« せいぜい | トップページ | 見えない »

2008/08/27

2012エンジン

PaddockTalkより

オーストリアの新聞に、2012年からの新エンジンとして、小排気量ターボという案があり、ルノーとBMWがその案を強く支持しているというのがあったそうで。排気量は1.5L、ブースト1.5バールが提案との事。

次世代エンジンは何かしら”エコ”な要素を持たなくてはならないであろう、と思われる現代ですが、ダウンサイジング+ターボというのは既に市販車で始まっている現在の”エコ”の一つのスタイルではありますね。代表例がVWの1.4L。

新聞では、バレンシアの決勝の最高速トップ5台がフェラーリエンジン搭載車であった事を引き合いに出して、他メーカーは2.4L V8時代を終わらせたいと考えている、と書いています。

1.5Lターボの王者と言えばホンダだろ、と思いますがどうなんでしょうね?

|

« せいぜい | トップページ | 見えない »

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/42294396

この記事へのトラックバック一覧です: 2012エンジン:

« せいぜい | トップページ | 見えない »