« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/31

ウイングロード

マーチ号の後を引き継ぐ、ウイングロードが今日納車。いきなりエアコンのフレッシュ・リサーキュ切り替えレバーが不調で後日持ち帰り再整備になりましたが、まあ悪くない感じでした。1.5Lはアンダーパワー気味ではありますが、マニュアルなので問題無いでしょう。燃費も悪くない数値を期待。

Wingload

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/30

ダサくとも

全開の筑波FJの記事が今週のAUTOSPORT誌に掲載されていました。一応取材を受けたのですが、レース内容があれだったのでコメント掲載はなく、写真キャプションに「ペースが上がらなかった」とダサい紹介のされ方で載ってました。

次は前を攻めるレースをするのだ!という誓いを込めて掲載。次戦は9月14日。

Autosport1172

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライコネン

このところイマイチなせいか、引退説もくすぶり続けているライコネン、当然ながら2009年はフェラーリとの契約があるというスタンスを崩してはいませんが、ここに来て、引退ではなく、2009にBMWに移籍という噂が出てきたようです。

BMWとしてもアロンソが取れなかった場合には良いオプションではあるかと、、、ラテン系より北欧には近いから合うだろうし、とか考えていたのですが、そういえば出身チームではありませんか。

そう考えると可能性があるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/08/29

エンドレス賞

3位入賞のエンドレススカラシップ賞品が到着しました。

Dscn3469 フルード1Lとパッド 1箱。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/28

見えない

今日もPaddockTalkより

バレンシアでも(も、はフジを指します)、コースが見えない/見え辛いシートが数百人規模で発生していたようで、主催者は謝罪の上で払い戻しに応じる姿勢を見せているとの事。シンガポールは大丈夫かね?こちらは売り切れでシート増設しているらしいのだが。

記事には、オーガナイザーであるバルモスポーツの社長、ジョージ・マルチネス・アスパー氏(英語読み)が「謝罪をしたい」と語り、同時にチケットが売り切れにならなかったと報じられている事についても、そうだと認めた、と書かれています。

----

記事のタイトルが、「バレンシア、諸問題を解決しようと取り組み」 だったので、退屈だったレース展開をなんとかする方策に取り組んでくれるのかと期待してしまったのですが、違ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/27

2012エンジン

PaddockTalkより

オーストリアの新聞に、2012年からの新エンジンとして、小排気量ターボという案があり、ルノーとBMWがその案を強く支持しているというのがあったそうで。排気量は1.5L、ブースト1.5バールが提案との事。

次世代エンジンは何かしら”エコ”な要素を持たなくてはならないであろう、と思われる現代ですが、ダウンサイジング+ターボというのは既に市販車で始まっている現在の”エコ”の一つのスタイルではありますね。代表例がVWの1.4L。

新聞では、バレンシアの決勝の最高速トップ5台がフェラーリエンジン搭載車であった事を引き合いに出して、他メーカーは2.4L V8時代を終わらせたいと考えている、と書いています。

1.5Lターボの王者と言えばホンダだろ、と思いますがどうなんでしょうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/25

せいぜい

↓でどーせ、の後にせいぜい罰金、って書こうかとも思ったのでしたが、、、罰金でお終いでしたね。続報が無いので、フェラーリのメカさんは普通の怪我で済んだのでしょう。

ライコネン曰く、「自分のミスだ。少しスタートするのが早過ぎたんだよ。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/24

バレンシア決勝

うーん、風光明媚なのだろうけどサーキットとしては面白くないトラックだな。レースとしてもフェラーリがちょっとドタバタした以外は何も起こらないパレードで、退屈だった。1,2番手のピットインは早かったけど、レースには影響なし、積んだと思ったヒト達も特にアドバンテージ無かった。

  • レース後に審査ってのは、ペナルティ出しませんという意味でしょ、どーせ。
  • ハイドフェルドは期待はずれだった。
  • ベッテルは期待し過ぎた。上出来には違いないのだけど、、、
  • ワンストップ成功、グロックおめでと。トゥルーリもグッドジョブだった。

こんなトコかな今日は。あとは審議の結果と、フェラーリピットスタッフの怪我の様子のレポートを待ちましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/23

バレンシア予選

やっぱり、あーんど、へえー、かな。

Europe_q_2 「europe_q.xls」をダウンロード

  • なんでトロロッソがこんなに良い?やはりフェラーリエンジンがパワーが出てる?
  • にしてもレッドブル沈みすぎ。
  • どうやらたっぷり燃料積んだと思われるのだけど、でなければフロントローでもおかしくなかったベッテル。Q2トップが取れるとは、驚くしかない。
  • やっぱりトヨタは良いんだなー。今回はトゥルーリが良かったというべきなのだけど。
  • 前の4台は明確にグリッドを取りに来た。過去3戦ほど振り返ってみても、1周が長くラップタイムが2割以上長い。にも関わらず、Q2-Q3の落ち代は小さく落ち率では最小なのだ。
  • ロスタイムが小さいという事なので、3ストップもあるかも。なくとも、この4台の最初のスティントは短いはず。
  • コバライネンはどっちか分類しにくいタイムだった。あまり戦略分けとかやらないチームなので、ミスったか引っかかったか。
  • 6番手以降は、明確に長い。何周まで引っ張るかに注目。
  • 折角Q2で速さを見せたのに、ハイドフェルドはこっち戦略でちょっと最近のイメージ的には良くないな。ただ、もしノーミスだったとしたら、ワンストップやるかも?とちょっと期待してみよう。
  • やはりライコネンはこのトコロぱっとしないと言わざるを得ないな。結果4番手も、積んだ組が下がった分繰り上がっただけだし。

まあ、こんなところでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土曜フリー

さて、ルノーの2台は確実に例のスローラップをやってましたね。これはTV映像とライブタイミング両方でキッチリ確認が出来ました。2台ともやっていたので、明らかに意図をもってやっているのでしょう。

他チーム(が真似して来たかどうか)は分かりません。ライブタイミングでは、先にタイム出してからスロー走行されても表示されないし、TV映像は、イン・アウトラップだったり間を空けてるだけだったりするのか判別が付かないので。マクラーレン、フェラーリ、レッドブル辺りで、やってるかも?という絵もありましたが。

ちょっといつもと違う面々が上位に来て、不思議な順番になった土曜フリーでした。順位だけ見ていると金曜みたい。ウイリアムズとトロロッソ、予選本番ではどうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/22

タイヤの秘密

Minipe F1よりちょっと興味深い記事発見。

---------------

ルノーが、ブリジストンタイヤの性能を最大に発揮する方法を見つけたかもしれない。上位チーム下位チームを問わず、今年のタイヤから安定した性能を引き出すことの難しさは共通のものとなっている。特に温度と空気圧に関係しセンシティブだと言われているのだ。

しかし、ルノーはここ数戦継続して安定した性能を引き出す事が出来ている。ドイツのAMSは、その理由は理解出来ているとしている。ブダペストの土曜フリーでピケとアロンソが奇妙な走り方(タイヤの皮むきって感じでしたっけ)をしたのがそれだと言うのだ。

そのセッションの序盤、R28は非常にスローなラップを数周刻んでから全開走行に入った。AMSによると、この意図されたタイヤの準備によって、レースディスタンスでの安定性と耐久性をもたらすのだそうだ。

「タイヤは記憶を持っている」とBMWザウバーのウイリー・ランプ氏も同意している。しかし、ブダペストではBMWはドライバーからのグリップ不足という不満とともに失速していた。

バレンシアでルノーが再びこのユニークなプロセスを行うか、他チームが真似をしてくるか、これのみが真実を示してくれる事であろう。

-------------------------------

久しぶりの一気訳~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/21

次期シビック?

と言っても、欧州専用なのでしょうけど。英AutoExpressより

Civic 

 

 

 

 

  • 2010年にデビュー予定のシビックの外観はこうなる。既に公開されたOSMはただのスタディではなく、VW IROCがシロッコの原型となったように、シビックに反映されるものなのだ。
  • この3ドアはスポーティでクーペに近いイメージとなる。ルノーメガーヌに倣って、3ドアと5ドアを明確に分ける作戦だ。
  • 1.5L IMAハイブリッド は150馬力で、CO2 120gをクリアする。
  • 向こう5年間で、ホンダは全ての4気筒を、ガソリンハイブリッドかディーゼルのどちらかのみにする方針だ。
  • Type-Rの開発も行われている。この2.0Lもまたハイブリッド化される可能性がある。実現したら世界初のハイブリッドホットハッチになるだろう!

どこまで信じられるか、?な部分もありますが、現行シビックの欧州専用5ドアはかなり格好良い。(日本導入はされませんでした)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/20

バレンシアGP

じゃなくてヨーロッパGP、11万2千枚のレースデイチケット、売れ残る見込み大だそうで。

(というか、即ち今日の時点でまだ売れ残っているという事か。)

だから?という話題ではありますが、面白げなネタが無いっつー事ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/19

多分最後

夏休み、日中の短距離移動+エアコンONで使っていたら思いのほか燃料計の針が下がっていたので今日給油。いつものようにキリキリまで満タンにしなかったせいか、思ったほど入りませんでしたが。

タイミング的には、おそらく最後の満タンかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/17

退役決定

H9年式マーチ号、先日記念DUNLOP仕様になったばかりですが、今度の車検満了をもって退役をさせる事に決めました。もちろん後継も決めたのだけど、発表は別途。

マーチ号は廃車の方向ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まいどおなじみの噂

この手の噂はいつもあって、また?という感も否めないが、まあとりあえず。

フェラーリからの内部情報によると、フェラーリはモナコまでトラクションコントロール形態を使っていたという事らしい。FIAの調査によって見つかったが表ざたにはならなかった。しかし、以降チームは使用を止めた、という事らしい。

単なる噂かもしれないし、全部事実でかつ現行のレギュレーションでは非常にグレーなところになる為にそうなった(お咎め無し、だけど今後は使わない)という事もあるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008/08/15

続GP3

どうやら、IFMが衣替えする線だそうで。現在はWTCCのサポートレースとして開催されているワンメイクのホンダエンジンのフォーミュラ、これを5戦ほどF1のサポートパッケージに編入し、名前を変える、という話の模様。

匿名のIFMチームボス曰く、

「F1のサポートレースになればシリーズの知名度も上がるだろう。願わくば、それが入ってくるドライバーの質の向上に繋がって欲しいね。」

---

シャシーを供給しているタトゥスってのは、フォーミュラルノーのシャシーサプライヤー。なんとなく繋がったような、、、、?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/14

GP3

F2構想に対抗?かGP2の下位シリーズとしてGP3を設立しようという話があるとかないとか。IFM(IMFだっけ?)との関連がどうとかいう話もあるもようだが、GP3と聞いて思った事は、WSRと競合するのか衣替えするのか、どっちだろうなーという事。

GP2は”ルノー”V8なので、運営主体やら権利者の話を置いとくとフォーミュラルノーV8と言い換えることも可能。つまりWSR=フォーミュラルノーV6、フォーミュラルノー(4気筒 2.0L)とつながるラダーと見る事も出来る。

WSRは元々WS by N(ニッサン)だったし、今でもVQエンジンがベースだったりするのだけど、ルノーがニッサンを買収した後にWSRに看板が変わった。なので、再びGP3に変わるというのも、あってもおかしくなかろう。

F3とGP2の間、あるいは同格な、様々なフォーミュラがある事は悪い事では無いと思う。一度フォーミュラを降りたら(残れなかったら)、一度スポーツカーやハコ車の道を選んだら(それがレーシングドライバーとしてペイを得る唯一のチャンスだとしても)、フォーミュラへと戻る事は難しく、F1への道は途絶えたと同然なのが現実だから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレンシア

来週のバレンシアGP、新コースのオンボード映像がYouTubeにあったので掲載。F3からの撮影との事。画面が斜めー。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/08/13

筑波FJ第4戦決勝ー振り返り

さてようやくの反省文です。予選で3番グリッドを獲った後も、決勝ではなんかミスるだろう、多分飛ぶだろう、完走出来ても順位は下がるだろう、というのがチーム内外含めた大方の予想でありました(後から聞いた分を含め)。

しかし、順位を保ってフィニッシュをしてしまいました。取材にも答えた内容ですが、要因は予選でそのグリッドが取れたこと、スタートを決めた事、その後ミスをしなかった事、につきます。「ミスをしない」過程でちっちゃい走りをしてしまった事が反省点です。

3位であれば、前を攻めて攻めきれず3位に留まったものでなくてはなりません。前に離され、それでも3位を死守して、それで得るものではないのです。レースに出る目的は勝利を得る事であり、また重要なことは順位ではなく走りの内容です。

私の場合は勝ちを狙うとか言える状況ではなかったし、なんとか一度でも表彰台に手が届けば、というのが元々の目標だったので、このチャンスをモノにしたかったというのはあります。時がたてば結果だけが残ります。

しかし、内容の悪さはレース中から運転手本人が感じていた事であり、チェッカーにも喜べなかったし、ガッツポーズもなし、クールダウンラップでのオフィシャルへのお礼もろくに出来ず、戻ってきてホームストレート上にクルマを止めた時は、グローブ叩き付け、こそ自重しましたが、、、という心境でありました。

しばらく振り返り(反省文)に着手出来なかったのも、この後味の悪さを自分の中で整理出来ずにいたという事です。

とにかく目標、数値目標のコミットメントをクリアしました。残り2戦、リカバリーのチャンスも残っています、という事で切り替えて次に臨もう、というのが整理した結果です。

では、レースを振り返ります。

以前、コースインラップでスピンしてマシンを損傷しスタートが出来なかったミスをしています。なので、今回の第一ハードルは、フォーメーションを終わって3番手のグリッドにキチンとつくこと、でした。「そこまでは3番手だからね」とは監督。

それをクリアし、ちゃんと3番手グリッドに付きます。5秒前、赤ランプ点等、消灯スタート!

第二のハードル、スタートもクリアです。ここで何かしらミスって後退するであろう、という事も予想されていました。ところが、スタートはほぼ完璧で、1コーナーまでに1台抜いて2番手に浮上、トップの真後ろにキッチリ付けました。

そうしたら、後続に多重クラッシュが発生し赤旗中断。1周目の赤旗は予選順位に戻ってのスタートやり直しです。つまりさっきの第一、第二ハードルクリアとグッドスタートはチャラになってしまいました。

3周減算で、スタート進行からやり直しです。2回目の第一ハードルをクリアし、5秒前、赤ランプ点等、消灯スタート。今回もミスはなく普通に決まりましたが、2番手を出し抜くには至らず(並びかけるとこまでは行きましたが抜くに至らず)、3番手で1ヘアに到着でした。ともあれ、スタートは上位グリッドでも通用する事が確認出来たとは言えます。

2回目はコースをふさぐクラッシュは無く、レースが始まりました。もちろんこの時点では前を狙って走っています。しかし、2周目、3周目と前との間隔が空いてゆきます。この立ち上がりの悪さが課題なんだよっ、周回が進めば追い上げるからなー、と思いながら走っていました。

ここで誤算だったのは、後からガンガン突き上げられていた事、そこでディフェンスをする事でペースが上げられないままになってしまったという事です。攻撃による防御、即ちペースを上げて突き放していければそれで良かったのですが、防戦一方の走りになってしまいました。

防戦一方といえど、抜かれるときは抜かれます。自分も終盤に相手のミスを誘い抜くという事は下位ながら過去やってきています。抜かれなかったのは、後が抜ききれなかっただけ、という事でもあります。不甲斐ない走りはしましたが、汚いブロックをしたとかいう事はありません。

後が詰まっていれば、後通しでも争うので1対1で自分が攻められる状況にはならない、というのも作戦のうちでした。それでも何度かはアタックを受けましたが、視界に入る範囲まで横に並びかけられる事は最後まで無かったのです。

「いやー、気持ちは分かるけど、ここでは入れないよ、悪いけど」。というシーンも複数ありましたね。同じ事をやっても無駄なんですけど、あまり良くない方向で熱くなっていたのでしょうか。

そして前とは絶望的に間隔が開き、後ろからは突つかれたけど抜かれずにレースは進み、ここまで来たら(ここまで内容が悪いなら)、せめて3位表彰台というリザルトは取らせてもらう、という気持ちも生じていました。

で、そのまま守りきってチェッカーを受けました。会心のレースとはいきませんでしたが、自分がコンスタントに速い区間もあって、それがあったから抜かれなかったという分析も出来ています。

残り2戦、攻めて戦うレースをする事に集中して、納得の行くレースが出来るように頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/08/12

筑波サーキット公式HP更新

筑波サーキットの公式HPに、FJ1600/S-FJの特設ページがあります。これは少なくとも3年前からあるのですが、フロントローか表彰台獲得をしないと載らないので、今までは縁が無い存在でした。当ブログにて公式反省文を書く前に、こちらで触りを。リザルトのリンク先にも表彰台写真があります。

http://www.jasc.or.jp/race/fj1600/index.html

注)このリンク先からは「戻る」で戻れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンロップマーチ

昨日書いたマーチ号へのダンロップステッカー装着、昨日は夕暮れ時に作業したので写真は後回しでした(炎天下でステッカー貼りなんて、、、)。で、明るい日光の下写真です。携帯カメラ、画素はもう十二分だと思うのだけど、光が弱いとてきめんにダメだから。

Dunlop_march

 

 

意外と目立たない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/11

信号が近い!

昨年は、スタート位置が直線じゃなくて、スタートシグナルも下手したら見えない、ような位置からのスタートばかりでした。今年、先ず直線部分からスタートが出来るようになった事が嬉しかったのでした。前回9番グリッドで大分信号に近づいたなあーと思っていたのですが、今回は更に近かったです。見易さでは2番グリッドより良いかも?

その写真を入れていなかったので、追加。

Photo_4 

 

 

 

 

 

 

ちなみに去年のスタート位置は、、、

Photo_5 

 

 

 

 

 

写真に写っているのはMAZDAブリッジの支柱。これがまたシグナルを隠すのさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波決勝ー写真

反省していると落ち込んでくるので、もうちょっと落ち着いて振り返れるようになってから反省文を書く事にして、とりあえず写真。これ以外の写真はアルバムに追加。

S_2 これは決勝前、コースインを待っているところ。

 

 

 

 

 

S_3 コースインで1周回ってきて、3番グリッドに停めたところ。すぐ前にスタート・フィニッシュラインが。

 

 

 

 

S_4 グリッドに整列。写真右前にいるのがポール、その右上に見えているのがフロントロー2番手、左にいるのが3番手の私。

 

 

   

 

S_5  スタート直後の1ヘア(1回目)。スタート大成功で、2番手で通過。この後赤旗が出て、予選順グリッドでスタートやり直しに。

 

 

 

 

Photo_2 2回目スタート直後の1ヘア。予選順どおりに来た=スタートで出し抜く事は出来なかったけど失敗もしなかったという事。

この後がちょっと・・・なんだけどそれは反省文にて。

 

 

 

S_6 ファイナルラップ突入直前、3番手を走行。前は遠く離れ、後ろに突かれているの図。この後、後続ではいろいろ最後のバトル&ドタバタが発生しましたが、自分はこのまま3位でチェッカーを受けました。

 

 

 

 

S_7 てなわけで、3位表彰台獲得。ごめんなさいっ、という感じで正直つらかった。

欲しかった帽子ももらったのだけど。

 

 

(記念に、マーチ号にダンロップ のステッカーを貼りました。ボディ黄色なので配色は完璧。実際に付いてるのはファルケンだけど、今やダンロップファルケンだからOKという事で。)

S_8 シャンペンファイトも、やらせて頂きました~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/08/10

筑波ランキング

反省の前に写真を処理、と思ったらCDRの読み込みがどうしても上手く行かない。何か根本的にPCがおかしい。気分転換でこっちに手をつけ、ランキングを更新しました。ともあれ、こんな感じ。

Ranking_r4 「tsukuba_fj_ranking_2008.xls」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波決勝、証拠と公式リザルト

とりあえず、証拠写真。レースシーンは後日。

① 6位のより大きくて重いトロフィー

Dscn3466   

 

   

 

 

 

② 表彰台でもらえるダンロップの帽子。やっと取れました。

Dunlop_cap_s 

 

 

 

 

③ 公式リザルト

Tsukuba_4_final

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波決勝

終わりました!ダサいレースをしてしまいましたが、3位フィニッシュ表彰台獲得出来ました。

反省文は後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年

今年一杯とされていたFJ1600ですが、筑波選手権として来年以降も継続する事は決まったそうです。さっきのブリーフィングで主催者よりアナウンスがありました。

ただ、JAF選手権がかかるかどうかは未定との事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

取材

オートスポーツ誌さんに取材をして頂いてしまいました。掲載されるかどうかはこのあとの決勝の結果次第でしょう。

筑波は天気予報の通り曇りで涼しいです。雨は、、、、

来るかな?

例によって時間持て余し中〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波予選振り返り

目が覚めてしまって時間があるので今のうちに振り返っておこうかな。

予選開始直前までリラックス。始まったら集中、というリズムをつくったのだけどちょっと入れ込み過ぎちゃって、接触やらスピンやら、朝のプラクティスで見せた冷静さはどこへやらというドタバタした予選でした。

走り出しの調子は良く、路面の温度を考えると短い周回でタイムを出さないといけないので最初から飛ばして行きました。アウトラップ(だったと思う)の2ヘア立ち上がり、前のクルマにくっついて普通にアクセル踏んで普通に立ち上がったつもりなんだけど、うそぉ?という感じで軽く追突してしまいました。

出走順がランキング順なので、前を走るのは自分より上位ランカー。なおさら、まさかここからこう立ち上がって追突接触するなんて~??と不可解ではありました。あわててハンドル振ったのだけど間に合わず。

これでノーズを軽く破損。どんな場合でも特に予選で接触はいけません。さくっとバックストレートで抜いてクリアラップつくってアタックという意識が焦りを生んだと言わざるを得ません。何ゆえの失速かは分かりませんが、避けられたはず、だったと反省。

ともあれ抜いて、アタック開始。少し前のクルマが近いけど、それも上位ランカーなので大丈夫と期待?してたら追いついちゃった。最終コーナーで追いついて立ち上がりでで詰まりそうになる。

アウトに振ったら1車幅残してくれたので、アクセルを緩めずに抜くことが出来、この周にベストラップを記録、4周目でした。そして完全にクリアラップが作れたしまだ周回数も少ないので全力でアタック。最終コーナーまではバッチリ決まってタイム更新確実、、、、

で痛恨のスピン。予選でスピンはやっちゃいけません。ちくしょ、と思いつつ冷静にもう一度アタックを、と走行していたら、ノーズのダメージが拡大し走れなくなってピットイン。この時点で電光計時では2番手でした。

今にして考えれば、スピンしちまった時点でさっさとピットインし修復をしておけば、残り時間で仕切りなおしワンアタック可能だったので、そうすべきでした。

ピットインした時点で、こういうコンディションでは終盤のタイム更新はあるまい、初フロントロー行けるかな、と思っていました。が、最後の最後に1台にかわされ3番手となりました。これまでの戦績を考えると充分に前です。全て自分のミスが招いた事、文句を言うものではありません。

これで、4戦連続奇数グリッドも確定。昨年も含め偶数グリッドから出た記憶が無いくらい続いています。さて、今日はくもりで涼しいという天気予報。雨が来る可能性は低いようだが、あるかもね。

決勝、頑張って行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/09

ウイリアムズ

サー・フランク・ウイリアムズ、チーム売却の噂を否定。そして、現在GP2に関わっている息子ジョナサンがチームを継ぐ事もまた笑顔で否定。

「彼はF1にはいい奴過ぎるんだよ」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムトウ4番手

ムトウ予選4番手スタート!明日は朝からスカパー生中継、見てー。が明日は自分の決勝レースがあるので録画~~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

筑波予選 公式結果と証拠

では、久しぶりに電光計時見ながら予選したわー、の証拠写真を。最初の10分くらいトップにいて、今日はここまでだなと見切りをつけてピットインした時2番手。この気候では終盤でのタイム更新は難しかろうと思いきや1台に入られて3番手、フロントローは逃しましたというのがこの掲示の状態(チェッカーが出て全車タイムを出し終わったところ)。

Dcf_0005   

 

 

 

 

 

 

 

そして公式リザルトをば。いや、嘘みたいな順位だわ。これは暫定ではなく確定後の公式。振り返りは後日(反省点はいつものように盛り沢山なのさっ)。

Tsukuba_4_q

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波予選

スピンしたり、結構ドタバタした予選をしてしまいましたが、なんと予選は3番グリッドを獲得しました!

言うまでもなくFJ史上最高グリッドです。今回は決勝は明日なので、今夜のうちに証拠をあげられるかと。

取り急ぎ速報でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

押してる

朝イチからそうだったけど、タイスケが押してます。テンション上げっ放しだと肝心なところで疲れてしまってそうなので、ただいまリラックス中。ぼちぼち上げにかかろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プラクティス

フリー(じゃないな有料)プラクティス終了。朝イチなので路面温度は少し低めで、まあまあのタイムを記録して無事に切り上げる事が出来ました。

やや雲行きが怪しくなる気配があったりもしますが、まあ予定通りの炎天下の予選になるでしょう。

予選まであと2時間半もあるので、いつもの事ながら時間持て余し〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/08

水曜テスト

かなり無理して有給とってのテスト、暑くてぶったおれるかと思ったわ。結果はまあ、前回のレースから全く乗っていないことを言い訳にすればまあそんなに悲観的でもないか、というところ。決して素晴らしくこの週末にプレッシャーが生じてしまうほどグッドだったわけでもない。

明日は朝イチでスポーツ走行、昼ごろに予選。頑張っていきましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/04

今日になって

水曜日の走行予約が必要充分確保出来ました。先月の優先予約日にはミニマムしか取れずあら~、だったのですが、今日の当月予約日までにキャンセルがあったものと思われます。7月は予定していた走行が夏風邪で走れなかったので、ちゃんと走りたいなと。

受理書が届いてみたら、あるはずのF4開催がなくなってFJとS-FJだけになっていたので、そっち方面かしら?(タイヤ代理店通知の時点で気付けたハナシなのですけどね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/03

ハンガリー決勝

パレードで終わりかと思いきや、全く逆でいろいろ波乱の展開だったなー。土壇場でエンジン壊れるなんて久しく見ていないような。

  • やっと勝てたコバライネン、今回は運も良かった、何も無ければ3位だったか。
  • グロック!決勝でもペース良く素晴らしかった。終盤のライコネンプレッシャーも退けたし、ピットでのトラブルも影響なく。
  • トヨタが速くなって来たのだが、今回トゥルーリは7位に留まったので、ドライバーの功績多し、と見るべきでしょう。相性いいんだね。
  • ライコネンは最後エンジンセーブだったのだろうけど、リアタイアの白線も消えてた。
  • マクラーレン圧勝の流れを覆して完璧だったマッサ、何かエンジンに負担がかかるコトをフェラーリはやっていたのか?。
  • ルノー良かった。アロンソも落ちなかったしピケもグッドジョブだった。
  • グロック4位走行中、前の3台で誰か止まんないかなー、という期待に応えてくれたハミルトン。何かあってもポイント圏内に戻って来るのが凄いと言うかなんと言うか。
  • にしても、やはりタイヤに厳しいのかね、ハミルトンの運転。
  • BMWは冴えなかった。クビサは予想通り軽くしてグリッド取りに来ただけだったが、このところ失速感は否めない。

  • レッドブルもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/02

ハンガリー予選

最終コーナー手前の回りこんだ左でオンボードを見せてくれたけど、クルマの仕上がり具合などが良く分かる映像でしたね。ぶうーんとアプローチし、真ん中まで我慢、クリップに向けてクルマの向きを変える辺りの滑らせ具合、なんてところ。

Hungary_q 

  「hungary_q.xls」をダウンロード

 

 

 

 

  • 今日はグロック!どうやらQ3はしっかり燃料積んだみたいだけど、クビカ(軽いと思われる)並みにしておけばフロントロー取れたかも。あとはロングランでどうなるか。
  • ハミルトンも軽い可能性有りだけど、Q2で出し切ってない可能性も有り。Q1より落ちてるしね。何も無ければ逃げてお終いかな。
  • しかし、コバライネンは軽いだろう。残留決まってめでたいのかもしれないが、その路線はクルサードルートかもよ。
  • アロンソは、まあいつものように決勝では下がってゆくのだろう。
  • ウイリアムズが遅いのはもう揺るがなくなってきた。浮上する日は来るのだろうか。トロロッソには完全に置いてかれた。ホンダとインディアがお友達。
  • スーティルは評価高かったのだけど、フィジケラが来てからちょっとあれだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/01

アロンソ待ち

トロロッソ、ボーデ残留で注目のもう一つのシート、どうやらアロンソの決断待ちらしい。

ルノーより良い選択になり得るのかしら。

そのルノー、エンストンでスタッフ死亡事件があって、銃器がどうとか。何があったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »