« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/31

モズレー?

マックスモズレー・ビデオ事件、、、これは、、、まあ出所がタブロイドだからねえ。

http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/news/news.html?in_article_id=550109&in_page_id=1770

http://www.spiegel.de/international/zeitgeist/0,1518,544388,00.html

http://formula-1.updatesport.com/news/article/1206967227/formula_one/F1headlines/Mosley-racist-sex-scandal-claim/view.html

はめられた?とかいうハナシも。いずれにせよ既に訴訟準備中だそうで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波FJ開幕戦-写真

開幕戦より。

   51810009_43t

←@Bパド1

 

 

 

51810008_86s

←@Bパド2

 

 

   

 

51810006_86s ←@11番手グリッド 決勝前

    (頭でかいっす)

 

 

 

 

51810004_86s ←同じく11番手グリッド後ろから

 

 

 

 

51810003_86s ←スタート直後のS字

 

 

 

 

 

51810002_86s ←?周目、1ヘア進入

 

 

 

 

 

51810001_86s  ←同じく1ヘア。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/30

公式リザルト

公式リザルトをスキャンしてみました。

予選

Photo   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

逃した6位

詳細は別途書きますが、ただいま帰宅ー。ぶっちゃけ、取れた6位を逃したレースでございました。↓7位の証拠、再車検無い人のパルクフェルメの先頭に駐車ー。

Dcf_0002


 

 

 

 

 

いや、前にもこの位置に駐車した事はあるんよ。そんときは周回遅れになったんやけどね、途中スピンで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波決勝ー暫定

セーフティーカーの出る荒れた展開でしたが、完走7位獲得!でした。

もう一個で再車検組になれたのですが・・・

10位までポイントがつくので、ポイントは獲得です。まずはよし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波開幕ー予選

出走30台、予選は11番手となりました。たぶん過去最高グリッドだと思いますが、イマイチな事には変わりません。決勝勝は6列目イン側スタート。切り替えて、初のシングル完走を果たすべく頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/29

イマイチ

でしたわ、今日のところは。明日は気負わず現在のベストが出せるように頑張ります。

うーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/28

ほんと?

今日見たニュース@NNA

---------------------------------------------------------

英蘭資本の石油メジャー、ロイヤル・ダッチ・シェルは26日、バイオ技術を手掛ける米バイレント(Virent)・エナジーシステムズと共同でバイオ燃料の研究・開発(R&D)を開始したと発表した。従来のようなエタノールではなく、糖質を直接ガソリンに変換する試みだ。

バイレントの「バイオフォーミング」プラットホーム技術は触媒を用い、通常のガソリンと組成が変わらない“バイオガソリン”を製造する。エタノールよりエネルギー量が多いうえ、エンジンを改造する必要がない。

またトウモロコシの茎葉、スイッチグラス(生育が旺盛な多年生草)、麦わら、サトウキビパルプといった非食品を原料として用いるため、一般的に使われる小麦やトウモロコシ、サトウキビの値上がりを防げるメリットもある。

契約期間は5年。両社は既に1年にわたりR&Dを実施しており、品質的にもコスト面でも商業化が可能と判断したという。

---------------------------------------

非食品なのは今時当然だけど、ガソリンが造れるぅ?本当なら凄いかもしれないけど、実際どうなんでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/27

どっちが真似

あるいはそういう手口が普通なのか。エディ・ジョーダン氏による敷地ブロックの件、トム・ウオーキンショー氏がそういう手口を仕込んだというのをかなり昔に見た記憶有り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/26

罰金の使い道

WMSCによって、マクラーレンから支払われる$60ミリオンの罰金を元に、モータースポーツ・セーフティ・デベロップペント・ファンドを立ち上げる事が決議されたとの事。(100億円から下がったのは、賞金と相殺だったかな)。

このファンドによって、向こう5年間に渡って以下のプログラムが実行される。

ヤング・ドライバー・セーフティ・スカラシップ・プログラム

オフィシャルス・スキル・セーフティ・トレーニング・プログラム

ファシリティ・セーフティ・インプルーブメント・コンサルタンシー・プログラム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水曜テスト

いよいよレースウイークです。土曜日に最終スポーツ走行をして日曜日に2008シーズンの開幕戦。その前となる最終のテストを今日走って来ました。気温は大分あがったものの路面温度はさほど上がらず。途中で冷たーい風が吹き始めて雨がぱらっと降り始めたり、走行に支障はありませんでしたが、ちょっと難しい日だったかもしれません。

今日は新サイドポンツーンに応じた水温調整のテストをする事がひとつ重要なテーマだったのですが、まあまあ良いところを見つける事が出来ました。とってもクリアラップが取りにくい大混雑の中、ゼロ秒台には一応入り、とってもブルーな状態にはならずに済みました。

さあて、あと2日間仕事して、レースウイークエンドへ突入あるのみー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/24

スローダウン

マレーシアの予選で起きたペナルティを受け、アタックラップ終了後のインラップやダミーグリッドに就く前のコースインラップで余りにも遅く走る車両がある為、最低タイム制限を設けてこれを排除しようという動きがあるそうで。

しかし、それじゃあ解決にならんと概ね書かれていて、私もそれに同意。中途半端なスピードで、ライン上にいられては、それもまた迷惑以外の何モノでも無いのですよ。半端にスピードがあるとすぐに避けられない場合があるし。

必要なのは、ライン上にいない事。これを実行するには、最低速度制限は阻害要因になりうる、と思います。

アロンソのコメントがよく説明していると思う人が多いのであろうか、引用が多い。

「それが解決策になるか分からないね。ただ、あの時コース上には6、7台のスローダウンしたクルマがいたけど、そのうち5台には何も問題無かった。レーシングラインからどいているのはドライバーの責任なんだよ。」

オンボードリプレイでは、銀色のクルマが2台並んできっちりコース左端のレコードライン上を走ってましたなあ。

 

Q3後の給油を認めれば全ては解決し、ついでに一発アタックの極地が見られるので、私としてはそっちを推したい。戦略を想像する楽しさよりいいな。ポールタイムはファステストであるべきではないか、と。

現にQ3進出した後ろの2台はアタックしない、というのが定番化しつつある。ルール上許され、やって当然の戦略なのですが、これは弊害でしょう。Q3後の給油OK、ただし給油量を申告後にオフィシャル立会いの下でする事、あるいは、いっそ決勝出走前に重量を計測して公開してしまえー。

もっと案はあるけど、ここまでにしとこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クレディスイス

BMWザウバーから、クレディスイスがスポンサー離脱するという噂があるそうな。あそこもスポンサーに困ってはいないであろうけど、結構大口ではあったはず。FeedMeF1より。

--------------

2008年をもって、BMWザウバーからスイスの銀行であるクレディスイスが離脱すると報道がされている。クレディスイスは、ペーターザウバーがチームを立ち上げた8年前からスポンサーとしてやってきたが、今年以降は契約を継続しないとスイスの新聞が報道した。

それによると、会長による社内的な決断は既になされているが、まだ公表には至っていないとの事。

その理由として、最近あったCEOの交代によりF1ファンであったCEOのオズワルド・グルベル氏が職を解かれ、新CEOブラディ・W・ドウガン氏は特にF1に興味を示していない、という事が示唆されている。

--------------------------

CEOの趣味で決まっていいのやら悪いのやら。それが事実かどうかはさておき、このご時勢では金融系はどこも厳しいはず。ぱっと思いつくのは、RBS、ING、Santandar、くらいだけど、どうなんでしょ。

それぞれ契約があるからシーズン途中離脱は無いと思いますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/23

マレーシア決勝

マッサーー、やっちゃったの?で、以上終了って感じでしたか。

  • ライコネン磐石だったけど、ゴール後に一瞬移った右リアソフト、結構厳しい状態になっていたように見えました。
  • トヨタ良くなっているようだけど、まだちょっとBMWのスピードにまでは届いていないか。この調子でKAIZENが続いたら、来るかも。来ちゃうのかー。
  • ピケはなんとかラップダウンぜず持ちこたえた。オーストラリアではよっぽど悪い状態だったんだね。
  • エンジンフリーズをはじめとする各種のレギュレーション改訂が、今のところは良い効果になっているようで、チーム間の差がなくなってきて接近してきた様子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑波開幕-受理書

いよいよ来週末に迫った筑波開幕戦、受理書が届きました。FJ1600はきっかり30台のエントリーで、言われていた予選落ちは無いようです(110%とかはあると思いますが)。

注目のスーパーFJはなんと10台ものエントリーを集めました。混走なし、レース毎に参加賞と賞金、プラスシリーズ賞金、で頑張ったと。うち半分がKK-S、3台が07J、2台がFV202という事になっています。

タイスケ

車検                   8:15~

ブリーフィング       8:55~

予選                    9:20~

ブリーフィング     13:05~

決勝                  13:55~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/22

マレーシア予選

Qualify_2  

 

 

 

 

 

 

  • いやー、トヨタにびっくり。スターを置かない”KAIZEN”強いのか?なんかやだなー、F1まで「トヨタ方式」で行けちゃうの?
  • 入れ替わったようにウイリアムズが下がった。なんで?
  • フェラーリ速し。壊れない限りワンツーほぼ確定かな。
  • しかし、マッサは明確に軽いね。
  • それ以外のQ3走者は、5列目の2人を除いて概ね2秒前後落ちできれいに揃っている。割と正直にQ2で実力出しているのか。
  • とは言っても、コバライネンは若干軽いかも。また負け惜しみハミルトンの口が滑って「戦略が・・・」って言わないかな。
  • まあ、この僅差では出し惜しみしている余裕はあるまい。
  • ホンダ、イマイチに見えて実はルノーと大きな差は無い。どちらもこれからの開発次第ですな。
  • Q2の結果では、ライコネンちょっ速。軽いマッサが逃げを決めるか?
  • 皆さん修正が忙しそうだったよね。ターンインも明確に滑らせるし、アタックラップでは意外とクリップ外してるし。

まあこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/21

金曜フリー

いやー、ペース上がってる?と思ったのは上のほうだけで、5番手から下は概ね昨年と同じタイムでしたね。

金曜比較

           2007                        2008

  1位    マッサ          35秒7      ハミルトン 35秒0

  2位    フィジケラ     35秒9     マッサ      35秒2

  3位    コバライネン  36秒1    ライコネン 35秒4

11位  ウエバー        36秒9     バリチェロ 36秒8

ブービー バリチェロ    38秒7    サトウ      39秒0

最下位 アルバース    39秒8   デビッドソン 39秒3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/19

確実なり

autosport.comの取材結果、としてロイター通信UKから報道が出たので、ガセではなく事実でしょう。コバライネンはピットレーンリミッターを押しちゃってたのです。

---------------------

マクラーレンは、彼らのピットレーンスピードリミッターシステムを改良する予定である、と話した。オーストラリアGPでコバライネンがそれを間違ってコース上で作動させてしまい、4位を失ったからである。

マクラーレンのエンジニアリングディレクター、パディ・ロウ氏は、autosportの取材に、「それは、手を動かした時に間違って押してしまうような場所に置かれるべきでは無い。」と応えた。

コバライネンは、アロンソを抜いた後、メルボルンのメインストレートで捨てバイザーを剥がして捨てようとして、ボタンに触ってしまった。

---------------------------

なるほど、捨てバイザーね。

しかし、国内でこれが報道されないのは何故かしら。誰も何も指摘出来なかった、721の解説陣に気を使ってたり?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DENKI キューブ

今度のNYショーに、こういうものがニッサンから出典されるらしい。新型マキシマの情報を見ていたらおまけで引っかかった。EVに興味深々のわたくしとしてはスルーするわけには参りません。

Denki_cube ←サムネイルだと分かり難いかな。リアドアの辺りにひらがなで「でんきじどうしゃ」と書かれている。

 

 

 

さて、ドイツ発の記事によるとこれは純EVで、イチ充電辺りの航続距離は約100mile(160kmくらい)、最高速は120km/h、リチウムイオンバッテリーを搭載し、フル充電の時間は8時間。

他の写真、元記事その他はこちら↓。

http://www.supernissans.net/forums/nissan-automotive-news/697-ny-international-auto-show-denki-cube-concept-exclusive.html

http://www.thecarconnection.com/blog/?p=956&srccd=de20080319

http://www.auto-motor-und-sport.de/news/auto_-_produkte/hxcms_article_510937_13987.hbs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/18

大いに楽しんだ

最終コーナー立ち上がりで何かミスったとかそういう失速の仕方では絶対になく、おかしいな~、なんでかな~、こういう感じのはギアがおかしくなったとかしか考えられないのだけど、解説陣は全くそういう事言わないなー、と思った記憶が、FeedMeF1の記事を見てよみがえりました。

すっかり忘れてましたよ、コバライネンのストレートほぼ真ん中まで来たところでの不可思議な失速と、びっくりしたような動き方で横に出て難なく抜いていったアロンソ。これで謎が解けましたわ。

--------------------------

ルノー陣営は、オーストラリアでの難しいシーズン開始に喜び少ない様子である。しかし、チームのボス、フラビオ・ブリアトーレ氏は違うようで、高慢な笑顔と共に、ライブモニターでのロン・デニス氏の映像を楽しんだと語った。

デニス氏は、コバライネンがアロンソを抜いた時に明確にひときわ喜んでいた。

「今回のレースで最も楽しかったのは、ロン・デニスの顔を見ている事だったよ。」

ブリアトーレ氏は、コバライネンがその後で間違えてピットレーンリミッターのボタンを押してしまい、アロンソに4位を奪い返された事を示唆しながら語った。

そして、いたずらっぽく付け加えた。

「ヨーロッパへ帰る長い戦いの道中が、デニスにとって、その失敗をよく理解するのに充分である事を希望するよ。」

(訳注:アロンソの首を切ってコバライネンを採用した事を指しているのでしょうね)

アロンソは、スペインの新聞にこう語っている。

「でかいスクリーンで、コバライネンが僕を抜いた時のマクラーレンチームの反応を見た後だったから、抜き返した時は当然同じようにしたよ。」

(訳推:放送禁止手形でもやった?それはないか)

-------------------------

ガセ、の可能性も有りますが、あの失速はこういう理由でも無いと説明がつきません。ただし、ミスから復帰した後は問題なかったはずなので、何故コバライネンが最後まで再々抜き返しを出来なかったか、が疑問点として残るっちゃー残ります。

そもそもレース終わったときには忘れてたので、今更なのですけどね。でも確かに、それはおかしい、とは思ったのでしたよ。あれ何周目くらいだったけなー?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスラ 生産開始

Tesla

生産開始の遅れが伝えられていた、テスラ・ロードスターですが、今日のAutomotive Newsの伝えるところによると、第1号車の生産が開始されたようです。

 

 

---------------------------

カリフォルニアのベンチャー、テスラモーターズの純粋なEVスポーツカー、ロードスターの生産が本日開始された。予約は900台以上入っているが、年間の今年の生産計画は約600台で、400台近くは来年の納車となる。

価格は$98950である。

テスラの最終組み立てはカリフォルニアのサン・カルロスで行われる。そこでは、電動のパワートレインと小さな6800個のリチウムイオンバッテリーからなるバッテリーパックを、ロータスエリーゼベースのシャシーに組み付ける。初期の生産は1日に1~5台程度でスタートし、徐々にフルキャパシティである月産100台に近づける予定だ。

純電動の、5人乗りセダンが2010年までに導入される計画である。テスラでは、こちらは年間10000台の生産を計画している。

-----------------------------

乗ってみたいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/17

ホント?

同じくJAFスポーツの片隅に小さく、写真のキャプションで

「1大会2レース制やリバースグリッドなど、今年のFニッポンは新たな工夫が盛り込まれる予定です。」

ってほんまかいな?

とりあえずFN第1戦には1戦しか無いようですが、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・国際B

今日届いたJAFスポーツによると、日本のモータースポーツライセンス保持者の数はこんな感じ。

国内B:27079人

国内A:18007人

国際A・B・C:2525人

日本全国で2500人ほどという資格を保持している、というのをちょっと自慢してみたいところですが、他の社会的に有効な資格の類と違って1銭にもならない事は言うまでもありません。取得には手間と時間とお金がかかるのですけどね。

 

 

追記.2007年度のライセンス発給総数は約4万8千だそうですが、ピークの1992年には、8万を超えていたそうで。バブル真っ只中、モータースポーツ人口も多かったのですね。

簡単かつ適当な解説~

国内B:ダートラ、ジムカーナなどの単独で走るJAF公認スピード行事用。(そう言えば、サーキットアタックでもOKだったので、競技じゃなければ混走でもOKか)

国内A:JAF公認レース(国内、地方選手権)用。国内Bで完走1回が取得要件。

国際B・C:国際格式レース用。国内Aを有して過去24ヶ月以内に公認レース完走5回以上。(S耐、Fニッポン、S-GT等に出場可能)

国際A:トップカテゴリーでランキング5位以内など、上位の成績が必要。(これは、何に必要なのか知りません。F1未満、Fニッポン以上という感じ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/16

決勝

うーん、荒れた。一人旅を除く。

  • おお、ベッテルーー
  • やはりピケやばいよ。
  • グロックは良かった。まだまだこれから。
  • アロンソさすがだわ。
  • クラッシュ、ペースカーラン3回、こういう展開なら待ってましたか、ボーデ。にしたって、STR2悪くない?
  • そのボーデとそろってデビュー戦ポイント、ナカジマ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/15

予選

ふう。やっとこさ録画を見終わったわい。フリー3を見てもいないし結果も知らないままなのだが、まあよかろう。最初の一言、

  • ミューが低い公道サーキットという点は割り引く必要があるけど、TCSなどの電子制御が無くなって、F1も多少普通の動きに近づいた感じかな。

前から不満だったのだけど、Q3の順位でソートされてしまうと、Q2の結果が良く分からん。ので、さくっと並び替えをば。

Australia_3   

 

 

  • ルノー、捨てレース宣言通り、遅いね。アロンソをもってしてもあそこが精一杯とは。
  • にしたって、悪すぎピケ。最初っからソフトで出てきてたけど、スーパーアグリより遅いのは何か理由でも?(無いとヤバ)
  • STR2は、ボーデだけ見ても昨年より1秒速くなっている。改良の成果だね。
  • ベッテル素晴らしい。更にそこから1.6秒、どうやったら出せんの。結局やっぱ2強プラス1だったねー、に肉薄してるやん。ここまでがQ2 25秒台。
  • ライコネン・・・。やはりきみが乗るクルマは壊れるんやね。おやじギャグにもならんよ。
  • ナカジマ、0.4秒差とはいえ、7位と14位の差は大きい。
  • 26秒フラットのQ2 7位ロズベルグと8位クルサードから13位バトンまで0.2秒。これはQ2が面白いぞ。
  • トヨタ2台そろってQ3進出。とはいえ、ライコネンとウエバーが止まったからこそ。ここのどんぐりから抜け出すチームは出るか?
  • 前評判が悪かったわりに、きっちり仕上げて来たBMW。この調子ならプラス1から3強になれるかも。
  • 意外と、ポールから5位ハイドフェルドまでQ3-Q2のタイム落ち代は同じくらい。そんなにピットタイミングは変わらないかも。(Q2でマクラーレンが手抜きしてない場合)
  • Q2は手抜きかと思ったマッサ、どうも手抜きじゃなかったようだ。

ま、こんなとこかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/14

9000rpmリミッター?

DailyF1よりハイドフェルド曰く、

「冬のテスト中に最も印象的だった驚きの1つが、マクラーレンMP4-23がスタート練習をしていた時の、立ち上がりの速さだったね。」

「マクラーレンは、発進の時のエンジン回転を9000rpmに抑えるシステムを持っているんだよ。我々は遥かに高い回転を使わなくちゃならないんだ。」

----------------

トラクション・ローンチともに禁止、共通ECUを使用、だけどアドオンでレブリミッターはつけても良いのかな?マックス19000rpm以外の。

回転数は固定?いやいや、やってよいなら可変式にするでしょう。路面温度とタイヤと使うギア、んじゃ今日は○○rpmで行こう。あいよ。となるでしょう。

さて、ロケットスタートを見せるかマクラーレン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金曜フリー

さあいよいよ本番GPが始まったぞー。ストリートコースなのでゴムがのるまで~、というのもあるが、所詮金曜、誰も本気でタイムを出していないので、結果のタイムシートだけ見てもなんのヒントにもならん。

昨年あたりは土曜フリーでも本気で手の内見せるヒトはいなくなってしまったけどね。

なので、昨年の金曜と比較でもしてみよう。

2007 金 午後                            2008 金 午後       

TOP   マッサ         27秒3            ハミルトン   26秒5

2位    ライコネン    27秒7            ウエバー     27秒4

11位  デビッドソン 28秒7             バトン         28秒6

22位  リウッツイ    31秒6            デビッドソン  31秒5

較べてみて驚いた。ハミルトンがタイム出しに行った以外は驚くほどタイムは同じようなところに落ち着いているではないか、ふーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/12

飛び石

なんだかんだで、マイカー所有歴は20年を超える。その歴史の中で初の事故が本日発生。フロントガラスに飛び石で大傷くらってしまいました。これは樹脂注入スポット修理方式で対応できるサイズなのか?

そもそも、その手の修理をやってくれるところが近所にあるかも不明。そして、その修理で車検が通るのか?ちょっと調べてみなくては。

場合によってはフロントガラスを交換しなくてはならないが、安くないよな。はあ~

Dcf_0001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/11

筑波テスト振り返り

早く書かないと忘れちゃう。とはいいつつ、こと筑波のテストに関しては諸事情により余り詳細を書くわけにも行きませんので差しさわりの無い範囲で。

クルマ

2008仕様のクルマですが、基本は「SK91+レギュレーション対応」の昨年のままです。変更点はサイドポンツーン形状で、主な目的は見た目の向上、ついでに変更部位に赤色を追加。カラーリング追加によりフロントビューからの視認性が向上しましたが、色のインパクト大なので、形状が変わったことが相対的に目立ちません。

その他、開幕に向けて、エンジンを除くミッションその他各所のオーバーホールをして頂きました。エンジンは2007年から継続ですが、調子は悪くない、というか良い感じです。

テスト

先週のテストデイは、割と暖かく日も差してグッドコンディションかと思いきや路面温度は20℃少々で、やはりグリップがよろしくないコンディションでした。

1本目:幻のドライバー降臨、は有りませんでした。しかし、ミッションは快調でシフトもまあそこそこ。周囲に基準がいなかったので相対関係は分かりませんが、コンディションから考えて悪くないタイムを記録する事が出来ました。

まだまだドライバーに改善点が沢山ありますが、素の自分+それなりのタイム、にちょっとだけ安心です。昨年のこの時期には絶対に出ていなかったものでもあるので。

2本目は見学に回りました。ここで、上記のフロントからの視認性向上が分かったというわけです。レーシングカーというものは静止状態では無く、走っているところを見なければいかんなあ、と。

もちろん見学の主目的は勉強ですが、内容は秘匿。1ヘアと1コーナーをじっくりと観察させて頂きました。

3本目は、改善にトライ。徐々に試していくところを一気に行き過ぎ、というのが終わった後の指摘でした。まだまだノッチが粗いという事です。タイムは1本目よりも落ちましたが、理由は分かっているのでそれは問題無し。

さあ、あと2回の週末を経てレースウイーク突入!

 

仕事でてんぱってますが・・・最近いつもやんけ・・・もう定常・・・でも年度末は大変・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラブル?

心配されたスーパーアグリは、やはりチーム売却のようです。2009年に向けてどのように変化してゆくことになるのかは徐々に明らかになるでしょう。詳細決まってないけど、オーストラリア始まるからとりあえず、ってのが現状かと。

新オーナーはイギリス系、プラス、ホンダの支援を継続する為にはサトウも継続?であれば、2009年もドライバーラインナップ維持、もあるかも。

さて、本題。

珍しく追従報道があまり見つからないのでガセかもしれませんが、Pitpassの記事によると、ホンダのRA108がFIAのクラッシュテストをまだ通っていないとか。

----------------------

我々のスパイ達からの情報によると、開幕戦のプラクティス開始まで4日を切った現在、ホンダRA108は、いくつかのFIAのクラッシュテストを通っていない。情報源によると、ノーズ、リア両方だ。

テストを通過していなくとも、この週末のGPに参加出来る可能性はある。が、それもFIAの裁量にかかっている。

-----------------------

うそー?みたいなのですが、どうなんでしょうね。そういえば、冒頭に出てきたスーパーアグリ、クラッシュテストはパスした、とか見た記憶有りです。

確かエクレストン氏だったか?各地オーガナイザーとは20台グリッドに並ぶという事で契約をしているはずなので、この記事に書いた両チームともNGだとマズイ事になるはず。なのでここまで黙認して来たとか。

まあ、なんだかんだ騒がしておいて、無事にGPは始まってゆくのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/10

ランチャ・デルタ

ストラトスも好きだったけど、デルタHFもまた好きだった。新型がジュネーブで発表、ってんで見てみたら・・・

リバイバルじゃなくて、最近の”高級車”ランチャグリルがくっついていたよ。

DeltaDelta2

 

 

 

 

 

好きだった面影は無い。これは正直格好悪いと思うのだけどそこはイタリアン、実車は意外といけたりするのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/09

人事異動

日本企業なら通常の、多分海外では余りないと思う、4月の人事ローテーションでホンダモータースポーツ担当役員、ワダ氏が広報へ異動。以前トヨタでも同様の人事異動があったが、海外からはどう見られているのかしら?

私が見た限りでは、「ボスが交代した。ホンダは通常の人事ローテーションだと言っている」というような言い方が主なところですかね。まあ、大勢に影響は無いと思われているのかもしれません。

同じ記事の中で、チーフデザイナーのケビン・テイラー氏も既にチームを去ったとされているという事が書かれていました。こちらは影響大きそうですが、”超”大物が来ちゃったのでしょうがない、というところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

みかも山

今日は近所の公園で鳥見散策。そこのメイン乗り物がこちら(乗らなかったけど)。

Photo

 

   

 

つぐみんに会えた。他にもいろいろ見れたけど、携帯カメラのみなので鳥写真は無し。

Dcf_0003

 

 

 

 

Dcf_0004

 

 

 

 

Dcf_0005   

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/06

2008年仕様

前回のテストからほぼ一ヶ月、ほぼ月2回ペースでテストしてきたので、やや久しぶり感有りです。そのインターバルに、マシンは各種大型メンテと2008年仕様へのアップグレードがされていました。

テストの詳細は後日として、とりあえず新装なったマシンを大公開!

Dcf_0002

 

   

 

 

 

 

 

Dcf_0003   

  ←新形状サイドポンツーン

 

 

 

 

 

Dcf_0004

 

 

 

 

 

 

 

Dcf_0006

 

 

 

 

 

 

 

Dcf_0007   

 

 

 

 

 

 

まだ完成形ではないので、もう少し変わるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/05

GP2アジア

まさかテレビで見られるとは思っていなかったのだけど、739はアジアシリーズまで放映してくれた。放映権がセット売りだったのであろうが、素直に喜びたい。で、見た。やっぱ面白いわ、やんちゃで。

ブルーノ・セナのマシンからレッドブルの牛マークが消えていたな。チームメイトのマシンにはあるのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/04

VWシロッコ

米TheCarconnectionより

来週ジュネーブで発表されるという、新型シロッコ。かなり懐かしい名前やねー。

Vw 

 

 

 

 

 

うーん、往年のイメージは特に無いかな。だからといって最近のVWらしさもあんまり感じない。このニュースを報じたサイトの記事によるとアメリカには輸出されないとの事。日本には来るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/03/03

SCION低迷

日本でもアメリカでも、若者に売れたいトヨタ。トヨタブランドでは振り向いてもらえない層にアプローチする為、レクサスの逆側に第3のブランドを造ってHIPでCOOLなイメージで売り出した。それがSCION。立ち上げ当初は、前型のbB、istを無理やり北米仕様に仕立てて持ち込んだ。

で、企画段階からアメリカの要求を取り入れて開発し出てきたのが、「ルミオン」であり新型「ist」。個人的にはなんともトホホな両車であるがアメリカの為だから3ナンバー化も当たり前。日本を向いていないので、ヒットは期待出来ないと思う。

だったらそのアメリカではさぞかし売れてなけりゃあ話がおかしいのだが、どうもイマイチらしい。米Automotive Newsより。ルミオン=新型xB、ist=xD

----------------------------------------

Scion

最初のサイオンは2003年から2004年にかけて登場しヒットした。しかし第2世代は上手く行っていない。サイオンのセールスは前年比マイナスを16ヶ月連続で続けており、昨年8月以降は月毎に前月を下回っている。サイオンは3車種のうち2車種を新型に切り替えたばかりである。

過去、サイオンは月に1万5千~2万台売ってきた。しかし、1月の販売は7782台に留まった。2006年1月のセールスは10701台であったし、ディーラー数は今よりも60少なかったのだ。サイオンのディーラーは当時850店程度だった。しかし、セールスが順調であったので、多くの新規参入があった。”ヒップで都会的”ではないディーラーからもである。

サイオンはモデル切替に失敗したかもしれない、とトヨタ首脳が認めている。xA、xBは2006年12月に生産を中止したが、その前から生産量を落としていたので、ディーラーではすぐに在庫はなくなった。その間、tCはモデルが古くなってきていたが、新型xBは3月まで供給されなかったし、xDに至っては8月まで供給されなかったのだ。

Bの08年1月販売は07年1月を上回ったが、06年1月に及ばない。xDも、前年のxAをおいかけているが、2年前の台数に遠く及ばない。理由のひとつは、ホンダフィット、ニッサンバーサ、トヨタヤリスらの参入である。

サイオンは若者を狙ったブランドであるが、新型xD購入者の平均年齢は42歳である。これはフィットの45歳、バーサの43歳、ヤリスの42歳と同じような年代である。

----------------後略------------------------

先日、初めて(だと思う)新型istを路上で見かけたが、強烈な造形だったなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/02

スカパー復帰

3月になったので、オフシーズン切っていたスカパーの契約を復活。いつものようにプロ野球セットとフジテレビ721。この2つで見たいレースは網羅しているのだけど、739がどちらにもセットになって重複しているのがまあ難点といえば難点。

おっとそういう事か。今頃気付いたけど、昨年末はF1が終わってもGP2の放映が残っていたのでフジを切れずにいたのだが、その必要は無かったのだ・ ・ ・

フジ721は¥1050/月。9ヶ月で18戦なので、F1を生放送で見る代金(アメリカラウンドは録画して朝見る)は1戦辺り¥525だ。安いもんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »