« 筑波FJ第4戦 振り返り#2 | トップページ | FSWも雨? »

2007/09/27

テスラ ロードスター

前から興味があり、時々記事にもしてきましたが、独立カテゴリを設ける事にしました。後でソートするのが楽なので、というのが理由です。

さて、話題は米シリコンバレーのベンチャー、テスラ社のロードスターです。Automotive Newsより。

Tesla 

 

-------------------------------------------------------

生産車として電気自動車史上最高の航続距離が実現した。テスラは今後発売するロードスターが、EPA CITYで255mile、HWAYで235mile、COMBで245mileを達成したと発表した。このロードスターは6800個の小型リチウムイオンバッテリーを搭載する。

テスラロードスターは0-60mphで4秒を切る速さである。最初の50台は2008年第一四半期に生産され、年内にプラス600台の生産が計画されている。

テスラの次の手は、2009年に発売、とされているセダン、ホワイトスターである。ロードスターはイギリスのロータスで生産されるが、このセダンの生産はニューメキシコの新工場で行われる予定だ。更に小さめのセダンも計画されており、最終的にはフルラインナップを揃える、という。

----------------------------------------------

このベンチャーが押さえているビジネスの肝は、6800個ものバッテリーを統合制御する部分という事ですね。後は、価格が下げられないならば高くても売れる車種(例えば高級スポーツカー)でやろう、というアイディア。クルマ自体は開発も生産もロータスに委託。これに投資するエンジェルがいたのでこうして世に出ようとしている、と。

この航続距離は概ね400km、ハナシ半分にしても200kmは行ける。日常生活の範疇では充分に実用になります。ただしベースがエリーゼなので、荷物を積んで二人乗って、という意味での実用性は期待すべきものではありません。

価格は10万ドルとか。10分の1とはいかないまでも、せめて5分の1くらいになってくれないと手が出ません。(そもそもノーマルのエリーゼにも手が出ないという点では同じ)。

|

« 筑波FJ第4戦 振り返り#2 | トップページ | FSWも雨? »

電気自動車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/16594500

この記事へのトラックバック一覧です: テスラ ロードスター:

« 筑波FJ第4戦 振り返り#2 | トップページ | FSWも雨? »