« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/30

NYPD電動スクーター

CNN.co.jpでNYPDが電動スクーター導入予定という記事を見つけた。

http://www.cnn.co.jp/fringe/CNN200712270015.html

少し掘ってみた。先ずはCNNの元記事。これでベクトリックスはVectrixだと分かる。

http://www.cnn.com/2007/TECH/12/26/nypd.green.ap/index.html?iref=newssearch

そこから、ここへ。どうやらこのスクーター自体は2006年には発表済みであり、ただこっちが知らなかっただけらしい、と分かる。

http://www.vectrix.com/Portal/1/Language/47/Page/1/Home_(US).aspx

Vectrix1 ←Vectrix Maxi Scooter at the EICMA Show, Milan, Italy

                 - November 14-19, 2006

Vectrix2 ←構造(上のHPから入ればフラッシュで動画になっている)。

 

 

さて、肝心のSEPCだが、こんなところだった。やはり個人ユースには価格がキツイ感じ。

  1. 最高速:100km/h
  2. モーター出力:20kw
    →(27馬力くらい。ただし出力特性がエンジンとモーターでは違うので参考値)
  3. 加速力:0→80km/h 6.8秒
    →(ざっくり大まかに2Lクラスのガソリン乗用車の0→100km/h前回加速で10秒程度。それよりは速いか。ただし、最高速が100km/hなので、80→100km/hにはかなりの時間がかかるであろう。)
  4. 航続距離:55km~110km →(速度による、と。使い方次第ね)。
  5. バッテリー種類:ニッケル水素
  6. バッテリー容量:3.7kwh
  7. 充電器:車載  →(110V-220V対応、コンセントにつなぐだけ)
  8. 充電時間:2時間(80%)
  9. 充電繰り返し回数:1700回。 →(年200回として8.5年分)
  10. バッテリーライフ:10年、8万km。 →(9.と合わない?)
  11. 重量:210kg
  12. 価格:$11000 
    →(120~130万円というところ、ガソリン代で取り返すのはちっとキツイ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20年前より

ふとしたきっかけで20年前の映像を掘り起こした。PCで加工出来る状態に出来たので、編集してみた。このムービーの私はドラムを叩いている。この映像は横浜は関内の7th Avenue というライブハウスで撮影されたもので、カメラはスタッフさんが適当にやってくれたもの。

元が普通のアナログVHS映像なので画質・音質ともにあまり良くはない。10年以上をVHSのテープとして保管され、自宅へのHDD+DVD機の導入後DVDに落とされて、元VHSテープは廃却。自作DVDなのでPCへの取り込みは難しくないはずなのだが、上手くいかず数年放置されていた。

今回はDVDプレイヤーからS端子経由でDVDカムに移植、DVDカムからUSBでPCへ取り込み、ムービーメーカーで編集して圧縮。そしてYouTubeへのUpload時にあちらのシステムで更に圧縮加工。

という過程なので、もうなんだか分からんというくらいに画質が落ちるだろうと思っていたが、画面サイズが小さくなったせいか、テレビ画面で見ているのからあまり劣化していない気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MANGO

チャリ用メットを購入した。中々サイクリングに出られないので延び延びになっていたのだが、上手いこと頭の形状にフィットしたのでこれに決定。お値段もお手頃でした。

Dcf_0003   

 

 

結局、9月のわたらせ渓谷鐵道ポタ↓以降全くチャリに乗れないまま2007年は終了だな。

http://junki.cocolog-nifty.com/automobile/cat2736923/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/28

自己ベスト更新

自己ベスト更新

心配された雨はこず、良いコンディションでテストが出来ました。

1本目

そうは言っても朝イチは曇天で気温も路面も冷え冷え、とってもスリリングなセッションでした。走りだしは40秒くらいから、36秒くらいまでタイムをあげ、もうちっと行け〜、と頑張ったら90度でスピンアウトしてグラベルにストップ。

ガードレールの向こうへ退避して見学してたら、赤旗になりそのまま終了。

とりあえず路面に負けずに攻める姿勢が出ていた、という事でまあOK。コンディションが良くない時も全力で行くのが基本なので、グラベルで終わっても、それがトライした結果なら無難に走って何事もなく帰って来るより100倍価値があるというもんです。

 

2本目

気温が上がって来て少し日がさして来ました。1本目で注意されたポイントをぶつぶつと念じながら走行開始。途中、蛍光オレンジのF4が90度で派手にコースアウトして、救急車が出動しての赤旗中断。

再開後は徐々にリズムが良くなって来て、34秒台に突入しました。もっと良い季節に出した自己ベストの1秒落ち以内で、この季節+自分という組み合わせとしては悪くはないです。しかし、まだまだ。

この後、昼ご飯と、もてぎ恒例となったゴーカートをすませ、最後の3本目へ。(ゴーカートは45秒台には入れたけど、Bライ条件の45秒を切る、ところまでは行けず。)

 

3本目

この季節なら、自己ベスト更新だけでも出来れば、と思って私、

「あと1秒」

そうしたらコーチからは、

「あと2秒」

と。そのくらいは行けるはずという指令です。今まで、この指令タイムを出せた事はありません。それは前の方を走るヒトはそのくらい行くという想定タイムだから、そうそう簡単には出ないものだったのです。

2本目よりさらに気温も上がり、よりコンディションも向上していました。

ピットから出て最初のコーナー(90度)で、ブレーキを試したら強過ぎて、クルンとスピン! ガードレールをかすって間一髪でかろうじてセーフ。当たってたら終わっていたし、場所が悪いのできっと赤旗君でしたね。

当たった感触、音はなかったので、一応走りながら、振動は出ないな、ブレーキでよれないな、右、左で変化は無いな、とまあ異常は無い事を確認し、そのままアタックを開始。

そしたら意外とすぐに、おろ?33秒入ったぞ、と。昼食時に妻から指摘されたポイントを修正したのが効いているようで、いい感じにスピードが乗って来た。スピードが乗ってくるといい感じに決まり始めて更にスピードが上げられる。

だったら狙うぞ〜、〜、〜、出た!32秒台だ!複数回出たのでまぐれでは無い。

というわけで2008シーズンの皮切りとしては申し分ないテストが出来ました。滑り出し上々です。今後における最大の課題は、今日の運転手君を次にも連れて来る事です。過去にも幻の、、、という実績があるので。

写真は、撤収が終わった東パドックにて。まさにこれから帰るところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさ

昨日の天気予報では3時頃から雨が降り始めるとなっていましたが、今朝更新されて6時頃からに変わってました。

なんとか天気は持ちそうです。が、曇っているので路面温度は上がらなそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/27

今日のもてぎ

あまり記憶にないのだけど、今日は2本目に2回、3本目にも1回、赤旗が出ました。コースが長くエスケープも広いもてぎではあまり赤旗にはならないのです。今日はさほど台数はいなかったのですが、、、、

F3なんて来ていたから配慮した?なんて事は無いと思いますが。そのF3が原因と思しき赤旗もあったな。生F3の走りを後ろから堪能させて頂きました。うん、半周くらいは堪能出来ちゃったのよ。

それから、GC21がいて、排気の音量にびっくり。ピットロードでセッション開始を待っている時に横に並んでいて、(もてぎでは羽根付きなどを先にコースインさせるので2列で待つのです)。隣でカンッと空ぶかし一発されただけで、こっちの耳が痛かった。あれは耳栓が無いと乗ってられん。

そのGC21、赤旗が出てピットインした時、おいらがゆるゆるとピットロードを走っていたら、おせーよっ、てな感じで、ピットロードで横に出て、リミッター効かせて抜いていったな、自分のピット目指して。もてぎのピットロードは広いから何も起こらないけどね。トイレでも行きたかったのかしら?

(FJではレース中にピットインすることはありません。ですが、レース日にはちゃんと光電管で計測され、違反するとペナルティーも付きます。予選中や、コースイン、アウトの時にはピットロードを走るので、ピットは絶対にスピードトラップに引っかからないようにゆっくり走る事を意識して習慣づけしています。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルボロ

マルボロ

午後は多少気温も上がり、若干路面も向上か。タイムは午前中よりは向上したが、例によって課題は沢山。

中でもアプローチとAPEX SPEEDが今のメイン課題ですかね。

マルボロ号の写真を撮りました。右側のMARIOの横にはアメリカ国旗が貼ってありましたが、左側のMARIOの横にはイタリア国旗が貼られていました。

レプリカなのかな?

明日も頑張ります!

---------------

追記:本物の、それもF1だそうです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シビック

シビック
2008シーズン用のワンメイクシビックデモ車が置いてありました。

今日も隣りのピットではまだ真新しいインテが走りに来ていますが、シリーズ無くなっちゃうだよなー、と。

今日はF3以外にも、JLMCのゼッケンを付けたGC21とか、謎のマルボロカラーとか来ています。

このマルボロカラー、フロントウイングのマウントの仕方はインディっぽいのだけど、エンジンカウルにはアルファロメオのロゴがあり、ドライバー名はMARIO、国旗はアメリカ、でもタイヤはAVONと謎のクルマです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着

到着
無事到着。今日はマーチ号にて。ピットを確保して、マシンの到着を待つ。

今日はF3が来ている。写真を撮ろうとしてる間にピットにしまわれてしまったのでF3の写真は無し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜明け

夜明け
丁度家を出るところ。絶妙なタイミングの写真が撮れた。

今はもう完全に夜は明けてます。

----------------

朝の道中ヒトコマを追加。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/26

08シーズン開幕

正確に言えば開幕へ向けたテストを開始。2007シーズンは先のもてぎ最終戦にて終了で、これからの走りは全て2008シーズンの為のものとなります。ま、

会社カレンダー休み+もてぎにフォーミュラ走行枠有り=行くべし!

という事でお世話になっているガレージにお願いをした、とゆーわけなのですが。幸いな事に雪も降らなかったし。

   

2008シーズンは、現行規格ラストイヤーとなるFJ1600で、筑波シリーズに再挑戦を予定しています。カレンダーは以下の通りですが、開幕まで1~3月の土日+筑波フォーミュラ走行枠=皆無、という困った状況でもあります。

----------------------------------

開幕戦:3月30日

第2戦 :4月27日

第3戦 :6月22日

第4戦 :8月10日

第5戦 :9月14日

最終戦:11月23日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/25

絶滅危惧種

アメリカではメーカー毎に課せられる平均燃費値の義務値があって、最近、数年後の大幅引き上げが、上下院を通過し、ブッシュ大統領がサインして成立した。それを受けて、のお話。USFLより。

620馬力、ボンネット、ルーフ、フェンダーにカーボンを投入したスペシャルなコルベットZR1が1月のデトロイトショーに出品される。お値段も10万ドルとスペシャル。しかし、コルベット担当主任エンジニアのコメントとして記事に書かれていたのは、

「こうしたハイパフォーマンス車は、規制によって存在出来なくなる可能性がある。まさに絶滅危惧種だ」

というものだった。絶滅危惧種か~、確かにそれはそうかも。欧州でも新型ポルシェGT3(だったかな)でもCO2はどうした、と注記してスーパーカーでもエコという流れがあると言う。

同じくデトロイトでは、NISSAN GT-Rがアメリカデビューするはず。こちらは、Responseの記事(だったと思う)によると、200km/h巡航辺りまで理論空燃比で行ける、という事らしく、意外と燃費も悪くは無いかもしれない。

が、やはり絶滅危惧種には入るだろう。レクサスのV10もあまり遅れると出せなくなるかも? CR-Zのようなライトウエイトしか、スポーツは存在し得なくなる将来が現実的になってきた感じがしますね。

個人的には重量級ハイパフォーマンスよりライトウエイトが好きだし、使いきれる、ほど良い性能も好きなので、そういうのでもOKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/24

ワイパーゴム交換

さすがにF1含めレース情報はここで取り上げるようなネタが無い。だから、というわけでもないようなあるような、で今日はマーチ号ワイパーブレード交換のハナシ。

ドライバースタンドで、対照表を見ながらNWBの替えゴムを買ったのは少し前で、買った後でその週末はマーチ号会社に置きっぱなし、に気付いたのであった。なのでその場では確認も出来ず、ようやく昨日交換をしたのであった。

 

購入したのは以下3点。

運転席側:GR35(525mm) NR3G  ¥819

助手席側:GR9 (450mm) TW2G  ¥714

リア用:GR5 (350mm) TW10G ¥714

いざ、ゴムが切れてビロンとなっていたリアから交換、、、あら?350mmじゃ足りない、ではこれで、おおぴったり。今更ながら、リアに450mmが装着されている事に気付いたのでした。切れてるリアの交換は必須なので、リアと、無事サイズ&型がOKだった運転席を交換。

試しにウオッシャーを出して拭き取ってみたら、やはり交換をしなかった助手席側に吹き残しスジが残って気になる。やっぱ左右差があるとね。そこで、はたと気付く。

サイズ同じならブレードも共通じゃ?

いそいそと、替えゴムじゃなくてブレードごと外して助手席側とリアを入れ替えてみたら何の不都合もなく無事付いた。そもそも使用頻度が低く、またリアなら少々スジが残ったって全然問題ないので、めでたし、めでたし。

どうやら、前オーナーがリアワイパーの払拭面積を広げたくてアップグレードしたもよう。モーターの負荷強度の問題があるはずだが、元よりたまーにしかリアワイパーを使わないのでまあOKでしょう。

唯一の問題は、未使用かつ使い道の無い350mmの新品が手元に残った事だが、幸いにもレシートが残っているので、持って行って、間違えたので同じ値段の450mmに交換して下さい、とお願いすれば何とかなるかな。

しかし、今となってはリア用の新品は急がないし特に必要もない。交換してくれたら、フロント用をもう一個買って、フロント一式在庫しておくのが良いかも。ゴムは多少硬くなるかもしれないけれど、10歳を超えたのでいつまで店頭で入手出来るか心配でもあるし。

で、次に交換した後、フロントは使い道なし、今回新品にした助手席ブレードはリアに戻り更に働くと。ふむ、使用頻度は下がり、あまりケアもしてもらえないが、一線を退いた後もしばらく現役を続けられるのか。

ひきかえ、最も重要なポジションを任せられていた運転席側ゴム君は、潔く引退(廃却だが)。こうなるとどっちが良いのやら、それは個々の価値観にもよるのだが、なんだか会社員人生と妙にかぶってしまったよ。こんな事を書こうと思って書き始めたのでは全く無かったのだけど。

おそらく、店に行くのは年明けてから。覚えていたらまたブログに記そっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/23

トランスミッター

携帯を変えて音楽プレイヤーが付いて2~3ヶ月、プロテクトされないCDだけから&一部着歌で結構な曲が蓄積された。ブルートゥースで出力出来るのだが、通勤マーチ号にはそんな高級なカーオーディオは付いていない。なので少し前だがFMトランスミッターを購入した。

Fm 

 

 

シガープラグ一本から、トランスミッターの電源を供給しつつ携帯への充電出力も備える優れモンで、¥2980と価格もお手頃。音もまあまあOK。マーチではカップホルダーに乗っけて使用。

今日気付いたのは、このトランスミッターと携帯をくっつけて置くとノイズが乗る事。当然だが携帯からはいろいろ電波が出ているのだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

洗車

年末なので、久しぶりにマーチ君の洗車をした。前回がいつだったか思い出せない、ので記録をしておこう。左が洗車前、右が洗車後、並べると際立つ汚れなのであった。

Before1After1   

 

 

Before2After2   

 

 

Before3After3 

 

 

洗車中。

Wash   

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/21

予選更に変更

2008年に変更が予定されるF1の予選フォーマットですが、FeedMeF1によるとこうなる模様。

  • Q1を15分から20分に延長。
  • Q2は15分のまま変更無し。
  • Q3を15分から10分に短縮。
  • 予選後の再給油は無し。

Q3は忙しくなりそうだな。ピットレーンで待機、アウトラップ、アタック、インラップ、決勝さながらにタイヤ交換して即アウト、なんとかチェッカーまえにコントロールラインをくぐってラストアタック、というところか。中だるみはなくなりそう。

タイヤウオーマー禁止とかいう話もあった。余熱なしのタイヤを1周で適正温度まで上げなくてはならないのは大変だ。TCSもなくなるので、やっちゃったースピンが増えそうな方向ではある。

F1ドライバーたるもの、そんなものは微塵も影響をしない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/20

バレンシアGP

FeedMeF1の報じたところによると、既に来年の開催が決定しているスペインの2戦目、バレンシアで環境問題を言い出している団体があって問題になるとかならないとか。それによると、サーキット建設に伴う環境アセスメントがされていないという主張らしい。

確か、バレンシアは選挙が終わらないと正式GOにならないとかやってた記憶があるのだが、なんでまた今頃になって?

1国2開催というのは、その国の資本が著しくF1に入っている時(例:バブル期の日本)、もしくはチャンピオンが出て、その国でのF1人気が非常に盛り上がっている時(例:Mシュー時代のドイツ)、でバレンシアは後者かなと思っていた。(前者と後者は結構被ってるけどね)。

ここに来てそういう話が出るってのは、アロンソ人気をあてこんでスペインに2回のGPを持ち込んだものの、今年アロンソはMシューのようにF1に君臨しないかもしれない、という流れが出てきた兆しか?などと深読み(邪推)をしてみたりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/19

NISSAN Forum 2

ミニバン発祥の地、アメリカではその便利さからぶわーっと流行し、そして家庭に縛られる象徴として人気を落とし、マーケットが縮小しています。今や生き残っているのは老舗クライスラーと、ホンダ、トヨタのみ。ニッサンにはクエストというアメリカ専用ミニバンがあるのですが、これがイマイチ売れていない。

GMやFORDすら諦めようとしているこのマーケットに、まだやるぞ!?という意思表示なのか、来月のデトロイトショーにニッサンはこのコンセプトカーを出すという事で10月末にはスケッチをリリースしていた。↓

http://junki.cocolog-nifty.com/automobile/2007/10/post_a2b3.html

今回はCGになって、より実車に近づいた。コンセプトカーなのでそのまま市販はされないのだろうけど、エンジンはV6ディーゼルだそうで。

Forum ←こちらが前。記事によると、ワイド&ローを指向しているとの事。

 

 

Forum2 ←こっちがリア。これはさー、誰が見てもエスティマなんですけど?

 

 

確かにアメリカでは今のエスティマは売っていないけど、、、、ねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/18

うわあー

IRLのテストが始まったようで、AS-Webにて期待のムトウの写真が載っていた。おそらくこれが今年仕様のカラーリングだと思われるのですが、表面の4分の3はFD、 FORMULA DREAMだった。つまり、ホンダからのスポンサーって事。

で、サブスポンサーにPANASONICが入っていてスーツもPANA色だった。つまり、スーパーアグリ○○枠のスポンサーマネーもここに投入されたという事。面積で言うと、昨年マツウラほぼフルカラーがAGRでは4分の1程度になってしまうのだから、チャンピオンチームのシートはそれ相応の価格という事が推察されるかと。

まだまだひも付きじゃないと乗れないんだなー、という意味でちと残念ではあるが、なんであれトップチームのマシンに乗れるという大きなチャンスには違いないので、今年活躍して、来年はFDじゃないスポンサーを取れるくらいになるといいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/17

冬テスト

前回のもてぎ最終戦後、なんとか来年に繋がる見込みにはなっていたのですが、確定はしていませんでした。今回、会社の冬休みにもてぎでフォーミュラの走行が2日連続であるのでそこで合宿テストをしたいのですが、とお伺いを立て、GOとなりました。

実はガレージの年末休みにかかってしまっていた事もあって、GOが出るのに少し時間がかかっていました。いつもに増して気合を入れて走らねばなりません。ともあれこれで、来年の筑波開幕戦に向けて進めていくぞー、という感じになって来ました。

筑波の1-3月カレンダーが届いているのですが、3月下旬のFJ開幕戦まで、土日のフォーミュラ走行枠は皆無!。なんとか平日に休暇をかっとばす努力もして行くつもりですが、オフシーズンのテストはもてぎ主体となりそうです。

今回は初日27日がフルコース、2日目28日が東コースなので、一度ピットを引き上げて荷物からマシンから一式移動しなければいけません。が、なんにせよ2日連続で走れるのは貴重なので、くれぐれも雪なんぞは来ません様に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/16

ナイトライダー

あの、ナイトライダーがリメイクされるらしい。同じくResponseより

http://response.jp/issue/2007/1214/article103238_1.html

166134166138   

 

 

 

 

これは素直に楽しみ。学生の頃初めてTVで見て、自然と「昨夜のあれ、見た?」、「見た!」と話題になり、当時の仲間連中と大いに楽しませてもらったものだ。世間的にも大流行して、ひゅーんひゅーんと流れる赤いのがアフターマーケット商品として登場するのにもそう時間はかからなかった。自分は付けなかったけどね。

KITTなりきりカーナビを造ったら絶対受けると思うのだけど、版権とかあるしなー、とか思っていたら、レーダーでそういう製品があるらしい。ちゃんと版権をクリアして、本物の声優さん(名前は忘れた)に吹き込みをしてもらったそうだ。技術的には出来る。

昔トランザム、新作はマスタング。わたしの子供時代、スーパーカーブームがあった。その頃はムスタングだったんだよ。日本語としてはそっちのままでいーのに、と思った記憶もついでによみがえって来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続2、カーボンオフセット

http://junki.cocolog-nifty.com/automobile/2007/09/post_c052.html

↑で、お役人主導ならごめんだね、と書いたのだが、Responseによると日本でもサービスを開始した会社?団体が出てきたそうだ。

http://carbonpass.jp/

ぱっと見た感じ悪くは無い。ようやく日本でも、と喜びたいし、最初にカーボンオフセットを知った頃↓なら、なにがしか購入してマシンに貼ろうか、とか思った事であろう。

http://junki.cocolog-nifty.com/automobile/2007/06/post_bc94.html

しかし、時を経て以下ような各種のネガティブ情報にも接しておりちと悩ましい。

  • 未だ世界的には不確定要素の強い、そして金の動くところに利権と亡者あり、の構図も見え隠れしているCO2排出権取引をベースにしている。
  • 集めた金が確実に正しく使われているかをチェック出来ない。(募金にもいろいろあるっしょ、素晴らしいものから怪しいものまで。)
  • 「CDMメカニズム」にも、結構怪しい部分が含まれているという情報も散見する。
  • 世に言うグリーパワーも怪しい、という記事も見た。
  • ↓が一例。長いが一読の価値はある。まだ日経のサーバーから削除されていないので今のうち。
    http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20071026/138700/

 

とりあえず今は買わない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/14

ナイトレース歓迎

なんにせよ、お金がかかるねえ。シンガポールの鼻先から、”初”ナイトレース開催をオーストラリアGPが奪おうとしているとの事。毎年資金難の話が出て存続を危ぶまれるのだけど、更にお金がかかるのは大丈夫なのかね?

こちらとしてはスカパーで生中継を見ているので、アジア開催でも夜やってくれるのは歓迎。マレーシアと日本と中国もそうしてくれるといいな。フジスピードウエイはまたしも大混乱になるのだろけど、テレビでしか見る気はないので。

この後入ってくるインドもナイトレースにしろー、って言われるのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/13

ルカ・フィリッピ

ホンダ支援打ち切り噂の渦中にあるSAF1、海外の取り上げ方でもサトウの残留は確実視されているようです。チームが存続出きれば。デビッドソンは1年乗ったから、ホンダとしては約束は果たした、という事なんでしょうかね。

いずれにせよスポンサー持ち込みドライバーが欲しいSAF1に、それを出せる存在として浮上しているのが、2007 GP2 4位のルカ・フィリッピ22歳イタリア。10mユーロだから16億円くらいか、を持ち込めるのだそうで。

16億円じゃあ、安すぎて1シーズンフルのシートは買えないでしょう。ヤマモトサコン スパイカーは6戦で26億円だったかな?という記憶なので、そこから単純計算すると4戦がいいとこ。とりあえず開幕4戦か?

世知辛いのう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/11

アロンソ、ピケJr

契約詳細は明かされていませんが、2008ルノー復帰は決定だ、と。ピケJr昇格も決定だと。どっちから行くか、アロンソからにしよう。

アロンソ

元々複数年対単年で対立されていると言われていて、またルノーは相当なギャラをアロンソに払うとも言われていますが、想像するに、ギャラはおそらく出来高払いを含んでいるであろうし、複数年契約なれどマシンが遅い場合にはアロンソ側から解除出来る、といった類のパフォーマンス条項も含まれているもの、と思われますよね。

ただ、1年後にフェラーリに乗れる保障はあまり無いと思われるのだけど、、、?というところか。1年後勝てるようになったBMWに移籍、のほうがありそう。ルノーがかっての強さを取り戻せば問題ないのだけど、それを測るベンチマークがルーキーだとねえ、うーん。

そのピケJr

コバライネンがこうも簡単に放り出され、ピケJrがこんなにも確実だったのは意外でした。思えば2007シーズン前から2008昇格は確実とか漏れていて、え~?としか思っていなかったのですが。テストドライバーとしてもあんまり走ってないし。

そんな状況下でこのようになるという事は即ち、2007テスト契約が2008昇格を確約に近いものとセットであったという事なのでしょう。でもって、通常こういった契約が結ばれるのはスポンサー絡みだと思われるのですが、つまりINGはピケSrが引っ張って来たスポンサーという事?

INGは昔調べたっけな。↓繋がりは見つからない感じだけど・ ・ ・

http://junki.cocolog-nifty.com/automobile/2006/11/post_4368.html

    

それにしても、前半こそバッドラック含めでいま一つだったけど後半戦は悪くはなかったよなあ、コヴァライネン。マクラーレンの空席を射止めハッピーになるのか?でなければフォースインディアしか空いてないぞー、状態。それもちょっとひどい話じゃないですか、ねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/10

ルノー危機去らず

マクラーレンの例があるのでいわずもがな系ですが、金曜にルノーはまだ安泰ではないよん、という警告が発せられたそうで。今回のルノーは有罪、だけどペナルティは無し、で終わっていてマクラーレンの1回目と同じ。

よって、”新たな証拠”が出てくればいつでもWMSCを再審議する、とわざわざ声明が出されたとの事。FeedMeF1より抜粋。

---------------------------------------------

マクラーレンは、有罪だけどノーペナから、アロンソの電子メールを新たな証拠として再審議され、100億円超の罰金とコンストラクターズ剥奪になった。

現時点でマクラーレンからルノーに渡ったとされている図面は4枚で、うち3枚はルノーでは使い道が無い、もしくは実際に使われなかった、4枚目は”Jダンパー”システムとの事だが、ルノーはシステムの作動が理解出来なかった。

また、今回の犯人マッケレス氏は早期にマクラーレンを離脱しており、それ以降の情報がもれることは無かった。

とされている。

-----------------------------------------------

という事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/09

続いろいろ

ニコ

  • 売り物じゃない、と言い続けてきたウイリアムズがニコ・ロズベルグとの契約を2010年まで延長。2008までの権利をウイリアムズが有するというのがデビュー前の契約だったそうで、まあルーキーとしては選択肢は無かったと。
  • 今回明らかになったのは2009、2010の2年契約。今回は選択権があったはずだけど、まだ若いニコ、急いでトップチームのシートに座る事を目指すよりは良い選択という判断だったのでしょう。埋まってるしね。
  • その為もあると言明していた20歳での国籍選択でしたが、必要としていませんね。
  • 丁度今、サコンがジャンクに出てた。彼は来年もGP2に出られるだろうか。ヒラテ君F-ニッポンでTDP厳しー、とか思ったのですが、ホンダはどうなんでしょうね。SAF1自体資金難と言われてますが。

 

制限

  • どうやら制限(案)は風洞だけじゃないようで。
  • レース帯同のチーム人員数に始まり、間違いなくシフトする、と前の記事で書いたCFD解析人員数も制限する、とされているようです。風洞スタッフそのままCFDスタッフへ横滑りは無しよ、と。どっかの国の”改革”より実効性あるかも。
  • レース帯同人数を制限したら、今でもやってる衛星回線でのデータ解析とかが加速するだけでしょう。旅費は多少浮くかもしれんけど。
  • 外注とか、システムそのものの開発とか、メーカー系チームをどうやって制限すんの?無理でしょ。
  • 加えて、リグテスト、設計と製造、サスペンションとブレーキ、油圧システム、ボディワーク、重量配分、そしてサーキットでの実走テストにも制限が入るとか。
  • そこまで来たら、年間予算自体を制限すればいいんじゃ、とも思うのだが、有効にどうやってそれを実行するのか、想像し難いものがあるな。

 

  • これら全て制限出来たとしよう。無理っぽいけど。そうすると、セカンドチーム保有が大きなアドバンテージになるかなー、リソースが倍になるわけだから。
  • その場合、やはり実質同一資本下で2チームの参加は禁止されるでしょうね。STRとSAF1は自立せんと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ

しばらく休んでいる間の話題をいくつか。

  • ルノーの裁定待ちだったと言われているアロンソ、ノーペナルティになったとはいえ、すぐの契約発表というわけにもいかないか。複数年の要求がネックと言われていましたが、それを事実上解決する、いわゆるパフォーマンス条項をルノーが呑むかどうか、かな。

   

  • インディアナポリスがオーガナイザー賞を受賞したと。いろいろ問題のあったフジが取れるはずもないけど、スズカは取ったよな、と思い出す。2008年にはアメリカGP消滅なので、それとこれとは別という事。

 

  • テスト走行制限にの次はこれか?と思っていたが現実的に難しかろうとも思っていた風洞テスト制限、なんかやるという方向のようで。ま、FIAが案を出しただけなので実現性に疑問符は付くものの、あるいはこのまま強行されるかもしれない。
  • トップチーム(予算がね)は実寸ムービングベルト2基24時間稼動が標準になって来ているので、60%サイズまで、一機のみ、1日8時間まで、週5日までというのはかなり厳しい上、相当な設備投資がパーですな。
  • 新たに60%風洞もつくらなないといけないし、実車とのコリレーションを取るにしたって、実車の走行テストは制限されているし。
  • 実行されたら、相当な人員が職を失う事になるのでしょう。前にも書きましたが、コスト削減とはそういうものです。
  • BMWがザウバーを買った後すぐに着手したのが風洞チームの強化だった。200人が700人になったんだったかな?数字はあやふやだけどそんな感じ。
  • で、代わりにお金を使う先は流体シミュレーションでしょう。それは確実。ルノーの投資は無駄にならない上、先行していればアドバンテージにもなるでしょう。(ルノーは発表があったから知っているが、他チームもやっているであろう事より、先行してるかどうかは不確実)
  • しかし、風洞テスト制限はいいけど取締り出来んのかね?実際に。

てなとこかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/04

アナザー アルピーヌ

Autocarから、別のアルピーヌが出てきました。こちらはソフトトップのコンバーチブルでMX-5を競合とするとされています。クリオをベースに、クリオのパワートレインをミッドシップに搭載。1.3Lターボ、1.6Lターボ。

27117761112 

 

http://www.autocar.co.uk/News/NewsArticle/AllCars/229371/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/03

VWにシュトゥック氏

VW社のモータースポーツ部門トップに、かのハンス・シュトゥック氏が就任するそうな。長きに渡りF1とは距離を置き、AUDIによるALMSを含めルマン、DTM、VW自身ではダカール、あとSEATのWTCCくらいにレース活動を留めていた同社ですが、この動きはすわF1参入か?と期待が早くも寄せられているようです。

しかし、同時に進んでいるのは”VW法”の改正を含む、ポルシェAGによるVWの完全子会社化。既に実質支配下にあるVWのこの動きにポルシェはどのように絡んでいるのか?ひとつ言えるのは、耐久レース部門でポルシェとアウディの競合が起こるので、それは避けるべきであろう、という事です。あるいは、そこまで予定の上でポルシェはあえてLMP2に新車を出したのかしら?

そして、間接的にではあるが、ランボルギーニがポルシェの傘下に入るっちゅー事でもあるわけだ。さてF1をやるのか?やるのであればどのブランドか?グローバルにブランドを強化したいなら、VWがやはり筆頭でしょう。

しかし、大衆車メインのブランドがF1に出ていかほどの合理的なメリットがあるのか?2005、2006のタイトルホルダーであるルノーですら、その価値を説明するのには苦労をしています。

フィアットあってのフェラーリ、というスタイルであれば、VWあってのランボ、にしよう!と言えば終わるのですが、過去一度トライして止めているし、そこにポルシェブランドが関わってくると話が面倒です。

中国に続きこれから自動車が急激に発展するであろうと期待されているのは、インド。インド市場が狙いならば、フォースインディアにエンジン供給をするのが手っ取り早いですな。この場合、もちろんバッジはVW。

さて。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/12/02

ALPINE RENAULT

Alpine_renault_2 

 

Auto Expressより

昔、なにげに好きだったなー、アルピーヌ・ルノー。   ストラトスほどではなかったけど。予想CGの類だと思いますが、昔日の面影はあんまり感じないです。ルノーのブランド戦略として復活する方向だとの事。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もてぎ決勝

決勝です。朝の予選とはうって変わり日差し沢山気温も上昇。路面は予選のときよりはるかに良くなっていました。S-FJ 7台と混走なので、FJ予選17番手は24番グリッドからスタートです。グリッドでの監督からの指令。

「順位は気にせず、ベストタイム出して来い!」

序盤は38番とバトルになりました。5コーナーでインを付かれるも、相手は行き過ぎて立ち上がりでスピン。クロスラインをとっていたので巻き込まれずOK。そこで油断したのか、S字でミスって自分がスピン。3~4台に行かれてしました。

エンジンを止めず済んでいたので、すぐに再スタート、前を追います。もちろん、考えているのはタイムを更新することのみ。クリアラップで予選走りをして、なんとか自己ベストは更新。そうするうちに何台か抜いて、

あるクルマの後ろに追いついた、V字立ち上がりで相手がミスった、立ち上がりで並ぶ、ヘアピンに並んで入る、ブレーキ競争しアウト側からまくろうとした自分、シフトをミスってスピン2回目。その後のストレートとダウンヒル90度まで我慢すれば楽に抜ける相手だったので、そこで無理にしかける必要はなかったのでした。

これは、相手がミスらないと抜けない、またミスはすかさず利用しないと守られちゃう傾向の強い筑波病の側面もありました。が、行くべきところと我慢するところを見極めるクレバーな走りでは無かったですね。

で、指令の方ですが、車載のP-LAPⅡではギリギリで壁を破れていなかったのですが、公式計時では○秒95になっていました。やれやれ、と思っていましたが、ファステスト順位は19番目。とっても遅いわ。しゅ~(と音を立てて凹んでゆく)。

ともあれ、なんとか修行継続をさせて頂ける事になりましたので、頑張ってゆきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予選

予選終了。寒いので慎重にタイヤを温めて、自分の前をクリアにして(スリップなんかには頼らない!)、さあ行くぞというところでなんと赤旗。タイヤ冷えちゃうぢゃないか~。ま、条件は皆同じ。

気を取り直して予選再開。もてぎフルコースは長いので、残り時間で出来るのは2周か3周がいいところ。タイヤが冷えてしまったことを考慮すると一発勝負。

ペースの上がりは悪く無かったのですが、遅いクルマに引っ掛かって抜くのにややタイムロスしたりして。待ってクリアを作ったら、その間にタイヤは冷えるは、時間はなくなるわ、で行くしかなかった。

抜き終わってクリアラップ、さあこの周一発決めるぞ、という周で限界を超えてしまい痛恨のスピン、再スタートはしたものの、無情のチェッカー。悔しい!とっても悔しい。

電光掲示タワーの表示では総合24番手だったようなので、FJクラスでは17番手かな?

あとは決勝、目一杯楽しんで行く事にします。

追記

正式に17番手でした。FJ出走は27台だったので、上から3分の2には入れたというところです。走りこんだ筑波でも予選はその辺りだったので、まだまだ探りながら走っている部分が大きいもてぎで同じようなポジションが取れた事は良かったです。そういう事が出来るか?というのが今回の追試のテーマでもあったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/12/01

準備万端

準備万端
タイヤよし、エアよし、トルクよし、バッテリーよし、ガソリンよし、トランスポンダよし、準備はOK。

唯一、運転手に課題はありますが、ここまで来たらもう走るだけ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2本目

2本目
2本目
プラクティス2回目終了、目標タイムには届かなかったのですが、自己ベスト近傍には到達し、複数周それを維持出来たので、まあまあ首の皮一枚踏みとどまったというところかな。

ちっと甘い感じだけど、これで明日も頑張れます、というポジティブシンキングという事にさせて下さい。

明日は、FJが27台、SーFJが7台、混走です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅い。

遅い。
プラクティス1回目終了。とりあえず無事でマシンは快調。しかし運転手駄目ー。

2回目は14:10から。かみしめて頑張って行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »