« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/09/30

効いた~

今日の帰宅途中に雨が降り出した。(というか、雨が降っている地域に突入したのが正しいかも、どっちか不明)。そこで、昨夜遅くに雨の中油膜とりゴシゴシやったのを思い出した。おっ、効いてるやん。うっとおしかった油膜がキレイに落ちてクリアな夜雨の視界でした。これを使ってて今までで一番効果を感じたと思う。

ちなみにマーチ号の時は、油膜ではなく雨染み?とかいうところに症状が進んでいたので、結局ガラス屋サンで薄皮1枚削ってもらいましたか。安くは無かったので実施はフロントガラスのみだったっけ。多分当時はブログに書いてないと思います。

効果があったので写真を掲載。今でも売ってるのかしら?

Dcf_0001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/29

油膜

おそらく初の雨の夜走行でした。油膜ひどっ!エアクリーナーよりこっちのが優先事項でしたわ。洗車セット(もちろん長らく使っていない)ケースから取り出しましたる、必殺キイロビン120。AUTO TECHって買ったの何年前だよって感じ。しかしまだ凝固しておらず使えそうだ。明日も雨のようだから、今やっちゃうか。うん。

20~30分でとりあえず完了。暗い中では一応落ちたような気がするが、明日夜にまた降っていれば効果が確認出来る。(今日走りに出たりはしません。夜遅いし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/28

シンガポール 決勝

いやーSCか。

  • なんとアロンソ勝っちゃった。チームメイトがつくったSCと、積むかと思ったら逆のショートだった組み立てがキッチリ嵌って、その上で元から今週末は速かったクルマをキッチリとトップチェッカーへ導いた。素晴らしい。
  • SC出るまでは、マッサ逃げつつハミルトン追う、ライコネンも追い上げ開始、(2強っても3人だなーとも思いつつ)、ガチンコのバトルが見られるかと思いきや、それが崩れたのはちと残念。
  • その後のフェラーリは自滅。きっちり3位を取ってきたハミルトンがぐっと優勢になったな。2度目のSC後も、特に攻める気は無かったと。まあ必要は無かった。
  • ロズベルグは、10秒ストップペナルティ、あったよな確かに。あの後戻った位置が3番手だったのは、さっさと入って、SCランの先頭に立って、その後キチンと逃げたから。勝てたかもしれないレースを落として残念というところか。
  • グロックも良くまとめた。TV放送でも言ってましたが、2-3-4番手に初年度、2年目、3年目のGP2チャンプがその順番で並んでいたのは面白い絵だった。
  • レッドブルは良い判断だったのに、結果出ないなー。

てなとこか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイングロード 改装3

スーパーオートバックスで、買って来ちゃった。で、満タンまで置いておこうかなと思っていたけど、それも面倒だから装着しちゃいました。まだ試走はしてないので、感想は後ほど。

Box エアクリーナーボックスはここ。

 

 

 

 

Normal 外したノーマル。意外と汚れは少なかった。

 

 

 

 

Blitz ”BLITZ SUS POWER AIR FILTER ”を

装着したところ。「低い圧損」は期待している性能だし、それを謡っていたので、並んで売っていたHKSよりこっちにした。

にしても「鮮やかなブルーフィルターでファッション性アップ」はまあこうやって見るとそうかもしれないのだけど、閉めちゃったら全く見えないやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/27

シンガポール、予選

ナイトレース、TVの見栄え良いねー。バンピーいいじゃん、最近、雨でも降らなきゃ面白いレースにならない傾向がほの見えるし、これも有り。

  • あはー、アロンソクラスでも、立ち上がりくるん、やっちゃうんだ。調子よさげだったのでトラブル残念。
  • ベッテル好調持続。上に来ても話題にならないくらい当たり前に。
  • グロックも好調。
  • ナカジマも良かった。Q3にも残れたし、ロズベルグの隣だ。悪くないし、ウイリアムズも良く仕上がっているのだろう。
  • しかし、Q1ではほぼ対等で、これはー、と思ったらQ2で結構差がついちゃって残念。やっぱチームメイトに勝たないとね。(ロズベルグを正面からアウトクオリファイし続ける事が出来たら、トップチームのショッピングリストに載れるかも、というハナシではあるのだけど)

さて、タイム推移を見てみよう。

Singapore_q 

「singapore_q.xls」をダウンロード

  • んー、マッサは何周分なのかな。
  • で、Q2ミスったせいで全く読めないハミルトン。
  • フロントロー対決で真っ向勝負だー、って言ってたら全然違う展開になった事があったっけな。
  • SCとか。
  • コバライネン以下、ロズベルグまでが堅実に積んで来たグループかな。
  • ベッテルは今回もしっかり積んで来た感じ。トロロッソはあんまりギャンブルしないのかな。(前回のレインセット?はともかく)
  • ナカジマについては、予選順位は10位でいいからギャンブルでがっつり積もう、という事であろう。ピケみたいな事が、起きる、かも、しれないし。
  • トゥルーリ、アロンソが同じくがっつり積んでくるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モントーヤ

初ポール!も再車検で車両違反が発覚し42番手グリッドへ降格だそうで。残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/26

ウイングロード中間

初満タンにしてから、450km走破。燃料計の針はまだハーフ線(実際にはハーフじゃないのだけど)の上にいるので、結構な数字が期待出来そうな感じになってきました。最初の200kmくらいFの上に張り付いたままだったので、大丈夫か?と疑ってしまいましたわ。

警告灯が点いたところで45L入ったので、通常入れたくなるポイントで入るガソリン量は概ね40Lくらいかな、と。そこまでに800kmをマークすれば、マーチ号でも滅多に出なかった20km/Lという計算。流石にそこまでは無理かな、とは思いつつ、マーチ号に遜色ないレベルは期待出来そう。

第一印象はやっぱ1.5Lはアンダーパワー気味かな、でした。が、走り始めたら、やはり1.5倍の排気量→低速トルクもほぼ1.5倍という差は大きくて、車重は1.5倍無いですから、トルクに余裕があります。

結果、より低い回転を保ち、限りなく薄いアクセル開度で、高いギアを維持したまま走れ、増量がかかる回転域は一切使わないで走れるのです。これは、ひょっとしたらマーチ号より燃費としては良いかもしれません。

しばらく乗ると、やはりマーチとの差は歴然で、音、振動、乗り心地、疲れなさ、かなり違いますね。エンジンをかけた時のガワっていうちょっと質の低い透過音を最初に聞いた時は、これはー、、、とちょっと思ったのですが、気になったのはそのくらい。

今回の満タンを走り終わったら、タイヤ空気圧増量(現在は車検整備で正規指定圧)と低抵抗エアクリーナーフィルターを投入したい。エアクリーナーはシルビア、マーチと吸入抵抗が減ったなー感を体感しているので、是非入れたいアイテムです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そういえばクルサード

イタリアGPを期にアーリーリタイアか?なーんて噂もあがっていましたが、何事もなくシンガポールには登場しましたね。なーんだ最後まで、か。と思いつつ、ちょっと待てよと。初開催の新しい公道コース、史上初のナイトレース、それは多少頑張っても走っておきたいよな。

次は昨年かなり手ひどくこきおろしたフジスピードウエイなんだけど、どうなんでしょ。ま、この時点で発表が無いという事は、このままなのでしょうかね。イギリスGPのときは何曜日に発表したっけ?(覚えていない)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界最速SSCのEV

Ssc_ev 

 

 

 

BusinessWeekより。

----------------------

先週、SSCのウルトラエアロが最速生産(プロダクション)カー記録を保持して1年間が経過した。記録は256.18mphである。これはケーニンセグCCRやブガッティベイロンの記録を破って打ち立てたものだが、記録が1年以上保持されたのは、マクラーレンF1が240.1mphの記録を7年間保持して以来初の事となる。

そして今、SSCはウルトラエアロのEV版を開発している。500馬力のEVが2009年後半に登場する予定で、1000馬力の4wd EVも検討されている。プレスステートメントによると、

「開発中のドライブトレインには革新的なパワーソースが用いられ、充電の間隔を数年単位にする事が可能である」 ・ ・ ・(いきなり眉唾っぽいので原文を掲載。ソースはまとも(のはず)なのですが、、)

The drive train under development will feature a revolutionary power source allowing for extended time between charging intervals with the possibility of several years between charging."

技術的な詳細は明らかにされていないが、SSCによると、最初のプロトタイプは2009年2月にロールアウトする予定だ。(すぐやんっ)

この革新的なドライブトレインについては、我々(BW)も、どんな計画なのか全くノーアイディアだ。しかし、この会社が過去に発表した事を必ず実現してきた実績に敬意を払い、疑うのはちょっと置いておこう。

しかし、数年間というのは途方も無い。あるいは、超小型核発電なのかもしれない。

SSCの創設者、ジェロド・シェルビー氏はこう語った。「私が思うに、我々はそれを他のマニュファクチャラーより迅速に、よりリーンに、そしてクリーンに実現出来る」。

SSCのフィロソフィーである、常にベンチマークであれ、に忠実に、SSCの次のターゲットは最速EVである。

---------------

繰り返すが、出典はBusinessWeekだ。ホントかしら?

http://www.businessweek.com/lifestyle/content/sep2008/bw20080925_308061.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビルニューブ復帰

とは言ってもF1でもIRLでもNASCARでもない。この週末アルゼンチンで行われるトップシリーズというハコ車レースに出場するとの事だ。彼のマシンはVWパサート。同じく元F1ドライバーである、ノルベルト・フォンタナ(懐かしい名前やー)、ガストン・マッツァカーネ(同じく)と闘う事になる。

会場は、ブエノスアイレスのファン+オスカー・ガルベスサーキット。マシンはV6 3Lエンジンで、グリッドは40台以上埋まる人気レースとの事。ビルニューブは事前テストも行い、「勝ちたいね」という事でレースに臨む。

結果も報道してくれるといいなー、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シンガポール

はナイトレース、きっとライコネンが活躍するはずだ、、、という記事がちらほらと目に付く。

そうそう、どうせ2010のハナシでしょ、という事で取り上げてかったんですけど、サンタンデルがフェラーリについてアロンソとセットというハナシが依然あるようで。しかし、このご時勢、銀行業界にそんなに余裕資金があるのか?と。INGも含め、欧州方面は大丈夫なんですかね?

ハム君控訴審、興味なしノーコメント。ショートカットもそうだが、危険なドライビングこそもっと問題視すべき。不必要に攻撃的というか、、、有る意味スマートに手間をかけずと言うべきか、あのくらい有りかもしんないけど、ちょっとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/25

いろいろ

  • 数週間前、マクラーレンがその契約を買うのでは、という噂が流れた(そうだったの?)らしいロズベルグに、BMW移籍の噂が。その場合、ハイドフェルドがウイリアムズに入り、シートを交換する事になるんだそうで。
  • マクラーレンの噂はコバライネン2009コンファームドで終了だったとか。BMWは現時点で2人ともコンファームしていない、そしてロズベルグにはパフォーマンス条項を行使する権利がある契約ではなかったかな?と。権利発生は2010だったかもしれません。発動条件は満たしていると思いますね。
  • ヤマモトサコンがLMSのローラ・アストンマーチンLMP1を先週テストした(された)そうで。2009LMS参戦の可能性も有るそうな。カロウズ・システムチームでは来期2カーエントリーを考えており、そのドライバー候補の一人だとの事。彼らのチームは今年表彰台を獲得している。
  • チームオーナー、トニ・カロウズ氏はこう答えた。「我々は、彼とその周囲の人々を良く知っており、彼らはヤマモトを来期スポーツカーでレースさせることに興味を示している。彼は若く、速く、そして良いスポンサーを持っているんだよ。」
  • マックス・モズレー氏は、コモンエンジン・サス・ギアボックス案を推し進める考えを語った。「エンジンを他社から買ってきてその会社のバッジを付けるのは普通のビジネスだよ。とにかく、コストカットをもっと真剣に考えないと、10年以内に大きな問題が発生する事は間違いない」
  • 先週、レッドブルとトロロッソを交互に乗ったベッテル、「RB4にはポテンシャルがある。けど、STR3の方が速いね。」とコメントしていたそうで。オーナーのルノーがハンディだ発言は紹介されていましたけど、こっちのは見ていなかったので。
  • ただ、トロロッソのトスト氏によると、「沢山のレギュレーションチェンジが2009以降やってくる。トロロッソは付いていけないよ。レッドブルに行って、トップチームへのステップを踏むのが彼には良い」、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/24

ワンメイク

最近のフリーズに伴う諸問題に対応する為か、エンジンを共通部品にしよう、という案が浮上しているのは周知の通り。モズレー案、もしくはFIA案としては、プラス共通サスペンション&共通ギアボックスというのもある模様。

エンジンを共通化した時に現代のF1を支えている大メーカーがその活動を継続するかどうか、はともかく、エンジンはコスワースのワンメイク、に近い時代もあったので、不可能なハナシではなかろう。

突然、エンジン(とギアボックス)の入札をしまーすっ。てのも、可能性として排除は出来ないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

エンジン内部清浄

昔買ったケミカルが余っていたので、ウイングロード君にも注入してみた。スロットルの上流に入れなさいという指示なので(マーチ号では注入場所を探すのに苦労した)、ブローバイのホースをちょいと外して泡を注入。

白い煙が消えるまで軽く空ぶかしと書いてあるのだが、始動数秒で煙はあっという間に消えてしまう。これで効果があるのかしらん?と思ったので、注入量を増やしてもう一度。缶の重みが大分減ったので、注入は出来たと思う。そして一応燃やしきった。

実はこれ自体は本題ではなく、この過程である事を発見。

スロットルの上流、、という事でスロットルを探したのですが、見慣れたスロットルワイヤーや、ドラム、バネが見当たらず、それと思しき場所には、どう見てもアクチュエイターモーターとセンサーのワンセットが装着されていた。

この世代って既に電子制御スロットル(アクセルバイワイヤーとも言ったか)がくっついていたのね。確かに、超低排出ガス認定で☆3個ステッカーがリアガラスに貼ってあったりもするので、鋭意開発(改良)された新エンジンではあるのだろう。

だからどうした、というハナシでは無いのですが。

そうそう、純正オーディオを載せ代えたおまけ効果がありました。マニュアルシフト時につい手の甲か指でオーディオのスイッチを押してしまい曲が飛んだりする、というちょっとした問題が発生していたのですが、載せ代えた2din機ではその当たる部分にはディスプレイしか無い、ので問題解決。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/22

JAF選手権

今日届いたJAF SPORTに公示。

-----

1.全日本選手権はFNとF3の2部門で構成される。

2.地方選手権は以下4部門で構成される。

  1)F4、2)S-FJ、3)FJ1600、 4)ツーリングカー

   FJ1600:2009年12月31日を以て地方選手権タイトルは付与されない。

----

ふーん、GTとかS耐は全日本じゃない、そういえばS耐でも国際Cが無いと出られなかったりするのだけど、そういう事なのか。つーことは、FNはAライで出られるのかしら。実際は有り得ないとはいえ。

というハナシはさておき、どうやら2009年中はFJ1600にもJAF選手権がかかる模様です。筑波では8月のレースの際に主催クラブから筑波では来年もFJ1600やります、JAF選手権がかかるかどうかは未定ですが、とブリーフィング時に発表があったわけですが、これでめでたくJAF選手権もかかる、と。他のサーキットはどうするのかな?

(どちらにせよ、自分には関係ないハナシではあるのだけど~)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイングロード改装2

今回はオーディオ載せ代え。マーチ号の時に導入した日産純正MDCDを外しておいたので、ウイングロードに装着。当時は知らなかったのですが、今回ウイングロードの中古を買いましたって事で当時のカタログを日産から頂いたのですが、それを見たら、このMDCD機、どうやらウイングロード用のモノそのものだった模様。

1 ←先ずパネルを外す。ネジは2本だけで、あとはパッチンはめ込みだけでした。最初は力入れて引っ張ってよいものかちょっと迷った。

 

 

 

 

2 ←ここから外すネジは4本。これで1DINオーディオと、セットの小物入れがごそっと外せます。

  この4本は問題なく外れたんですが、オーディオ本体とブラケットを止めているネジ堅過ぎでギブアップ。工場トルク高過ぎ。またしてもプロのお世話になりました。

 

 

3_2 ←で、本来の?居場所に戻ったMDCD機、無事装着。と言っても、実はナビとセットのオーディオ部で、ナビはオートエアコン装着グレードにしか付かず、オートエアコンだとエアコン操作部はオーディオのしたに移動、なので純正では有り得なかった配置なのでした。

 

 

4 ←パネルをくっつけて完了。当然ながら色合いはバッチリOK。少し右に寄っているのが気になったのだけど、まあいいや、と。いずれ全外ししてブラケットを曲げ修正するとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/20

筑波FJ第5戦振り返りー決勝

では決勝を振り返って見ます。今回はコースインラップがなくなったので、いつもならスタート前に都合2周するのが今回はフォーメーションの1周のみ。まあタイヤはほっといても暖まる天候ではありました。

ともあれ、最初のタスク、無事にグリッドに付くというのは最初からクリアされているわけです。壇上に上がらされドライバー紹介を受けクルマに乗り込みます。グリッドが近いところで良かったー、というシーンでした。

5分前、3分前、1分前エンジン始動、グリーンフラッグでフォーメーション開始。当然ながらここでスタートをシミュレーション。ふむ、もうちょっとアレしても良いかな?と設定をちょいと修正。

戻ってきてグリッドにつく。後続が並び終わるまでしばし待つ。5秒前ボード表示、エンジン回転アップ、赤信号点灯、そして消灯スタート!修正はどんぴしゃ、ミートもOK、その後の右足トラコンもOK、滅多にしない全開加速での1-2アップもOK。

OKを並べた結果として順位をひとつ上げて、1コーナーを4位で通過。前回は同じように1つポジションを上げて2位で通過したら赤旗やり直しだったので、後ろでクラッシュすんなよー、とか思いつつ前を追う。

4番手走行。内容はともあれ3位表彰台はもう取ったので、守るものは無くひたすら前を追う。微妙に間隔があくも何とか離されずにいたら、後ろが千切れていった。前回は最初から最後まで押さえ込んだ相手だったが、それを引き離せたのは大きい。

スタートで抜いた5番手のクルマも、ときおりこちらのインを伺うような動きもあって最初はこっちも反応していたのだけど、刺されるようなスピードは無い事がじきに分かったので放置。とにかく前にくらいつく、事に集中。

このピリピリする緊張感は実にたまらないもので、これを知ってしまうと、これ以外の時にぬるい、と言われるのも当然だな、と走りながら納得。じりじりと開きそうになる差を、なんとか踏みとどまって4周、5周目だったか?間を詰めようとスピードを上げた最終コーナーで自分がスピンして脱落。

もう一歩、と踏み込んだときにやるスピンのパターンでした。そういう時の対応がまだ修正出来ていないという事だし、練習でそこまで追い込めてないという事でもあります。

その少し前からタイヤが早くも厳しい反応を返し始めていたのですが、これは運転の仕方もあっただろうし、予選でスピンを繰り返した分タイヤの状態も良くは無かったという事もあったのかな、と。

幸いにもコース内に留まって、後ろが空いていたのですぐに再スタートが出来ました。その時点ではまだシングル圏内。シングル後半のある1台と並んで1コーナーに入って行く形になりました。自分はアウト側です。

このまま並んで立ち上がっていけば1ヘアで前に出られる、とまあちょっと欲を出した分アクセル開けすぎたかな、てな感じで再びのスピン。今度は後続集団が全部来て、全部通り過ぎるまで再スタート出来ず、走っている中での最下位、24だか25番手まで落ちました。

どんじりから追っかけて抜いたり、前で勝手に潰れてくれたり、でちょっとだけ順位を回復し19位でチェッカー。周回遅れにはならずにフィニッシュ、クルマも無事。でしたが非常に悪かったのは、再々スタート後のラップタイムが全く上がらず惨憺たるものだった事。

P-LAPでタイム見ながら、なんじゃこのペースは、と思いながらも戻せませんでしたね。

ともあれ、前を狙うという走りが出来、4~5周とは言えトップ集団に入って走れた事で得たものは大きかったし、チーム内外含め周囲の評価も3位表彰台より格段に良かったのでした。結果はダメでしたが内容が次につながるものであった、、、前回と真逆。

まあ、獲れる時に獲っておくべきものを獲ったので、今回の走りが出来たと理屈をくっつける事も出来るし、4位を守ってフィニッシュするつもりだったら出来ましたよ、なーんて言っちゃっても、一度やって見せているので、吹くんじゃねーよ、とは言われません。

という事で、残り1戦、ラストレースでいろいろ結実出来るように頑張りたいと思います。シリーズ賞金がもらえるポジションにいる事はいるのですが、それは本当にどうでもいいんです。締めくくりに相応しい内容のレースにしたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/18

ヘレス

午前中のタイムはこんな感じ、で雨が降り出したそうな・ ・ ・

1 Vettel         1:18.001
2 Heidfeld      1:18.167
3 Di Grassi     1:18.999
4 De La Rosa 1:19.281
5 Wurz          1:19.499
6 Sato       1:19.574
7 Kobayashi   1:19.863
8 Nakajima    1:21.892

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/17

筑波FJ第5戦振り返りー予選

さて、さくっと振り返ってみましょうか。先ずは予選。

早朝、受付の時間辺りには小雨がパラついたりして、今日は面倒なコンディションになるかなー、と思っていたら、予選の時間には普通に晴れてきていました。つまり、夏路面での予選となったわけでした。

出走順は前回順位だったので3番目。空間をあけるとか考えずに普通に出て走れる場所でありました。走り出しは悪くない感じで、前の2台にも付いていったのでしたが、イマイチタイムが上がってこず、そうしているうちに自分がミスをしちゃいました。

で、一度ペースを落としてアタックする空間を探しつつ、誰か速いヒトこないかなー、と。そこへ、このウイークのプラクティスでずうっと調子良さげだった89号車がやってきたので、ではちょっと済みませんが乗らせて頂きます、と後ろに付いてアタック再開。

その直後のラップで、今回の予選タイムとなった0秒9を記録、更にタイムアップを狙って攻めたら次のラップでスピン、、、この攻め込んだ時にスピンしちゃうというのは乗り方が悪いだけで、でっかい要修正ポイントです。

このタイムで5番手が取れたので良かったのですが、6番手とは0.022秒差、7番手とは0.029秒差で、相当ギリギリの線でした。電光掲示板に乗れる範囲(6位まで)かどうか、は気分的にかなり違うので、この差は大きいです。

今回の予選で0秒台に入れたのはこの7番手まででした。8番手との差も小さいのですが、0秒台に入れたかどうか、でもイメージが大分違いますね。

さて、最大の反省点はこの後で、ポールを取った89号から離れてしまった後は全くタイム更新が出来なかったのでした。誰かの後ろについても、単独で走っても。単独でタイム出せないとねー、ダメでしょ。

夏路面で後半はタイヤが既に、、、という言い訳も無いではないのですが、単独で出していないという事実は変わらないわけで。

単独にもこだわりがあったので、タイヤたれてタイム更新出来ない=さっさとやめてタイヤ温存、という事は考えず、チェッカーまで全力で走ってしまいました。L1を見て、イチかバチかの1コーナー目一杯突っ込みっ、あえなくスピン。タイヤを更に痛めてしまったのでした。

今から考えると、決勝でどうなるかはこの時点で見えていた、という感じですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秘密兵器

マクラーレンのシンガポール用秘密兵器だってさ。地味~に笑えるかな??

登場は1分くらいのところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/15

パンターノ

F1経験があり、今年GP2でポイントリーダーを走っていながら、これまで来期F1シート獲得話の噂に全く名前が挙がったことは無かった。ついにチャンピオンを獲ってしまった。

年齢の問題なのだろうか?グロックもカムバック組だけど、年齢的にセーフだったという見方は正しいのであろうと思う。

これまで3年間、GP2チャンピオンはF1シートを獲得し、かつちゃんとF1で結果を出してGP2チャンプの価値を高めてきた。その伝統も終わるのだろうか?見出しのみ見ただけですが、ロン・デニスは既に2008GP2はレベルが低い的な発言をした模様。

何とかなって欲しいな、とは思いつつ、、、出来れば日本人に頑張って欲しいしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BMWもEV

英AUTOCARより

Bmw

 

 

 

 

  • BMWが”メガ・シティ”カーの開発中である事をCEOのライントファー氏が認めた。USとEUの公害法規に対応する為である。
  • パワートレインは2種類、高効率の内燃機関と純電動である。
  • 電動バージョンはカリフォルニア規定に準拠する為、航続距離は200マイルとされる。
  • 発売当初は、販売のメインはスーパークリーンな内燃機関仕様になる見込み。
  • このクルマがBMWバッジをつけるかどうかは決まっていない。
  • BMWはグリーンカー用に4つ目のブランド名の設定を検討しており、”イセッタ”の復活も可能性として挙げられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/14

イタリアGP 決勝

神の配剤、と言わざるを得まい。

  • ベッテルーーーー、素晴らしい。文句の付けようの無い(たらればはあるんだけど)勝利。コバライネンをぶっちぎって見せたのだから、完璧な勝利でしょう。
  • この状況で勝てなかったコバライネン、、、、
  • 何気に表彰台、クビカ。
  • 例によって意味のないところで無駄に速かったね、ライコネン。

あとはいーや。

で、たられば。

中盤かなり私はひやひやしていた。テレビほったらかしてライブタイミングかぶりつき。もし、雨が降り続けていたら、もしスタンダード向きへの路面状況の変化が無かったら、、、

実はベッテル、あの時点まで驚異的なラップで追い上げを見せてすぐ後ろ(1秒後ろ)まで来ていた”ワンストッパー”、ハミルトンにやられていた可能性が高かった。エクストリーム向き路面+エクストリームではハミルトンの方が速く、そして残りはピット1回づつ残しだったのだから。

それはそれで見てみたかった、というかその状況でハミルトンをやっつけて欲しかった、とあえて言おうか。

ともあれ、雨が減り始め、スタンダードへ(おそらく予定外の)2回目のピットへハミルトンが向かった時には、よっしゃー、と声に出して一安心でしたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波FJ ランキング 5戦終了時

さくっと入力してみたら、今回ノーポイントに終わったのですがランキングは落ちず5位のままでした。

Tsukuba_fj_ranking_2008

「tsukuba_fj_ranking_2008.xls」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波FJ第5戦 公式リザルト

予選

Tsukuba_rd5_q_3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝

Tsukuba_rd5_f_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波決勝ー写真

とりあえず写真。

Dscn3477 ←予選5番手を表示している電光掲示板。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dscn3480 ←5番グリッドから前を見る。

 

 

 

 

 

 

Dscn3482 ←罰ゲームのような、新企画スタート前のドライバー紹介。(決勝スタート直前)

 

 

 

 

Dscn3483 ←こんな風に壇上でグランドスタンドにご挨拶。

(従って、いつものコースインラップは無く、この後既にグリッドに並べておいたマシンまで歩いていって、それから乗り込んで、メット被ってベルト締めて、5分前、3分前、1分前、フォーメーション開始)

 

 

Dscn3485 ←グリッドにて

 

 

 

 

 

Dscn3486 ←グリッドにて2

 

 

   

 

 

Dscn3488 ←グリッドにて3

 

 

 

 

 

今日は完走しただけなので、写真はこんだけー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波決勝

決勝終わりました。スタートで4位に上がって、3番手を追いかけるもスピンしちゃいましたっ。
19位完走。

はよ帰りたいんだけど、正式結果が遅れてて、片付けられん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波予選

予選が終わりました。グリッドは3列目、5番手です。朝は雨がパリッと来たりしてましたが、今はバリバリ晴天になり、天気予報はどこへやら。
とりあえず、前回の結果がフロックでは無い事が示せる順位を取れて一安心です。ただし、攻めて行ってスピンを複数回やってしまった事、まだまだ直すべき修正点が多々残っている事、など反省点には事欠かないです。

パドックに戻って来た途端、「ゼッケン12番のドライバーはタワー3階までお越し下さい」と呼び出し。何だろ?ペナルティ貰うような事はやって無い筈だけど…、と思いながら急いで行ったら、スピンが多かったけど問題は無いですね、という確認でした。ふう。

決勝は2時間半後、いつものようにまったりと暇な時間を過ごしてます。
落ち着いて、頑張って行きましょー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/13

イタリア予選

今日は手抜き、と思ったけどやはりデルタを見たいぞ。

  • Q1で映った何台かのシケインの縁石乗り、4輪とも白線の外(コースの)にでちゃっているけど、あれはショートカットではないかしら。
  • わお、ベッテルいいぞー。コバライネンにガチで競り勝ったのは大きい。
  • まあコバライネン面目躍如かな。ただし、こうなると勝たないと、、、ね。
  • こういう時に光るロズベルグ、これが必要なんだよな。しっかり積んでるみたいだし、それでマッサの上を取れている。
  • トヨタは着実に。
  • ルノーのコンストラクター4位狙いは、実質1対2の戦いでキツイな。
  • 沈んだヒト達のあっという間の浮上はあるか?
  • ボーデはちょっとミスったかな。
  • トゥルーリ以下4名は更に多めに積んでいると思われるが、ギャンブラーはいるか?

Italy_q 「italy_q.xls」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイングロード 改装1

とりあえず、見栄えオンリーでマフラー出口おもちゃを装着。実はマーチ号からのキャリーオーバーなのですが、サイズピッタリ。

Wingroad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜テスト

今日は水曜日の反省を踏まえての走り出しはまあまあも、ちょっと油断すると悪いところが出てきてしまう感じでした。まさかのタイヤトラブル(パンク)発生で予定していたプログラムを終える事が出来ませんでしたが、まあ今からジタバタする話でも無い、というところ。

現時点での天気予報は終日曇りですが、パラっとくるだけで状況が一変するので、殆んどあてにはならないなー。まあ、気温は今日より大分下がりそうではあります。

前回の予選で損傷したノーズもきれいに修復。AUTOLOOKステッカーを(初めて!)貼って頂きました。

Dcf_0003

さあ、頑張って行きましょ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/12

イタリアGP 金曜フリー

ちょうど時間が合ったから、ライブタイミング見てた。所詮金曜フリー、しかもウエットスタートなので参考にはならないのだけど、セッション残り1分になってから全車(どこぞのグラベルで止まってるピケを除く)コースインって、なんじゃそれ?

いつもこうなのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/11

気が付けば

今週は筑波FJ1600のレースウイークですが、そういえばイタリアGPと重なってるのね。

どうやら茨城県の日曜日は、雨まじりで迎えることになりそうです。どう転ぶやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/10

トロロッソ

渦中のトロロッソ、フェラーリエンジンの契約を更新したという発言がチームから出ている模様。フェラーリエンジンとそのサポート体制に満足しているとの事。レッドブルに持っていかれるわけでは無い、と。そしてBMWエンジンもホンダエンジンも必要無い、と。

ドライバーがエンジンとセットパッケージな場合には、シート獲得の道が少し遠のいたかも。そういえば、ここに来てフォースインディアがホンダ?という噂もあり、こちらは更新出来なかったのかも。ひょっとして本家レッドブルもフェラーリに戻ったりして?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイドフェルド2

アロンソBMWの噂が、ハイドフェルドのロロッソ入り?という噂を呼んでいたわけですが、アロンソの後任としてルノー入りという説が浮上。

んまー、いちいち取り上げていたらキリが無いのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初給油

ウイングロード君が納車されて10日目かな、警告灯が点いたので初めての満タンに。入った量は約45Lでした。50Lタンクかな?マーチ号では給油ガンをフルに握れない(燃料ホースの都合か、流入速度が制限されちゃっていた)というちょっとした面倒があったのですが、さすがに全開握っても問題無し。セルフしか行かないので、助かりますね。

さて、ここから初の燃費確認開始です。いくつくらいかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水曜テスト

レースウイークの水曜テストをやって来ました。かなりダメダメ君~。

運転手のどこかに何か根本的におかしいところがあるので、それを発見すべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/09

デビッドソンにも

来期トロロッソ話はあるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/08

やはりペナルティ

大方の予想通り、順位降格をともなうペナルティ発動。フェラーリ寄り、という表現を昨日は書きましたが、あの1コーナー抜きはよろしくなかったかもしれません。

最終シケインで仕掛けたハミルトン、こらえきれないと見て取るや一気にステアリングを左に切って、ストレートスピードに影響しない最短距離で突っ切ってスピードを乗せた、ように見えました。

シケイン不通過は知っているので一応順位を譲って、でも元々高い速度を稼いでいた分もあり、もう一度アクセルを踏めば刺せる状況。ここでそう出来たのは元々のショートカットでいろいろ稼いだからでしょ、と見る事は可能。

もちろん、そこに至るまでの状況を見れば、どっちにせよマッサは抜かれていた可能性が高い。あの1コーナーを我慢しても、オールージュを上がった次のストレートエンドで抜けたのではないかな、と思います。たらればは無しよ、なのですけど。

黄旗区間でしれっと相手に抜かさせちゃうなんてのは、さほど珍しくないダーティ?テクニックというか駆け引きのウチ。裁定はフェラーリに有利に出る、と自信を持った上で、かつこのままでは守りきれない、という冷静な判断を加え、ここで抜かさせればきっとペナルティが出る、勝つ為にはそれしか無い、と実行したのであれば、、、

それは凄い事かも。(オリジナルでマッサと書いたところ取り消しです。ライコネンでした。彼はそのあと自爆して果てたので、高等判断などどこにも無かった、と。)

という冗談はさておき、結果としてチャンピオンシップは当初の予測に沿った2人抜け出したマッチレースに近づきました。まだ分からないですけどね。”不運”なリタイアが出ないとは言えないし。

こうしてランキングを眺めてみると、やばいのは昨日コメントで触れることも全く無かったコバライネンかな。あんだけドタバタしたレースやったのだったから触れても良かったのだけど、あえてムチ打ってもねえ。

しかし、チャンピオン争いが出来るマシンに乗って、ランキング6位はマズイでしょ。ハミルトンはデビューから表彰台だったし、冷遇?とされていたアロンソも最後までチャンピオン争いをしていた。残留できるかもしれないけど、クルサード・バリチェロ路線が、、、

(この2人は何勝も、タナボタじゃなくてしてますが)。

あ、でもチャンピオン獲得より、長い現役F1ドライバーが望みならそっち路線も有りかも。もう2年目も終盤だから、来年更に化ける、可能性はあんまり、、、、

しかし、GP2チャンピオンで上がったヒト達はきっちり結果を出して着実に地盤を固め、そうでなくて上がって来たヒト達と明暗が分かれていますね。そんなにも、差があるのだろうか。

GP2チャンピオン:ロズベルグ、ハミルトン、グロック

GP2それ以外:ピケ、コバライネン、ナカジマ、もう去ったスピード、、、

手短にするはずが、脱線しまくり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/09/07

ベルギーGP 決勝

やっぱオールージュはいいなー。そこで何が起こるわけでもなかったのだけど、オンボードで1コーナー立ち上がってあれが見えるとわくわくしちゃう。

  • やっぱ軽かったのね、ハミルトン。期待はずれかと思った前半を後半で挽回、雨で魅せた。ファンではないのだけど、今回は素晴らしいとしか言えない。
  • まさかの復活?と思わせて、雨に負けたライコネン。脱落、、、かな。
  • ラストラップで5台抜きの3位表彰台、素晴らしい判断とドライビングだったハイドフェルド。レインタイヤとはいえ、アウトラップだから。
  • 手堅く4位はさすがアロンソ。今回ここに来れるクルマなら、来年は残留でしょう。
  • なに審議?またフェラーリ寄り裁定が出るかも。
  • STRいいね。TVには映らなかったけど、ボーデは最終ラップでミスったと思われるラップチャートです。ポイント圏内で戻ってこれて幸いだったのであろう。
  • なんとグロック滑り込みポイントゲット。ウエバー抜き返したのね。

意外なヒトの途中まで復活、タイヤが変わって攻守交替、最後の盛り上げに雨、退屈だったバレンシアの後だけに、面白いGPでしたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

コンパウンド

大物キズを板金塗装したらいくらかかるか軽く見積もってもらったら、なんと5~6万円になる事が判明したので、とりあえず手持ちのコンパウンドでどの程度まで改善するか試してみた。雨まじりだったので写真は無いですが、ぱっと見ではかなり分からなくなりました。概ねこれで充分かな。

それでも残ったところにはタッチペンを塗ってみよう、という事で日産用KYO色タッチアップを購入。こちらは今後天気の良い時に試してみましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/06

ベルギーGP 予選

Belgum_q 「belgium_q.xls」をダウンロード

 

 

 

 

  • まず今日はボーデか。一発を見せるのに時間はかかったけど、この調子で行ければ来年のシート確保の色が濃くなってくるかな。最近薄くなりがちだったから。
  • ベッテルQ3進出はもはや当たり前、目一杯積んで雨も含めて決勝の順位を取りに来た、と。期待してるよー。レッドブル移籍、、、今年中は嬉しくないかも。
  • トヨタ息切れ、トロロッソ浮上はエンジン分もあるのだろう。
  • しかし、その状況でルノーを3列目まで引っ張って来たアロンソはさすがと。
  • ナカジマは来年も乗れるのか?まあコバヤシも取って代わるほどの結果を出してはいないのが現状だが。
  • ホンダ、今の状況なら、そして後押しするくらい評価をしているなら、アジア連戦はサトウを乗せたほうがいんじゃね?ブラジルだけ引退戦として譲るって事で。来年様変わり、、、するかなー。
  • ハイドフェルド復活の兆し。Q2もQ3もグッドジョブ。
  • ハミルトンとマッサ、軽めではあるのだろうけど、Q2三味線の分もあるに違いない。このままマッチレースなのか?チャンピオンシップも含め。

こんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコンベント

納車時に、エアコンベントのフレッシュ・リサーキュ切り替えレバーがスタックしていて動かなかった(マニュアルエアコンなんです)。とりあえず納車は受け取って後日修理という事になっていて、昨日引き取られていった。

で、いきなり今日、「ボールペンが挟まっていただけで、直りました。明日持って行きます」と連絡が。納車前にちゃんとチェックしておけば済んだのに、気の毒とは言えるかも。ベントのところと、グローブボックスの奥は近いから、というところが原因であろうと想像は出来るけど。

さて、戻ってきたら、傷の修復を計画して、今回はナビをつけようかな、とか検討中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受理書到着

いよいよ来週末、筑波FJ1600第5戦の受理書が到着。今回はエントリー28台でした。主なタイスケは以下の通り。ピットは12番。

受付  7:00~7:30

車検  8:25~8:45 (車検場)

ブリーフィング  9:00~9:10

予選 9:25~9:45 (20分)

決勝コースイン 13:30

決勝スタート 13:45 (18周)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/04

ハイドフェルド

特に中身まで読んでいないので、タイトルだけからですが、残留を危ぶむ声があるハイドフェルドに、トロロッソ入りの噂が浮上している模様。もしそうなったら、”ベテラン”枠はそっちかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/03

デビッドソン

フランキッティがターゲットで復帰、ウエルドンはパンサーに移籍、にはびっくり。で、現ドライバーのメイラのエントリーを可能にすべくスポンサー活動をしている、までは想像の範囲内かと思います。

が、元スーパーアグリのデビッドソンが、そのセカンドシートを争う候補者として名前が上がっているそうで。うーむ、これはどうなんでしょう。ホンダのサポート、という事で記事では紹介されていましたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/02

アーリーリタイアメント?

サトウ(とブエミ)がトロロッソテスト参加決定というニュースで賑わっていますが、クルサードが早ければイタリアGPを最後に早期引退をして、即ベッテル移籍、というハナシが持ち上がっているようで。

確かに、イタリアGPが終わると、アジア3つとブラジルの海外遠征ラウンドですから、チャンピオンシップも、来年のシート確保も関係ない、とかなると精神的にも体力的にもモチベーション湧かないかも?という部分もあるかもしれません。日→中は連戦だし。

もちろん、F1カーをレースでドライブすることを愛しているとかでラストまで、というのもありですが、引退宣言前後からクルサードのパフォーマンスがぱっとしていないのも確かでしょう。(開幕当初からとも言いますが)。

残り3戦がアジアラウンドという事を考えると、とりあえず今年の残り4戦のみ、2009は別途(オプションと呼ぶかも)という形でのサトウの起用は充分にありそうに思えます。スーパーライセンスだって今年有効なのを保有しているはずだし、即出場可能。

それもこれもテスト次第なのか、既定路線であり、だからテストに呼ばれたのか、さてどちらでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »