« モズレー? | トップページ | しばらく »

2008/04/01

どうやらホント

先日転載した、”バイオでガソリンを精製”のハナシは、日経エコロジーでも同様の紹介があり、どうやらガセでは無いようです。こうなると、面倒なエタノール対応よりも自動車側としては導入しやすいこちらが俄然有力かと。

http://www.nikkeibp.co.jp/news/eco08q1/566555/

バイオ燃料の売りは、植物は元々大気中にあったCO2を光合成で固定したものだから、それを燃やして出るCO2は、気体に戻るだけである、よってCO2の総量は増えていない、よってCO2ニュートラルである、というものです。

しかし、電気自動車などとの決定的な違いは、その場所からCO2が発生する事に違いは無いという事です。電気をCO2レスで製造する方法は原子力発電を筆頭に各種研究が進んでおり、それを電気時走車で使えばCO2はゼロです。

バイオは、植物の育つ過程でCO2を吸収するのが最大の売りです。食料との競合は、非植物原料化で、作付け面積の問題は海藻類への拡大で、それぞれ回避する事が出来る可能性が見えてきています。

折角減らしたCO2を、元手があるから、と再放出してしまっては勿体無い、という事で私が個人的に考えているアイディアがあります。それは、現在火力発電所や製鉄所などで排出するCO2を、固定化して地中などに埋めてしまうCCSという仕組みの活用です。(CCS=Carbon Capture and Strage)

現在、CCSの適用はこういった大規模のものしか考えられていません。が、CCS自体は技術的には小規模でも成立するものなのです。私のアイディアは、ならばCCSを車両に搭載してしまえい、というものです。燃料電池を搭載するよりは、難易度が低いのではないか、と思うわけです。

この仕組みで走る自動車は、原子力発電+電気自動車でも、バイオ燃料+内燃機関自動車でも、所詮CO2ニュートラル以上にはなれないという壁を破り、「走れば走るほどCO2を減らす乗り物」ものになるポテンシャルを有しているのではないでしょうか。

これは夢です。決して、エイプリルフールネタではありません。

--------------------------------

Shell and Virent announce collaboration to develop biogasoline

26/03/2008

Shell and Virent Energy Systems, Inc., (Virent (TM)) of Madison, Wisconsin USA, today announced a joint research and development effort to convert plant sugars directly into gasoline and gasoline blend components, rather than ethanol.

The collaboration could herald the availability of new biofuels that can be used at high blend rates in standard gasoline engines.  This could potentially eliminate the need for specialized infrastructure, new engine designs and blending equipment.

 

Virent's BioForming(TM) platform technology uses catalysts to convert plant sugars into hydrocarbon molecules like those produced at a petroleum refinery.  Traditionally, sugars have been fermented into ethanol and distilled.  These new ‘biogasoline’ molecules have higher energy content than ethanol (or butanol) and deliver better fuel efficiency.  They can be blended seamlessly to make conventional gasoline or combined with gasoline containing ethanol.

 

The sugars can be sourced from non-food sources like corn stover, switch grass, wheat straw and sugarcane pulp, in addition to conventional biofuel feedstock like wheat, corn and sugarcane. 

 

The companies have so far collaborated for one year on the research.  The BioForming(TM) technology has advanced rapidly, exceeding milestones for yield, product composition, and cost.  Future efforts will focus on further improving the technology and scaling it up for larger volume commercial production.

 

“The technical properties of today’s biofuels pose some challenges to widespread adoption,” Dr. Graeme Sweeney, Shell Executive Vice President Future Fuels and C02 said.  “Fuel distribution infrastructure and vehicle engines are being modified to cope but new fuels on the horizon, such as Virent’s, with characteristics similar or even superior to gasoline and diesel, are very exciting.” 

 

Dr. Randy Cortright, Virent CTO, Co-Founder and Executive Vice President said, “Virent has proven that sugars can be converted into the same hydrocarbon mixtures of today’s gasoline blends.  Our products match petroleum gasoline in functionality and performance. Virent’s unique catalytic process uses a variety of biomass-derived feedstocks to generate biogasoline at competitive costs.  Our results to date fully justify accelerating commercialization of this technology.”

|

« モズレー? | トップページ | しばらく »

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/40719982

この記事へのトラックバック一覧です: どうやらホント:

« モズレー? | トップページ | しばらく »