« 5台目 | トップページ | 運動強度 »

2008/01/20

おじさん試乗

新年早々にウチに来た4台目のちゃり、「働くおじさん号」にようやく試乗した。サドルの高さが自分用じゃないのはしょうがないのだが、スムーズな乗り心地と直進性の良さには驚いた。特に乗り心地面ではタイヤの違いなどもあると思うが、前輪がすごく前にあるように感じたので比較してみた。

そうしたら、明らかな差と、意外な同一性を発見した。

Photo_2 黄色の線は、全て同じ角度で引いたものだ。つまり、この3台、ハンドルポストから前輪の中心(キャスターでいいのか?)への角度は全部同じだったのだ。

ついでにシートからクランク中心への角度もほぼ同一だった。それも上記の線と平行。

これは、へえーと思ったけど、自転車の設計ではこれは基本だったりするのだろうか。

紫、緑のように、ハンドルのグリップ位置から同じように前輪の中心へ線を引いてみると、明らかに違いがある。

零号では少し角度が立って来て、MR-4ではほぼ直立になる。キャスター?角が同じでも、ハンドルの位置で変わるのだろうか。

もちろんMR4はこの中では一番小径ではある。

それもあるが、この角度差はまっすぐ走るのに気を使う度とぴったり一致している。

 

 

 

 

ふーん、と思った次第。

|

« 5台目 | トップページ | 運動強度 »

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/17761910

この記事へのトラックバック一覧です: おじさん試乗:

« 5台目 | トップページ | 運動強度 »