« バトン | トップページ | 零号日記 »

2008/12/07

バトン2

英News of Worldによると、案の定トロロッソが行き先候補の筆頭になっているようですが、ホンダからの違約金は15ミリオンポンドほどになるそうで。(現在のレートで20億円程度か。ちょっと前なら30億だったけど)。

バトンがどこに行くにせよ、この違約金があるので新チームは彼を雇うのに大金を払わなくても良いであろう、とされています。

http://www.newsoftheworld.co.uk/sport/93666/JENSON-BUTTON-pound15M-PAY-OFF-British-racer-signed-new-Honda-deal-just-weeks-ago.html

それから、ホンダチーム購入に既に3件のコンタクトがあった、、うちの1つは、デビッド・リチャーズ氏だという噂が報じられています。同氏率いるF1プロジェクトは、少なくとも表向きはカスタマーシャシー問題がネックとなって2008年のエントリー権を放り出したかと。

そこにオリジナルシャシー&スタッフ&ファクトリーが、リーズナブルな価格で(ホンダはチーム存続の為、売却価格には余り拘らない姿勢を示していると報じられています)、そして有能(としておきましょう)で経験もあるイギリス人ドライバーが、これまた安価でセット売り。

そこそこの資金とエンジンの当てがあるのであれば、かなり魅力のある買い物ではあると思いますね。もっとも、この2点もハードルは低くないのですが。

エンジンでは、前半と後半でエンジンが変わるかも、というホンダ社長の発言があったように記憶しています。ひょっとしたら、流石に2009最初からは間に合わないけど、後半から例のスタンダード=コスワースを搭載する、というストーリーがあるのかもしれません。

そうなればFIAとエクレストンの支援も受けられる、なーんて皮算用も。

|

« バトン | トップページ | 零号日記 »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/43345464

この記事へのトラックバック一覧です: バトン2:

« バトン | トップページ | 零号日記 »