« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/31

新型ケイマン

Cayman  ←リーク、だそうですが。AutoExpressより

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/230322/porsche-cayman-leaked.html?CMP=NLC-Newsletters

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/30

赤字GP

オーストラリアGPは大赤字だそうで。2007年は$40ミリオンの赤字=州政府からの財政支援=税金の支出だとの事。2004年以降、右肩下がりで収入は減り続け、政府支出も増え続けている。

しかし、ヴィクトリア州は2015年までのGP開催契約を締結している。政府は否定しているが、この契約は$250ミリオンのコストであるとも言われている。

この契約延長には、レースの夕方開催化が条件とされているとされている。

ヴィクトリア州の担当大臣は、GP開催による経済効果は数百万ドル規模であり、だからこそ我々は契約を延長したのだ、と言う。

---------

無くなった、事になっているカナダGPについて何らかの発表が金曜日にされる、という噂が持ち上がっているようです。(明日になればすぐ分かるハナシですが。カナダGPは、未払いが嵩んだ為取り消されたというハナシですが、交渉は続いているという事でしたね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/28

WTCCが面白いワケ

岡山WTCC、面白かったですね。雨ファクターもありましたが、WTCCならではの良さが出ていたレースだったと思います。抜けない岡山?もうパッシングポイント満載じゃないの。岡山に限らず日本のサーキットはどこも”抜けない”と言う形容詞がついてまわるイメージがありますが、WTCCが来ればそんなのは吹き飛ぶ。

それにはちゃんと理由があると思います。何故WTCCだとそうなるのか、これは何故WTCCは面白いか、を分析することに他なりません。いわずもがな、という面もありますがちょっと語ってみましょう。

WTCCが面白いワケ、ってのは一義的にはシンプルに豊富なバトル故、と言って差し支えないでしょう。ここでは、総合的にはこれらの組み合わせの妙、という事を最初にお断りした上でそれを生み出す要因について、4項目にわけてみました。

WTCCが面白いワケ4項目、は①上手い車両規定、②高いドライバーのレベル、③弱みを強みに変えるコース設定、④楽しむ為のレースフォーマット、です。

①上手い車両規定

スーパー2000をベースとし、ガソリン2L級の、比較的小型な車が出てくるようになっている。ここには2つ大きなポイントがある。2L NAガソリン級の、世界選手権級のレーシングカーとしては比較的ローパワーである事、が一つ。

もう一つが車両のサイズ。エアロパーツによる拡大も無くほぼ原寸に近いところを保っている。大きすぎない事がポイントである。これらは、迫力を生むレースという観点からは弱点とも言えるが、これを上手く生かしている。

②高いドライバーのレベル

比較的アンダーパワーのクルマを、世界選手権レベルのドライバーが操る。つまりクルマとしての能力よりも運転手の能力が相対的に上回っているのがWTCCと言える。高いというのはそういう意味。

それがゆえに、ラインの自由度が高かったり、大きく崩れた姿勢を立て直しちゃったり、限界の近くでバトルを続けても余裕があったり、という状況を生んでいる。密集したバトルの中で大きな破綻をしないで成立しているのも、このドライバー>クルマによるところも大いにあると思う。

おっと、ハコ車なので多少の接触は走行に支障が無いという点もフォーミュラに対する強みと言えるし、良い意味でどんぐりの背比べ状態を作り出しているの事は大きいです。

③弱みを強みに変えるコース設定

アンダーパワー、比較的小型な車両サイズ、というのは決して強みでは無いが、これを強みに変えているのがコース設定であると言える。デカくて、パワーがあるクルマでは危なくて走れないようなサーキットを会場にして、例えばその狭さでも並んで行けちゃったり、と面白いレースを開催する事が可能になります。

端的な例がマカオだろう。あのコースで、あれよりでかくてパワーのあるマシンでのレースは危険が大きすぎるのだが、WTCCならば白熱したレースが出来てしまう。あるいは、狭くて抜きどころが無いと思われていたサーキットが、俄然抜きどころ満載のサーキットに変わる。いわゆる”オールドコース”系での開催はそれに近い。

④楽しむ為のレースフォーマット

これは、もういわずもがな。バトルを見せる為の超スプリント。あれだけ短ければ、最初から最後まで行くっきゃない。短いから飽きないし、ダレない。

あんまり短すぎると興行として成立しないので、1イベント2レースに。そしてバトルを盛り上げるリバースグリッド。

てなところで、これらが絶妙に組み合わさった結果あの面白さが生まれている、という事で、シリーズが発展しているのも納得。ちょっとディーゼル強すぎになっちゃっているけど、来年は改善してくるでしょう。臨機応変な改善が期待出来るのもこのシリーズの強みですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/26

ウイングロード初洗車

納車来てから初の洗車、汚れが目立たないシルバーという事もあり、天気がどうも合わずという事もあり、、、ようやく。

と言っても洗車機でワックス2往復。

Dcf_0002 

 

 

 

 

でも、今日は拭き上げまでちゃんとやって、たまっていた水垢もちゃんと落として、結果として結構気合を入れた洗車になったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/25

WTCC岡山

もうちょっと近くでやってくれれば見に行ったのですが、さすがに岡山は遠い。が、生中継は見るぞー。

タイスケ

「wtcc.pdf」をダウンロード

 

ライブタイミング&ストリーミング

http://www.fiawtcc.com/fiawtcc/okayama/2008/live_mtc225427.shtml

リンク

http://www.okayama-international-circuit.jp/miru/car/wtcc.html

http://www.fiawtcc.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水曜テスト

先の水曜は、久しぶりにレースウイーク以外でのFJ1600テストに行ってきました。体力が落ちているのか、2本しか走行しなかったわりにバテバテで、木金と仕事が非常にツラかったです。影響しちゃあいかんのですが、意識朦朧って感じでした。

さて、テストの目的はここのところずっと課題であるドライビングのある箇所、区間のある箇所の修正です。

前走行枠で、派手にオイルを撒いたクルマがあって、(15Lだって!ドライサンプらしいのだけど)、ピットロードで15分くらい待たされて1走行目開始。ピットロードでは緊張高まっているので、そこで待たされるのは普通に待っているよりしんどいのですよ。

で、走行開始。おがくずまみれで滑ることったらもう。しかし、この日のテーマとは直接関係無い場所だったので、集中して課題に取り組む。とにかく○○すぎ無い事、がテーマで、それは技術的には難しくないはず、なのだけど、いざやるとなるとこれが中々頭で考えている通りにいかない。

ピットインしては指導を受けつつ、1本目走行終了。走行の間にじっくり相談し、イメージを組み立てて2本目の走行に臨む。2本目ではだいぶ目指している方向に向かっている感じが出ては来た。が、出来たというには程遠い。

うー、もっと練習したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

i-Pod装着

マーチ号からMD/CDオーディオを移植はしたものの、いい加減MDもレガシーだしなあ、と。何か良い手は無いかと思ってはいたのでした。HDDナビの装着も頭にはあったのですが、レイアウト悪すぎという事もあって保留状態でした。

そうこうしているウチに、別件で出かけたヤマダ電機にて、こいつは良いかも、と思わせるi-Pod nano (3世代)専用FMトランスミッターを発見。どこらへんが良いかと言うと、

  • クルマの電源(ACC)ONでi-Podの自動再生開始、OFFでシャットダウン。当然次の再生は止まったところから再開。
  • シガープラグ、i-Podコネクタ、i-Podホルダーが一体である。
  • つまりシガーライターに刺して角度を調整して、i-Podを装着するだけ。
  • 配線が走り回る事もなく、i-Podの置き場を考える必要も無い。
  • レイアウト的にウイングロードにぴったり。
  • i-Pod画面も見れるし、操作も容易。

この現品限り(3世代専用ですからね)のトランスミッターと出会ったことから、i-Podをカーオーディオの一部として一体化し、取り外せるメディアとして扱うというアイディアが浮上、そして4世代の新型が出たのを無視して、3世代nanoの購入を決定。

こちらも現品限りで、2台だけ残っていたのを即決。てなわけで、ウイングロードのメインメディアはi-Pod+FMになったのでした。中々調子良いです。4GBなので持ってるCD全部ぶち込むわけには行かないですが。

では、写真を。

Dcf_0002 ←左がそのトランスミッター。右が言わずと知れたi-Pod nano 3世代目。

 

 

 

 

Dcf_0001 ←これが装着状態。1速に入れるときにちょっと気を使う以外は、問題無し。

さすがに走行中にスキップ以外の操作をするのは無理だし、画面の文字を読むのも厳しいけれど、かなり満足。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/23

クレディ・スイス 2

クレディ・スイスがBMWザウバーから離脱?という噂を記事にしたのは3月だった。

http://junki.cocolog-nifty.com/automobile/2008/03/post_35c2_1.html

その後、8月にバレンシアでタイセン氏がこれを認めたらしい、という噂もあったようだ。

そして、RBS、INGに続きこちらクレディ・スイスも、7-9月期だけで2000億円のサブプライム関連損失が発生し、昨年からの累積損失は1兆円に近づいているとの事。こちらは普通の日経ニュースより。

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081023AT2M2303523102008.html

このニュースの中では、投資部門は赤字だがプライベートバンク部門は好調で、また100億スイスフラン(ほぼ1兆円弱)の増資も決まっているとの事。

さて来期F1活動への影響は如何に?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続マクラーレンP11

P11 http://www.autoexpress.co.uk/u/r39cecc8566945f6b&t/news/autoexpressnews/229938/mcclarens-new-f1.html?CMP=NLC-Newsletters

Autoexpressより

情報としては特に追加は無いのですが、今回の記事では車重は1250kg辺りだろう、とされています。また、生産自体は64台に留まった初代”F1”とは異なり、最低4桁の台数を見込んでいるとの事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/22

FJ写真

今日、写真を頂きました。いつもながら良い写真を頂き、感謝です。

Fj_2   

 

 

 

 

Photo   

 

 

 

 

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/21

順位交換

ライコネンは明確に入れ替えをやった事を認めており、かつ”チームオーダー”ペナルティという動きは無い様子。そんな中、フェラーリのボス、ドメニカリ氏から指摘、

「ドイツでコバライネンとハミルトンの間に何があったか忘れてるんじゃないの?」

   

当時のデニス氏のコメントは、

「素晴らしいスポーツマンシップの発揮であった」。

------------

うーん、ドイツの時はコバライネンがペースを落として待ってたという事ではなくて、単純にハミルトンが明らかに速いタイムで追い上げを敢行していた、という認識なので多少ニュアンスは違うと思いますが。まあ、抵抗せずに譲ったのは確かにそうだったようには思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ING続報、RBSも

というか、RBSの方が先だったようです。

RBSが英国政府からの資本注入を受けたという報道が先週あったそうで、当然の結果としてF1のスポンサーを続ける事は難しくなるであろう、との事。

そして、INGの方は、オランダ政府から100億ユーロ(ホント?10ビリオンユーロだけど)の支援を受けるというハナシになっているようです。今週にも破綻するのではないか、という懸案の渦中にあったそうで。

赤字予測を発表した先週末、INGのアムステルダム株価は27%下落し、月曜日の国による救済報道を受けて19%上がったとの事。

---------

以上、Home of Sportより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペトロブラス

ホンダーセナ甥リンク説の論拠は、主にアイルトン時代の繋がりからであった。”セナ”の名前と”ホンダ”の結びつきが強いというものだ。しかし、レースチームは名前ではなくて能力だという当然の姿勢である。

そこに、ブラジルの巨大オイルカンパニー、ペトロブラスが来年からホンダのスポンサーになるというハナシが浮上した。ただし、ペトロブラス側からドライバーの指定は無い、ともされている。もちろんブラジル人が望ましいのは言うまでも無いが。

ペトロブラスとしては、日本でのビジネス拡大を狙っているとの事だ。ペトロブラスは日本でのエタノール混合ガソリンの来年からの小売販売参入をアナウンスしている。エクソンモービルから取得した、ニシハラ製油所を用いるとの事だ。

--------------

以上、GrandPrix.comより

原油価格はピークから半値付近まで落ちましたが、まだまだかなり高水準。余裕資金のあるうちに、世界でも大きなガソリン消費マーケットである日本市場に攻め込もうという事でしょうか。エタノール混合燃料に関連してはブラジルは先進国であり、武器も持っていると言えましょう。

そういえば、今年から日本国内レースの、トヨタ系チームのスポンサーにペトロナスが付いてましたっけ。あれも海外への露出は期待出来ないので、日本国内向けなのでしょうね。

春からそう思ってはいたのですが、それらしい企業活動は私の知る範囲では今のところ余り見えていません。何か始まっているのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/20

iQ Spider

独AMSより

Iq_spider http://www.auto-motor-und-sport.de/news/auto_-_produkte/hxcms_article_516336_13987.hbs

 

 

  • 独AMSでは、iQ派生車がいくつか出るであろうと予測。
  • 写真はその一例で2シーターのロードスター。
  • 少なくとも”スタディ”モデルが次回の東京モーターショーに出るであろう、と。
  • 北米でScionブランドになるであろう。

----------------------

明確な根拠は無いようですが、面白い展開ではあるかと。どことなくヨタ8にも似た顔つきは、狙っての事なのでしょうねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/19

ING赤字

普通にNIKKEIに出ているニュースですが、

「オランダ金融大手INGは、7-9月期 5億ユーロ (700億円くらいか)の純損失となる決算予測を発表」

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081019AT2M1802F19102008.html

最近の金融混乱、影響が無いはずは無いと思っていました。ルノーチームは調子を上げてますが、、、それはそれ。来期の契約はあるのかしら?

サンタンデルがどこかの銀行を買収して100%子会社にしたというニュースが数日前にあったっけな。救済合併の香りを感じつつ、スルーでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国GP 決勝

今日はリアルタイム。

  • いいところ無い上、ひょっとしたら、のタイヤトラブルまで自分のほうに。踏んだり蹴ったりコバライネン。
  • あの一瞬おおっ、と思った私はメットの色ちゃんと見てなかった。
  • 何事も無いとつまんないねー。
  • ハミルトンは終始完璧だったし。バトルらしいバトルも無かったし。
  • ライコネンペースダウン露骨すぎ。審議対象とかなんないの?
  • アロンソ4位、日本GPでも前がいなくならなきゃこの辺りだったから順当か。

以上。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/18

ハイドフェルドにペナルティ

Q1でクルサードのアタックを邪魔したという事で3グリッド降格だそうで。7→6→9、と。

(3グリッド?通常5じゃなかったっけ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国GP 予選 まとめ

China_q 「china_q.xls」をダウンロード

 

 

   

 

  • 意外にマッサは積んで来た?それともミス?積んで3番手だとしたら有利かも。
  • ウエバーは、まっとうに軽めな範囲でどの辺りのグリッドが取れるのか試しに来たのかな。
  • コバライネン、ハイドフェルドも少し長めだろう。
  • そしてベッテル、トゥルーリ、ボーデはがっつり燃料を積んだ。
  • とは言っても、ワンストップは無いだろう。ソフトがキツくて短くしたい?
  • 上位3台で乱戦(泥仕合)になれば、アロンソ3連勝も?

決勝は、

  • フェラーリとしては、スタートでライコネンが前に出てハミルトンを押さえ、積んでいるマッサが上がって来るのを待ち、ピットインで上手く調整して順位入れ替え、なんて筋書きが出来れば。
  • あるいは撃墜しても可(というかその方が良い)なんだけど。ハミルトンに、冷静にライコネンは行かせてマッサとだけレースをするとかいう事が出来るか?
  • そんな予想と関係なく荒れたりしそう。
  • クビカあの位置じゃあ、、、SCでもあれば何か起こるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国GP 予選 Q3

Q3

  • ウエバー、攻めるの?エンジン交換さえなければ、良いグリッドだった。
  • ハミルトンはポールを取りに来て取った、と。スタート失敗しないようにねー。
  • マッサは厳しい位置になっちゃった。
  • アロンソはきっちり2列目確保、さすが。

後はデータを見てみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国GP 予選 Q2

Q2

  • 路面温度上がるのは、フェラーリ有利な流れじゃなかったっけ。
  • あらー、クビカ今回は駄目だったか。これでチャンピオンシップ厳しくなった。
  • 今回はハイドフェルドが良い。
  • トロロッソは本当に安定していいじゃん。
  • ウエバー折角悪くないのに、10番手降格決まってるのは残念。Q3は目一杯積んどけっ、てところか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国GP 予選 Q1

さあ予選。

Q1

  • ベッテル、いろいろ文句言ってた割りに良い感じ?
  • コバライネンが来てるけど、どうなるか。
  • ピケの位置を見ても、ルノーはいいのか。トロロッソ良いのにレッドブル駄目だが。
  • クビサは、ここから又来るのか?日本GPもQ1はこんな位置だったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスラ 経営立て直し

米Automotive Newsより

--------------------------

テスラ自動車が、ハイパフォーマンスEVロードスターの生産においてつまづきを見せている。キャッシュフローが不足しているのだ。

生産は遅れており、10万ドルのロードスターは50台以下しか納車されていない。報道によると、テスラでは従業員のレイオフが行われている。

テスラの筆頭出資者であるエロン・マスク氏がCEO職をとってかわり、ジーブ・ドローリ氏は副会長になるとも書かれている。

いくつかのソースによるとテスラでは200人のワーカーのうち半分をレイオフするとされているが、テスラは明確な数の公表を拒んでいる。

テスラの公式ウエブにのったマスクCEOのコメントは、

「我々のゴールは、6~9ヶ月のうちに、キャッシュフローをポジティブにすることだ。その為には生産性をより向上し、ロードスターの売り上げの寄与を増やし、オペレーティングコストを下げなくてはならない。同時に、高い生産品質と上級のカスタマーサービスを維持しなければならない。」

マスクCEOは、新車種(4ドアセダンかな?予告されていたのは)を遅らせること、デトロイト郊外の拠点を閉鎖する事にも言及した。

--------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マクラーレンP11

P11Auto Express より

 

 

 

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/229521/mclaren-supercar.html?CMP=NLC-Newsletters

-------

マクラーレンF1が帰って来る。この独占スパイショットがそれを証明した。これはマクラーレンのエンジニアがF1拠点付近の一般公道でテストしているところである。2010年デビューと言われている。

オリジナルF1よりもコンパクトで価格も下がる。フェラーリF430やランボルギーニガヤルドのライバルとなる辺りを狙っている。

このコードネームP11は、F1ファクトリー内の小グループだけで設計・製作されてきた。

価格は15万ポンドから20万ポンド辺りとなるであろう。

エンジンはメルセデスベンツ製6.2L V8にターボを装着し、AMGのチューンで500馬力を発生する。シャシーはカーボンで、車重は1100kg程度になる。0-60mphは4秒程度。セミオートマ、カーボンブレーキ等も装備される。

--------------------------

アフォーダブル?なスーパーカーという事ですかね。SLRは生産中止だけど、後継車はあったと。6.2L V8ターボはちょっとこの時代には厳しいかも。KERS装着、とか言ってくれるとインパクト大なのですが、時期尚早ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/14

フェラーリに問題?、他

  • フェラーリに問題?その1はオーストラリア発。
  • なんでも、最近のアメリカ発金融問題の影響で、若い実業家などの間でフェラーリなどのスーパーカーを売って現金に換えようという動きが広がりつつあるとの事。
  • 現時点では新車の販売に影響を及ぼしていないが、新車同然で格安の中古フェラーリが豊富に市場に出てきており、いずれ新車販売に影響を及ぼすのではないか、と。

(ふむ、スーパーカーのようなハイエンド市場は揺るがない、あるところには金はある、と見るか、フリーキャッシュフローの危機はそこまで来ており、確かにそれを助けられるくらい高額だよなー、と見るか。日本ではどうなってるのでしょうかね?)

  • フェラーリに問題?その2。KERSの開発がどこよりも遅れている、とエンジン部門のボス、ジル・サイモン氏、そしてテクニカルディレクターのアルド・コスタ氏が認めた。2009カーはKERS無しでデビューする事になるそうだ。
  • 現在の目標は、1月中旬の集中テストでのデビューで、”これを逸してはならない”と。ただ、チャンピオン争いの為F2008の開発にもリソースを取られており、厳しい状況だとの事。

(KERSねー、、、)

  • 2番目のナイトレース、エクレストン氏のターゲットはアブダビだそうで、”現時点ではなんの合意も無いが、可能性について話し合わなくてはならない”とコメント。

(鈴鹿も噂に上がっていますが、2009はセーフなのかな?)

  • FOTAでは、先ごろのマッサの惨劇を受けて、レース中の給油禁止が何度目かの再浮上をしているそうで。レース距離の短縮や、更に厳しいテスト制限など、このところ連続して行われた会議で俎上に上がったとのリーク情報。

(んー、微妙。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/13

ロン・デニス初

  • 史上初めて、公にロン・デニスがハミルトンを非難する発言をしたそうだ。「もちろん後の祭りなのだが、もし、彼が最初のコーナーで、もうちょっとだけ慎重だったら良かっただろうね」。

  • ルノーとホンダは、2009年に向けてエンジンの改良をFIAから許可されるらしい。両チームから確認がされた。加えてトヨタも許可されるであろうと目されている。
  • フラビオ・ブリアトーレ氏によるとルノーは30馬力は劣っているとの事だ。「今年最もマシンを進化させたのは我々だ。加えてエンジンが改良されれば、2009年マシンは凄くなる事が確実だ」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シビック ハッチバック

の国内投入は5分5分かな、という記事を書いたのは2005年4月の事だった。

http://junki.cocolog-nifty.com/automobile/2005/04/post_c661.html

あれから3年半、次期型の予想イラスト

http://junki.cocolog-nifty.com/automobile/2008/08/post_3b26.html

も出回るタイミングにもなっているのだが、どうやらTypeRのみ、という形で(3ドアか)国内投入される、という記事がベストカー誌に。(ちらっと見たのみ)

数は期待していない、という事なのでしょうねえ。前のシビックRも輸入車だったし、欧州には元から右ハンあるし、ハードルはそんなに高くはないのであろうけど、にしても何故今?遅れて今までかかったのか、フルモデルチェンジはもうちょっと先なので、とかそういうハナシか。

という事で普通の5ドアが来るかも?という点では予想は外れだったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりMR-4

半年振りにMR-4登板。本当にほったらかしておいたのに、空気を入れるだけで快調なのが素晴らしい。

Dcf_0004 ←思川河川敷の周回サイクリングロードにて。

 

 

 

 

今回、零号もバラして連れて行った。クイックリリースなんてついていないのだけど、13mmと15mmのボルトナットを緩めれば簡単にばらせる様にはなっている。

Dcf_0003 ←ハンドル、サドル、前後タイヤを外したところ。意外と時間もかからない。

 

 

 

 

4人でのんびり交代したり乗り換えしたり。ダホンと合わせて3台、大人4人だったのだが、ウイングロード荷室(リアシート立てたまま)に3台納まったのであった。

Dcf_0001 ←ラゲッジ真後ろから。左が零号、真ん中MR-4,右がダホン。

 

 

 

Dcf_0002 ←横からみたらこんな感じ。

 

 

 

 

チャリ3台を中に積んで、大人4人がクルマ1台で移動出来るのはさすがワゴンです。折り畳みチャリをもう1台リアシートに入れて、後は隙間に荷物を押し込めば、4台で日帰りツーリングお出かけも可能。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/12

日本GP 決勝 その他

続きですー

  • 去年も見られたハミルトンの終盤とっちらかりが出てきた感じ。2位か3位でいいはずなのに、スタートミスったあげく無茶突込み。
  • ある意味予想通りに、荒れた展開ではありました。
  • マッサに撃墜されちゃったあのシーンについてはハミルトンに責任は無いと見えましたが。
  • クビカも良かった。1コーナーはインを閉めておけば中々抜ききれないから。ただ、ここで勝てていたら、万が一のチャンピオン争い最終戦まで、が結構あったかも。
  • もちろんまだ分からない。
  • ピケは抜いてりゃ評価アップだったのだけど。まあ4位は悪くはない。放映中にクビ決定と言われていたが、、、ディ・グラッシ起用かな。
  • トゥルーリは表彰台圏内くるかな?と序盤期待でしたが。まあ、ウエバー9位で終わったので、そこの差ははっきり見せたかな。
  • やっぱりスピードがいまひとつ、、、コバライネン。かどうかトラブルで明確にはならなかったのですが。
  • ボーデ、ベッテルより上でチェッカーは良い結果でしょう。来年のシート獲得に向けて。
  • ナカジマ追突多すぎ。たとえ自責じゃないにせよ。

  • ええっ、あの当たり方でボーデにペナルティ?逆じゃないの~。彼がインに突っ込んで行って当てたというよりはマッサが無理繰りインに寄せて勝手に当たったように見えたよね。

  • アウトラップではあったけど、同一ラップだったよね?周回遅れならともかく。
  • わたしゃボーデのコメントを支持します。
  • 5点差ね。昨年同様にハミルトンがミスを重ねるならばまだまだ分からん。
  • と言ってもマッサにもあんまり安定感は無いのだが。
  • 最終戦が母国GP、それが良い方に作用すれば、とか言うハナシになるかどうかはチャイナGP次第。

てなところか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本GP 決勝

今日は外出してたので、今見終わったとこ。アロンソ~~

ピケの出来からして、ルノーが予想以上に良くなって来ているのは間違いなかろう。

 

その他後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/11

日本GP 予選2

では、データで見てみましょ。                                      Japan_q_2    

「japan_q.xls」をダウンロード

 

   

 

 

  • ライコネン復活?時既に遅しだが。
  • Q3は、Q2から1秒落ちのヒト、1.5秒のヒト、2秒のヒト(トロロッソ2台)とキレイに分かれました。三味線があった形跡はあんまり見当たらないですね。
  • 少なくともハミルトンより前でスタートしなければならないマッサ、この位置は痛い。
  • が、このヒトは1.5秒組、多めに積んだのかミスかトラフィックがあったのか。
  • ともあれハミルトン、マッサが後ろにいる限り、特に無理をする必要なし。レースとしては単調か?(ただし、今年は単調と予想したレースは荒れる傾向有り)。
  • 同じく1.5秒組コバライネン、存在感を見せるか?
  • 2列目までもってきたアロンソ、順当に行ってQ1辺りの順位かと思われるとこですが、もうちょい上が期待出来そう。
  • ポールは取りに来なかったトヨタ、狙いは表彰台か。
  • そこまで積んで美味しさがあるのだろうか。トロロッソは雨待ち?

てなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本GP 予選

晴れてドライ、良かったかな。

Q1

  • グロック堂々1位、トヨタの狙いはポールか。この週末、グロックは軽い状態に専念してきたのでは?
  • ナカジマ、ロズベルグを上回ってQ1を終われたのは良かった。
  • BMWなんでここまで2台とも失速したか。指定席2チーム+1にBMWが入るとは。
  • アロンソさすがだが、ピケも来ている。レッドブル2台も上位に来ているところを見ると、実はルノーエンジン結構改善してきている?

Q2

  • 今更だけど、ローダウンフォースサーキットのはずなのにフェラーリが穴あきノーズを使ってた。雨の可能性が高かったから仕方が無いか。
  • というか、セクター3をあんなにしちゃったからダウンフォースも要るんだっけ。
  • ほおー、クビカきっちり。
  • グロックもうひとつ、トゥルーリも来た。グロックが三味線かどうか、Q3に期待。
  • トロロッソがキッチリと上げてきた。予定通りの組み立てってか。
  • アロンソが留まった位置、ピケ、レッドブルを見ると、Q1の印象撤回かな。ルノーエンジン。

Q3

  • グロックもアロンソも1回目ハードだったよねー、と思ってたら来たグロック、と思ったらどんどん抜かれた。アロンソは来た。
  • Q1からよくここまで持ってきたクビカ、予定通りなのか。
  • 存在感を見せた、のか?コバライネン。
  • 沈んだマッサ。
  • トロロッソはアタックせず、かな。

とりあえず書き込んで、次でデータを見てみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本GP 土曜フリー

乾きつつある気配がありつつ、乾ききらずに終わったP3でした。

  • 昨日から好調だったグロック、レインでも好調持続。今年こういう流れの場合、概ね本番でも良い結果が出ているので、期待出来るかも。
  • 1説によると、シーズンを通してこの日本GPに照準を合わせてきたとかいうトヨタ、トゥルーリがもうひとつ来ていないのは、タイム出し担当とロングラン担当を明確に分けきったのか、あるいは何かトラブル抱えか。
  • 予選、決勝を通して担当分けやりきるチームだから、あるかも。

  • とは言っても、ピケがここにいるタイムシートは、単刀直入に言ってあてにならん。
  • ナカジマとロズベルグの位置関係も、そうね。

  • ドライが期待される予選、10番手辺りに固まったアロンソ、ベッテル、ハミルトンに注目、と言いたいところだが、フジのストレートにはルノーエンジンでは厳しいか。
  • 来ておかしくないはず、なのに更に沈んだのが前出のロズベルグ、ライコネン、コバライネン。予選では来るんだろうけど。

  • ホンダは、本気で今年捨てているんですかね。”トヨタ”の日本GPも、別に?とかだから?とか言わんばかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本GP 事前

今まさに土曜フリーが始まろうとしているところ。特に関係ない小バナシ。

  • メルセデスが、ウイリアムズへのエンジン供給を確認したとか。何年から、とその記事に書いていないのですが、まさか2009から?ナカジマの残留が発表されたその後で?
  • メルセデスは3チーム供給も考えているという事で、フェラーリ継続と目されていたフォースインディア、そしてルノーエンジンを何とかしたいレッドブルが候補として名前が挙がっている。
  • この記事では、ウイリアムズーレッドブルアライアンスという書き方をしており、エンジンだけじゃなくて何か他にも共有するのかしら。単なる組み合わせ、コンビという意味だけかな。

  • フェラーリがとりあえず中止するピットストップシグナル、ホンダが採用する計画だそで準備が進んでいるとの事。ただし、本番で使うかどうか未定。

フリー走行、進んでるけど雨だしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/07

ディ・レスタ

今日のは、すぐに大手サイトで日本語化されそうなネタばかり。速報、だけかな。

  • DTMのヤングスター、ポール・ディ・レスタがマクラーレンのテストをするとの事。(パフェは?)
  • それも4日間、2つのサーキットをまたがってのテストとなる。
  • これは、F1テスト制限の合意における例外事項、”未経験のヤングスターに限り、テスト制限距離のカウントから除外出来る”を適用するものと考えられている。

  • フェラーリがついにLEDシグナルをあきらめ、ロリポップに戻すらしい。

  • 来年のカレンダーからカナダGPが落ちた、との事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/06

ハミルトン under investigation

ハミルトンに関するスキャンダルはスルーするのが常なのですが、、、今回は英語の勉強。PaddockTalk他より。

父方の祖父の故郷であるグレナダ(西インド諸島東部の英連邦内独立国)で今年はミルトンが行った$35ミリオンの投資について、カリブ島政府の調査を受けている模様。

7月にはこのマクラーレンドライバーの高級ビーチサイドホテルへの投資計画について報じられていたそうで、この投資計画には、当時の首相と隣接する土地の買収や税金についてシークレットトークが含まれていたとも報じられていたと記事にはある。

しかし、取引が成立した数日後に新首相が誕生し、その新首相が政府に調査(捜査?)を命じたという事だそうだ。

アソシエイテッド・プレスの報じるところによると、ハミルトンの所有する証書($15ミリオンの土地を含む)には、”抵当権・債務フリー(?、負担?、あるいは全ての干渉から自由?、encumbranceってのは相当難易度が高い英単語でした。結局良く分からん)”

も含まれていて、それはグレナダが、この島国のプロモーションを行うにあたって、英国イメージを使う事が出来る事、と交換条件になっているとの事。

ふむ。

追記:英国イメージではなく、このイギリス人(即ちハミルトン)のイメージ、が正解でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ガソリン

ここに住み始めてはや数年、ずうっと使ってきたセルフのスタンドが、生活圏最安値のポジションをついに失った。それも L辺り5円の大差なので小さくは無い。ウイングロード君もプレオ君も満タンにしたばかりだから、次に入れるのは略1ヶ月くらい先になるだろうが、それまでに状況が変わるかどうか、要注目。

原油はひところに較べてかなり下がっていて、バブル崩壊と言われているとか、次の給油の頃はどうなってるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/05

ウイングロード燃費1

先月満タンにしてから712kmを走破。燃料計の見かけではもう1往復は行ける感じではあったのだけど、ついでがあったので給油することに決定。初の燃費値は、、、

16.9km/L

でした。過去の経験から、自分の通勤パターンでの燃費値はほぼカタログに載っている10-15モード燃費に近い事は分かっていたのだけど、今回はもうちょっと行くんじゃないかな、よ期待していた。1.5L MTのカタログ値は17.0km/Lなので、ほぼそのまんま。ちょっと残念。

燃料計ハーフで500km超えたのに、そっから200kmで42Lも入るとは。あと3Lで警告灯点灯ポイントなのは前回確認済み。ハーフまで30L、そっから警告灯まで15Lってのは、リニアじゃないのは元より知ってはいるけど、ちょっとねえ。

記録を見たら、ガソリン代は6月くらいの価格まで下がっていて、大分マシになった。が、WTIの数値と比較するとまだ割高なので、まだ下がるだろう。実は明日から下がりそうでもあったのだけど、面倒だから入れちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/02

ペナルティ

SC中、ピットレーンクローズ中のピットイン給油は、ストップアンドゴーペナルティと明確に決まっていて、論議の必要なくレース再開されたらすぐペナルティが出てしかるべきなのに、実際には、レース再開されてからしばらくしてようやく審議中表示。

これに疑問の声が上がっているのは当然かもしれない。理由は何かしらあるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランボルギーニ・エストキュ

Lambo1 Lambor2                                           

  • 長らく噂されていた4ドアランボがパリショーにデビュー。
  • 2010年生産開始の予定。
  • Q7のV12ディーゼル搭載もありうるとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/01

今日のいろいろ

  • ウイリアムズの2006、2007の累積赤字が$88ミリオン (92~3億円か)に上るとの事。何故今このタイミングでニュースになっているの?。

  • どうやら、長期的プランに基づいて戦力強化を図るべく銀行借り入れを拡大した?という事らしい。

  • 対照的に、トロロッソの2007年決算は$72万 (7500万円くらい)の黒字だったとか。

  • つまり決算期だという事か。

  • トロロッソのレッドブルからのスポンサーマネーは$50ミリオン以上(50億円程度か)だったとの事だが、つまりそれでほぼトントンであったと。

  • ミナルディ時代を含め過去10年間で初めての黒字決算だそうだ。

  • SAF1の買い手候補としても名前が挙がっていた、スペインのエイドリアン・カンポス氏、同じく噂に上がった、アギャグ氏と共同で、”F1へ向けたワンステップ”として、40%スケールの風洞と7ポストリグの建造に着手したと発表。

  • アロンソが第一希望のホンダ、どうも無理そうという事で、ハイドフェルドと、セナを候補として考えており、ハロー、以上のコンタクトをしているとフライ氏が認めた。

  • フライ氏は、アロンソにアドバイスも。”マクラーレンに行って、彼らは堅い(Rigid)だと分かった事だろう。BMWはもっと悪いと思うよ”。

  • セナは、複数のチームと、テストドライバーを含め交渉中と。(まあ誰でもそうですやね、この時期は)。

  • 金曜日を盛り上げる為?金曜のファステストドライバーに$1ミリオンの賞金を出そうという話があるそうで。FOTAの企画との事。

  • 2008年の最速ドライバーはライコネンだそうで。何でも、15レース終わって10回のファステストを取ったと。(時にポイント圏外、時にリタイア、でもファステストの記録は記録)。

  • これは2005年の自身の記録、そして2004年のMシューの記録に並ぶもの。(つまり、もう一回取れば新機録樹立ってか)

  • 残り5個は、意外にもコバライネン2回、ハイドフェルド2回、マッサ1回だそうで。うーん、成績に関係ない、という事か。ハミルトンは無いのも意外。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »