« MP4-23 | トップページ | たうんえーす »

2008/01/08

トヨタ異変

自販連の発表によると、07年12月の国内自動車販売に異変が起こったようだ。10月、11月と登録車シェア50%前後を売ってきたトヨタ、その販売台数が激しい落ち込みを見せているのだ。

トヨタは、J100作戦=JAPAN市場で前年同月比100%を超えるぞ!とかでキャンペーンを張り、猛烈な販売促進をやっていて、10、11月のシェア50%はその成果だ。全需が縮んでいる中で自社だけ前年比100%を目指せば、当然シェアが激増する。

では、12月の数字を見てみよう。

                  登録車販売台数     前年同月比           シェア

トヨタ             9万1380台        マイナス16.0%     38.7%

全需           23万6142台        マイナス 7.1%      -

トヨタが全需の前年同月比を下回るのも異例なら、シェア40%を割るというのもはて何年ぶりだろ?という異例の数字である。これはもう、12月は諦めて販促キャンペーンに玉を込めなかったのであろう、としか考えられない。しかし、この数字を許すとは、、、

 

では誰が伸びたのか?最量販車種の新型フィットを投入したホンダである。全需がマイナスな中、プラス6.7%もの伸びを見せた。しかも、その結果として全需よりはマシなマイナス2.7%で踏ん張ったニッサンを、除軽の台数で上回った。当然、シェアも2位だ。これも結構ニュースだと思う。

ホンダとニッサンの数値を足してみよう。自販連の資料には「海外生産車を含む」と注記されているので、輸入車であるデュアリスもカウントされているはず。

 

                 登録車販売台数     前年同月比           シェア

トヨタ             9万1380台        マイナス16.0%     38.7%

ホンダ           3万6817台        プラス  6.7%        15.6%

ニッサン        3万4426台        マイナス  2.7%      14.6%

全需           23万6142台        マイナス 7.1%      -

なお、2007年トータルではこうなっている。登録車暦年でホンダがニッサンを抜いたらそれは大ニュースにだるだろうが、そこまではちょっとまだ距離がありそう、か。

トヨタ      マイナス 6.5%  (155万1876台)

ホンダ    マイナス 4.7%  (39万8080台)

ニッサン  マイナス 9.7%  (57万0838台)

全需       マイナス7.6%   (343万3829台)

|

« MP4-23 | トップページ | たうんえーす »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/17626928

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ異変:

« MP4-23 | トップページ | たうんえーす »