« フォースインディア・ホンダ? | トップページ | 筑波FJ第3戦振り返りー決勝 »

2008/06/27

筑波FJ第3戦振り返りー予選

さて、ようやくの振り返り、先ずは予選から。

レイン確実と思われた状況から雨が止まって、予選開始時間にはびみょーなコンディションに。ギリギリまでピットから出ず、チームが下した決断はスリック。予選の間はこのまま乾くとの判断だった。

急いでタイヤ交換、自分は既に運転席でベルト締めてるからおまかせで楽チン。とは言っても出走直前、そんな余裕ではなかったけど。スタッフも焦ったのか、間違えてリアタイヤをフロントにつけちゃってやり直したり、ちょっとドタバタしたのであった。(いぢめ?)

乾く前提でのスリック、走り出しはまだ路面が一部うっすら白くなり始めている程度。こういうコンディションで、あーやっちゃった~、とスピンしてコースオフしてスタックという痛い経験が複数回あっただけに、慎重すぎるくらい慎重に走り出した。

ただ、慎重にもほどがある、というくらい遅いスピードで走っていたので、ピットは「何をちんたらやっとんのやー」状態だったようだ。8~9周こなした辺りからようやくペースが上がり始め、6位までの電光タワー表示に時々自分のゼッケンが表示され始めた。

ペースを上げ始めたところで、レインで出てピットインしてスリックに変えて出てきた車両に詰まってしまい、アタックを中断して自分の前に空間を作る。L4表示ぐらいだったかな。その状態で空間を作る冷静さがあった事は良かったが、結局そのクルマに予選では負けた。だったらそのまんまくっついてペースメーカーにすればよかった、というのは後で分かった事。

最後の2周、ようやくまともなタイムになり、チェッカーが出たラップでベストタイムを更新はした。9番手、自分としてはFJ歴最高のグリッドには違いないが、実力を出し切ったとは言えない、悔しいものでありました。(でも結果が実力)。

とにかく要改善、です。

ただ、昨年の自分だったらこの最後の2周も出なくて、それまでに出していたタイムで終わっていた(その場合は18番手だった)はずなので、向上はしているのだ、と前向きに自分を甘やかす感じ。

ポールから自分のところまではコンマ1秒以下づつの差でつながっていて、そこからちょっと段差があってその下がまたコンマ1秒差でつながっているという状態になっていた。こういうのを”見えない線がここにある”と言われていたのだけど、今回は見えない線の上にいた、のは良かった。線の上最後尾なのは良くなかった。

てな感じで予選終了。特にトラブルも無かったので、決勝まで4時間近くやる事無し。まったりとした時間をピットで過ごし、結局レインタイヤをつけなかったなー、かれこれ何ヶ月レイン走って無いかなー、決勝は来るかな~?とかなんとか考えていたのでした。

予選振り返り、以上。

|

« フォースインディア・ホンダ? | トップページ | 筑波FJ第3戦振り返りー決勝 »

「FJ1600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/41666368

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波FJ第3戦振り返りー予選:

« フォースインディア・ホンダ? | トップページ | 筑波FJ第3戦振り返りー決勝 »