« ゴールドウイング | トップページ | ルノーCFD »

2008/04/13

筑波FJ 開幕振り返り-決勝

そうこうしてる間に第2戦が近づいて来ましたが、週末にならないと振り返りを書く時間も取れず、予選振り返りから1週間おいてようやく決勝の振り返り。予選が終わってから決勝まで待ち時間が長く、間延びしてまったりしていましたが、時間が近づくとやはり緊張が高まってきます。

グリッドは決まっているので、コースインに焦る必要はなし。じっくりタイヤとブレーキを暖める。過去ここでやっちゃったりもしているので、コースインとフォーメーションを慎重に。11番グリッドは何とかストレートでまっすぐなところ。丁度ピットウオールが切れてタイヤバリアになっている場所だった。ここからはスタート信号もばっちり見える。

スタートは焦ってホイールスピンさせすぎないように、と控えめにしたらダメスタートでばびゅーんとロケットスタートした#39に抜かれました。1コーナー進入ではインを選択。前に渋滞しているうちにアウトから#2に行かれました。

1コーナーアウトまくりは次の1ヘアでインが取れるので良い事づくしのようですが、スタート1周目だけは話が別で、自分が1コーナーで詰まったように、1ヘアでもイン側が渋滞するのです。その通り接触だかスピンだかでイン側列が詰まってアウト列にいた自分は順位を回復。正確な順位は分かりませんが、#39の後ろにつける。

3周目か4周目、#39の後ろでプレッシャーをかけていたら最終でミスってくれ、ストレートで並べて1コーナーで刺す事に成功。しかし、抜き終わったところで目に入ったのはスピンしてコースアウトしている車両と派手に振っている黄旗2本。

げげっ、黄旗区間追い越しかあ?旗がそのポストだけならそこまでに追い越しは完了しているので問題無いが、あの位置だともう一個手前のポストでも振るのが普通。となると出たタイミングが問題だ。1コーナーへ突っ込む瞬間には出ていなかったと思うが確証なし。

大事をとって、見えているグリーンの手前で#39を前に出した。もう一度抜けばよい、というのがとっさの判断。そうしているうちに、なんとセーフティカー導入。SCのサインを受けてペースダウン。

隊列が整うのに時間がかかり、計4周かな、SCランだった。コース上に止まった車両は無かったようだったけど、コース外で危ない位置に止まった車両があったのだろう。

SCの天井ランプが消え、いざリスタート。ここで痛恨のミス。上手くあわせられずに#39との間隔があいた状態でリスタートしてしまった。ちゃんと合わせていればすぐにSC前の詰めた状態から再開出来たのに。

リスタート後も、前でスピンして脱落してゆくクルマがあり順位はあがってゆく。SC中に数えた台数からいくと、最低目標だったシングルフィニッシュは出来る見込みだ。しかし、この間にレース中の自己ベストタイムを記録するも、#39においつくのに数周かかってしまった。

そしてむかえた最終ラップ、#39が守りに入ったのが後ろからよく分かる。最終の進入からしてインにを守ってブロックラインだったが、ちょっとスピード落としすぎ。行き場がなくて難しかったけど、立ち上がりで並びかけて加速勝負に。

こっちのが速度が高くじりじり追い上げてゆくも、わずかにフィニッシュラインまでの距離が足らずほぼ真横で通過、ほんの僅か届かなかったと思った。しかし、公式計時ではゴールタイムは1000分の1秒台まで全く同時で、トップとの差は2台とも10秒172。

だったら、そのまま追い越して抜いたぞアピールすればよかったのだけど、それは後からタイムを見て分かった話。ただ、クールダウンラップを終えて戻ってきて、自分のところで再車検場行きとパルクフェルメ行きを分けられらのはちくしょう、だった。つまり7位。

6位になればトロフィーと正式表彰だったけど、まあしょうがない。ポイントは取れたし6位と7位の差はたった1ポイントだし。ともあれFJ初のシングルフィニッシュ。先ずはよしとしなければなるまい。

開幕戦で概ね自分のポジションが改めて明確になった。もうワンステップ上の次元に上げないと表彰台をかけたバトルには加われない。次戦は4月27日、中間のテストはなくいきなりレースウイーク突入となる。

開幕はちょっと抑え目だったので、次は攻めていきたいです。

|

« ゴールドウイング | トップページ | ルノーCFD »

「FJ1600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/40866095

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波FJ 開幕振り返り-決勝:

« ゴールドウイング | トップページ | ルノーCFD »