« マクラーレンP11 | トップページ | 中国GP 予選 Q1 »

2008/10/18

テスラ 経営立て直し

米Automotive Newsより

--------------------------

テスラ自動車が、ハイパフォーマンスEVロードスターの生産においてつまづきを見せている。キャッシュフローが不足しているのだ。

生産は遅れており、10万ドルのロードスターは50台以下しか納車されていない。報道によると、テスラでは従業員のレイオフが行われている。

テスラの筆頭出資者であるエロン・マスク氏がCEO職をとってかわり、ジーブ・ドローリ氏は副会長になるとも書かれている。

いくつかのソースによるとテスラでは200人のワーカーのうち半分をレイオフするとされているが、テスラは明確な数の公表を拒んでいる。

テスラの公式ウエブにのったマスクCEOのコメントは、

「我々のゴールは、6~9ヶ月のうちに、キャッシュフローをポジティブにすることだ。その為には生産性をより向上し、ロードスターの売り上げの寄与を増やし、オペレーティングコストを下げなくてはならない。同時に、高い生産品質と上級のカスタマーサービスを維持しなければならない。」

マスクCEOは、新車種(4ドアセダンかな?予告されていたのは)を遅らせること、デトロイト郊外の拠点を閉鎖する事にも言及した。

--------------------

|

« マクラーレンP11 | トップページ | 中国GP 予選 Q1 »

電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/42824534

この記事へのトラックバック一覧です: テスラ 経営立て直し:

« マクラーレンP11 | トップページ | 中国GP 予選 Q1 »