« JAF選手権 | トップページ | ワンメイク »

2008/09/24

エンジン内部清浄

昔買ったケミカルが余っていたので、ウイングロード君にも注入してみた。スロットルの上流に入れなさいという指示なので(マーチ号では注入場所を探すのに苦労した)、ブローバイのホースをちょいと外して泡を注入。

白い煙が消えるまで軽く空ぶかしと書いてあるのだが、始動数秒で煙はあっという間に消えてしまう。これで効果があるのかしらん?と思ったので、注入量を増やしてもう一度。缶の重みが大分減ったので、注入は出来たと思う。そして一応燃やしきった。

実はこれ自体は本題ではなく、この過程である事を発見。

スロットルの上流、、という事でスロットルを探したのですが、見慣れたスロットルワイヤーや、ドラム、バネが見当たらず、それと思しき場所には、どう見てもアクチュエイターモーターとセンサーのワンセットが装着されていた。

この世代って既に電子制御スロットル(アクセルバイワイヤーとも言ったか)がくっついていたのね。確かに、超低排出ガス認定で☆3個ステッカーがリアガラスに貼ってあったりもするので、鋭意開発(改良)された新エンジンではあるのだろう。

だからどうした、というハナシでは無いのですが。

そうそう、純正オーディオを載せ代えたおまけ効果がありました。マニュアルシフト時につい手の甲か指でオーディオのスイッチを押してしまい曲が飛んだりする、というちょっとした問題が発生していたのですが、載せ代えた2din機ではその当たる部分にはディスプレイしか無い、ので問題解決。

|

« JAF選手権 | トップページ | ワンメイク »

「マイカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/42581717

この記事へのトラックバック一覧です: エンジン内部清浄:

« JAF選手権 | トップページ | ワンメイク »