« GT2140+CW-X #9 | トップページ | フェラーリF450 »

2009/03/29

オーストラリアGP 決勝

いやー、、ブラウンGP信頼性もOK!ホンダはもったいない撤退という事になっちゃったなー、結果的に。シーズンを通して競争力を維持出来るかどうか、は別の話。

  • BARの頃はクルマが速くても勝てなかったバトン、苦労している間に成長したという事なのでしょうか。完璧なレース運び。余裕あればこそ、か。
  • タイヤが引き金だったのですが、クビカとベッテルのあの接触はもったいなかった。ベッテルの無理突っ張りが一番の原因なのだけど、あそこまで大きくなったのは、でっかくなったフロントウイングにもその一因がありそう。
  • その後の自滅(2台とも)はそれぞれドライバーのミスでしょう。ただねー、あれあれーと言う間にはらんで行っちゃうのモノでもあるんですよ。F1ドライバーのレベルでそれやっちゃうというも考え難いのですが。
  • ピットスタートから3&5位まで持ってきたトヨタ、”ディフューザー”組の速さとチームとしての強さを見せた、と。
  • ハミルトン、アロンソはよくぞあそこまで持って来た。ロズベルグもドタバタしたけどキチンとフィニッシュ。ここはドライバー力を見せたかな。この3人のチームメイトが18,19,20位だから、、、
  • そこそこ留まってたかのように見えていたフェラーリが、レースではもたずにダメ。マクラーレンとどっちが重症か、次を見ましょ。
  • デビュー戦ポイント獲得おめでとう、ブエミ。ボーデの前でフィニッシュしたのは非常に大きい。

”ディフューザー”の裁定はマレーシア後でしたっけ。ともあれ、また来週ー。

|

« GT2140+CW-X #9 | トップページ | フェラーリF450 »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/44502059

この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリアGP 決勝:

« GT2140+CW-X #9 | トップページ | フェラーリF450 »