« ビッグ3救済 | トップページ | トヨタ iQ その3 »

2008/12/14

トヨタ iQ その2

その2にしてお断りですが、基本粗探しっす。その2はこれ行って見ましょう。

助手席

専用の省体積エアコンを開発して、助手席前のインパネをえぐったという辺り、興味があったのですが、確かにぐりっとえぐってあって、運転席よりも確実に前に出せるようにはなっていました。

Dcf_0011_2  ←横から見たところ。ブレてるのは店内だと光量不足で携帯のカメラはシャッター遅くなるので。

見えている部分がまさにえぐったところで、センタークラスターが飛び出しているように見えると思いますが、その分がえぐってある分です。

 

 

Dcf_0009 ←概ね普通に座れる位置での膝位置はこんな感じ。まあ、普通に座っていられる感じです。

  この位置で、一応リアシート左側にも、座れる空間が確かに確保出来ました。

(ちなみに運転席後ろは、自分がドラポジをとった場合は全く不可能)

   

 

Dcf_0010 ←シートスライドを最後端にした場合。かなり余裕あり。

 

 

さて、ここで気付いたのは、、、

「グローブボックスが無い」

という事。そういえば、ドアポケとドリンクホルダ1個分以外は、運転席周りに収納らしき場所が全然ありません。専用エアコンの話題は知ってましたけど、

「グローブボックス廃止すれば(誰だって)助手席の膝周りは広く出来るやんちゃうのっ」、

と思ってしまいました。勿論ここまでは稼げないにせよ、ちょっと騙されたというかなんとゆーか、そんな感じ。

で、営業さんに「グローブボックスが無いのですね」、と聞いてみたら、ディーラーオプションであるそうです。カタログに書いてある呼び名は”リムーバブルシェルフ(グローブボックス)”、材質はポリエステル、A4サイズの冊子が入り、価格¥10500。

ソフトタイプで、厚みは最大5cmくらいまでいけるそうです。当然、取り付ければその分シートを下げる事になるでしょうが(実物は見れず)、どうしてもここに車検証などを置かないと気が済まない、場合はこれを装着(着脱可能)する事になりそうです。

そんなこだわりは無い、場合のノーマルな収納スペースはこちら、リアシート下に用意されていました。

Dcf_0018_2 ←わかりにくいですが、これはリアシートの下です。リアシート下に空間があって、跳ね上げて使います。上げた状態で止めるための紐とフック付き。

展示車では、しっかり取扱説明書が鎮座していました。中は鉄板むき出しですが、はめ込むトレイがオプションで用意されていました。

 

助手席関係は以上、 さらにつづく。

 

 

|

« ビッグ3救済 | トップページ | トヨタ iQ その3 »

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/43421325

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ iQ その2:

« ビッグ3救済 | トップページ | トヨタ iQ その3 »