い」。

「何故なら、そのコスワースは、明らかに今のエンジンより燃費が悪いのだ。レースディスタンスを走るには、15kgは余計に燃料を積まなければならず、それは1周辺り0.5秒程度の悪化をもたらすだろう。タイヤにも厳しい」。

----

ふむ、来年は給油禁止でしたっけ。しかし、18,000rpmに落として、燃費改善くらいはやって来るのでは?と思いつつ、”開発”やってたらあの価格じゃあ出せないかな、とか。その前に、バジェットキャップの前提が崩れた今、”新規”3チームの参戦そのものを危ぶむ声もある模様ですが。

|

« 3モデル、5風洞 | トップページ | 続シグネット(完成形) »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/45493528

この記事へのトラックバック一覧です: コスワース:

« 3モデル、5風洞 | トップページ | 続シグネット(完成形) »