« 2010エンジン規定 | トップページ | ふーん »

2007/10/02

ティモ・グロック

GP2チャンピオンおめでとう。A氏が日本の首相であったなら、これぞ”再チャレンジ”と言いたいところであろう。今は2008年のF1シートが決まったわけでもなんでも無いが、2004年ジョーダンでテールエンドを走り、そのままフェードアウトを強いられたタレントが、再び浮上するチャンスを得たことは間違いない。

しかしこの再チャレンジには、条件もあった。グロック、現在でも未だ24歳。充分に若いのだ。余りにも早く咲き、テールエンドチームのシートに手が届いてしまったがゆえ?当時は結果を残せずF1に残れなかった。もしプラス何歳か上だったら、そもそも今年GP2で再チャレンジする事自体かなわなかったであろう。

シリーズ開始から3年、過去2年のチャンピオンはいずれもF1へステップアップを果たし、結果を残して地位を確立している。今年のGP2チャンピオンシップは過去2年に比較すると小粒感があるのは否めまい。しかし、やはりここはGP2でチャンピオンを取ればF1に乗れる(スポンサーを持ち込まずとも)、という流れを維持して欲しい。

その意味で、もしトヨタが押せば来年F1レースシートに乗ってもおかしくない結果を出したナカジマカズキ、もう一年GP2を闘って、チャンピオンを獲得して堂々とステップアップを果たして欲しいとも思う。

2年GP2で闘って、2回チャンピオンを取れなかったピケジュニアは来年F1に乗れるのだろうか?ここに来てアロンソ次第という感じになってきちゃったがねー。

|

« 2010エンジン規定 | トップページ | ふーん »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/16643885

この記事へのトラックバック一覧です: ティモ・グロック:

« 2010エンジン規定 | トップページ | ふーん »