« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007/08/31

AGAG

スペインのAlejandro Agag氏という名前が浮上しているそうで。スーパーアグリとのリンクか、はたまたプロドライブだとか。カンポスってのもあったけど、それとは別で。

しかし、なんて読むのかわからん。アレャンドロ・アガ?

GrondPrix.comより。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/30

ハイブリッドキットカー

イギリスのAuto Expressというところにすっごく興味を惹かれる記事がありました。

http://www.autoexpress.co.uk/news/autoexpressnews/210060/riley_enterprises.html

これ、値段次第ではあるのですが、マジで欲しいです。現実的には日本で入手するには個人輸入しか無いだろうし、ナンバーを取得するのは一苦労しそうではありますが。

Xr3   

 

 

以下訳文です。

--------------------------------------------

これが、自分で組み立てるプラグインハイブリッドだ。USRiley Enterprisesという会社が開発した3輪のキットカーで、名前をXR-3という。燃費は225mpg(95km/L)であり、最高速は85mph(136km/h)である。ディーゼルエンジンをフロントに積み、リチウムイオンバッテリーで後輪のモーターを駆動する。どちらの動力源を使うかをスイッチで選択出来る。

価格は公開されていないが、最初のキットは3ヶ月以内に販売される予定となっている。

----------------------------------------------

光岡自動車さんにでも期待するっきゃないかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/08/29

新型ジャガー

Jaguar 

 

 

この写真は新型ジャガー、名前は「XF」。フォードとプラットフォーム共有させられたS-typeの後継車種との事。昨日発表されたので、特にこの写真はスクープでも何でもありません。

しかし、これがジャガーとは・・・

これとは違う写真でしたが、サムネイルを見た時は、「ボルボ?」と思いました。この写真は、何かトヨタっぽくもありスバルっぽくもあり、日本車っぽいなーという印象です。サイドビューはGS?、リアビューはマセラッティ or アストン?というところですかね。

フォード時代(まだ終わってませんが)の初期に企画・発売された車種がことごとく失敗して、これはフォード支配下での第2世代。失敗を反省した上で意図して変えて来たのだと思いますが、どこからどう見てもジャガーのかけらも感じられないというのはちょっとやり過ぎなんじゃないかなー。

詳細な内容、上以外の写真はこちらにて。

http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070828/138346/?ST=AT

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/28

マイクロソフトECU

マイクロソフトMES社が落札した、2008年用統一ECU性能や技術レベルがどうのこうのと言う記事を見ましたが、そもそもこの部分での技術競争を廃する事、それによる性能均衡(現状より下げてね)が目的なのだから、技術的に低くて当たり前。

TCSは禁止される事になっています。ローンチコントロールも、例え残っても現在の最先端は望むべくも無いでしょう。現在F1の仕事をしている制御屋さん、シミュレーション屋さん、プログラマーさんらの何割かはこれにより仕事を失うでしょう。

これは2007年エンジンホモロゲで仕事を失ったエンジン屋さんに続くもので、この仕事を奪う事自体が、”コスト低減”なのです。人件費も大きなコストですから。従って、性能の低さに文句を言う筋合いは全くありません。それは狙い通りなのです。

もちろん、金満チームは他にお金をかける領域を探してそこへリソースを投入するでしょう。金をかければ速いものでは無いという事は証明済みですが、ある程度は無いと遅いのもまた疑問の余地なし。

ワンメイク化とオリジナリティ、難しいバランス調整が続きますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/27

ドライバーズ

ちらっと見たら、ドラーバーズランキングなのに14位までキッチリとチーム毎に並んでました。1,2マクラーレン、3,4フェラーリ、5,6 BMWという感じで7チーム。チーム力の現れですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/26

しぶとい

いやー、あれでクラッシュをしない、リタイアもしない、入賞圏内に踏みとどまる、きっちりフィニッシュ。しぶといとしか言い様がないでしょう。素晴らしいね、ホント。嬉しくないけど。

今日はこれにつきます。その他、

  • フィジケラ、ノーポイントはやばいかも。
  • 意味無しファステスト、やめれば?
  • ベッテル決勝もか。
  • ヤマモト完走おめでとう。次こそBカーで、”1L”仲間に入れるといいね。
  • 平均速度が速いと終わるのが早い。

ではこんなとこで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

訴訟

SAF1にSS Unitedのロゴが書いたまんまだったので、はて?と思っていましたが、FeedMeF1の報ずるところによると、リーガルアクションを予定しているとか。成功を祈る。

さて決勝だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もてぎテスト

今日はもてぎでFJのテスト(練習)をしてきました。朝7時過ぎにサーキットに到着したころは爽やかだったのですが、走行が始まる9:30までにはしっかり真夏に戻っていました。しかし、前もそうだったのですが、土日に走行枠があっても、イコール大賑わいにはならないのですね。(混むときもあるのですが、レース前とかだけかな?)

私のような会社員かつレースをやってる人の方が少数派という事なのかな。早く着いてピットを確保せねば、という事で早起きして向かったのですがそこはちょっと拍子抜けでした。

今日のポイント

  • 突っ込みその他、改善傾向が出てきた。
  • ○にして止める形の糸口が見えてきた。あくまで糸口ですが。
  • 路面が悪い中、一応は自己ベストを更新した。絶対値はまだまだ。
  • 以上総合して、初めて来てこのくらいの走りが出来ると良いね、という評価を頂いた。先が見える形になって来た。
  • もちろん、ここで終わりでは無いのでその先へ進めるように頑張る。
  • ショートカット出口のポイントをミスって、乗り上げて縁石のカドでフロアを痛めた。結構大きい損傷。
  • グローブにも穴あいた。右手小指。
  • もてぎを走ると両手首に負担がかかっている事が判明。

 

これにて、夏トレ終了。次(来月)からレース前モードに入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/25

トルコ予選

ふむ。

  • サトウは負けが目立ち始めたような気がして来たね。デビッドソンあわやQ1進出。
  • ベッテルは折角の評価が下がり始めたな。あるいは、リウッツイがこれをもって「俺だってちゃんとしたクルマに乗れれば行けるんだ」と言える状況なのかも。
  • ロズベルグがいいねー。トップチームのクルマに乗せてみたい。
  • シューマッハはいつもの場所に戻り、トゥルーリもまた同様。
  • レッドブルがいま一つ伸びない。周りが上がっていくのに対し相対的に遅れを取っているのか。
  • フィジケラは積んできた、と。アタックしてないもんね。
  • アロンソ何故ハード?ひょっとしてソフトは重いとたれちゃうのかしら。Q2ポールの速さを封印したからには、何かあるはず。
  • しかし、ポールが329、2位グリッドが373、3位が546、4位が574。ハードでも3位は取れたかも。
  • おそらくマッサが一番軽く、ついでハミルトン。ライコネンとアロンソは少し長そう、と見る事が可能ですが、あくまでQ2-Q1タイム差を見ただけなので、こればかりはなんとも。

さ、明日は晴れだ。

 

なんか忘れた?

いや。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/23

データじゃないの?

外出中なのでパソコンでネットにアクセス出来ません。なので、久しぶりにAutosports誌を買いました。

トップ記事は先の鈴鹿1000kmでした。たまたま、ライブで中継を見ていたので、終盤にいち早くドライタイヤに変更したSCが、交換の遅れたNSXを逆転したのは知っていましたが、記事によるとその判断はドライバーに託されていたとの事です。

NSXの交換が遅れた時点でやや疑問ではあったのですが、その疑問が深まってしまいました。

それは、このタイヤでこの位のタイムならば路面はこう、ならばドライタイヤへ代える方が速い、という類いのデータがどちらのチームにもなかったのかしら?、というものです。

データを見て冷静に判断、というものだと思っていたのですが、違ったようで、そこが不思議。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/08/22

ナンセンス

さて、あの”8コーナー”があるトルコGPも近づいてきましたね。あそこは大好きです。

ところで、「ナンセンス」

と語ったのはノルベルト・ハウグ氏。アロンソが夏休みの仲直りボート遊びの誘いを断った、とされている件について。曰く

「ルイスは頻繁にあのボートに乗りに行っているが、そこにアロンソが一緒しなくてはならないという理由など存在しない」。

しかしFeedMeF1によると、ハウグ氏はトルコGP前にハンガリーでの出来事に関するチームのミーティングが予定されている事も認めたとの事。

Fワードの件を含め、何が本当で何が嘘か、判別する術はありません。先ずはスパイスキャンダルの裁定がどうなるか、はよ決めて、というとこ。

 

 

今回のGPは、予選終了辺りまで止む無く情報遮断状態になる予定~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/20

零号トレ8月#2

夏休み最後の日、2日連続で零号トレが出来ました。いつものコースですが、今日はとても強風で、行き側はすいすい体感40km/hくらい、戻り側は強烈なアゲンストで体感15km/hくらい。

アップダウンを繰り返しているようなものでしたが、トレーニングとしてはこれも悪くないメニューではあります。尻も痛がってましたが、なんとか約1時間走りました。

休みの日しか出来ないのは問題なので、何とか平日にもやるようにしたいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレオ給油

今日はプレオに給油。区間距離は357km、給油量は23.8Lで、燃費は15.0km/Lとなりました。こちらはマーチよりも更にエアコンの影響大なのはエアコンONでばっくり加速しなくなる事からも確実です。

前回の給油量は23.9Lだったので、概ね燃料計がそろそろだなーと思うタイミングは同じです。しかし、前回は¥2845だったのが今回は¥3199。12%も増えました。急激な円高と原油価格の落ち着きがあるので、来月は少し下がるはず、と期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/19

零号トレ 8月#1

8月はさぼってて、零号トレは今日が初。猛暑が一段落したので、夕方トレを再開出来ました。重点的に鍛えたいところは右足の膝から下の表と裏の筋肉です。踏み降ろし側だけでOK。意識してそこに負荷をかけてペダルを漕ぎます。

FJの走行中ここが真っ先に音を上げて、そこから走りが狂い始めるのと、全般的な体力が不足しており、底上げをしないと貴重な練習時間を100%有効に使えない、という事でやはりちゃんとトレーニングしなきゃ、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/17

筑波FJテスト

今日は、夏休みを利用してのテスト#2でした。前回は記事にするのも憚られる出来であったので書かずにパスしてしまいましたが、今日はベターでした。気温表示は35℃でしたが、路面温度は10℃近く低く、体感温度は37℃と表示されていた前回より5℃くらい低かった感じでした。

今日は、一本目はまあまあでした。が、その調子で更に詰めて上げていけば良いところを、体力負け含めペースアップが出来ずじまいでした。少しのズレがいろんなところに波及して大きなダメージになるのが恐いところです。

今日は○○コーナーにかなりやばい弱点がある事が明確になり、そこに大きな壁がある事が確認出来ました。これをなんとかしなくては、今の位置から上がることは困難です。

来週はもてぎ!

 

頑張って来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電気スポーツカーの話題

アメリカではTeslaというベンチャーがEVスポーツカーをやっていて、車体はロータスに開発委託で、速いという事です。EVはコストがかかって高い。ならば高くても売れるクルマでEVをやれば良いという発想は見習うところ大で、注目していました。

そのTeslaと似たようなEVスポーツカーがイギリスでも出てきたようです。Mirror.comより。

http://www.mirror.co.uk/news/motoring/2007/08/16/the-electric-car-that-s-faster-than-a-ferrari-89520-19638821/

Lightning   

 

 

-----------------------------

そいつはポルシェやフェラーリよりも速い。しかし、ガソリンを消費する事は無い。これは電気自動車なのだ。700馬力の”Lightning”はイギリス製で、0-60mphは4秒を切る。

価格は15万ポンドで、フェラーリと同等、ポルシェより高い。しかし、何千ものガソリン代を節約できる上、ロードタックスもかからない。更に環境に優しいというアピールも出来る。

革新的な”NanoSafe Battery”は250mileの航続距離を持ち、充電は10分で終わる。そして12年間使用可能である。

Lightningは今年末までに発売される予定である。

LIGHTNING IN FIGURES

0-60: Under 4secs / Top speed: 130mph / Power: 700bhp Charging time: 10mins / Range: 250miles / Battery life: 12 years / Car tax: £0 / Price: £150,000

STOP AND GO

There are only 12 UK public charging points

Electric cars are exempt from road tax and the London Congestion charge

--------------------------------------

値段は庶民である私にはとても手が出るものではありませんが、このマーケットには可能性があると思います。こういうところから普及してゆくというのは有りですね。

写真はこちら↓にて

http://www.autobloggreen.com/photos/lightning-gt/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/16

クルマは速い

ライコネン

「クルマは速いよ、それは確かだね。しかし、我々はもう少し多くフィニッシュラインに届かなくてはならない。」

--------------------------

その通り!なんだけど、

何ゆえそれがドライバーに付いて回るのか、それが不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/15

ハミルトン

話題の的、ハミルトン。彼がガールフレンドと分かれたとかいうハナシが有りましたが、さすがにそれは無視して来ました。

そうしたら、今日は更に上乗せのゴシップが。

The Sunからのネタに、いくつものサイトが記事をのせています。
なんでも、マクラーレンの15%を保有する、マンスール・オジェ氏の娘、サラ・オジェ嬢とヨット遊び&ディナーに行ったそうで。

どーでもいいハナシなのですが、アロンソちょっと不利な形勢かな〜、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/13

レクサスWTCC

FeedMeSportscarsの伝えるところによると、レクサスIS220dがWTCCに参戦するとの事。WTCCは、放映自体が録画なのでHDDに貯めて見ています。日本の媒体ではニュースになりませんので、結果も知らずに済み、面白く見られています。そこにレクサスね。とりあえず記事を

----------------------------------

LGTエンジニアリングは、レクサスIS220dでFIA WTCCに参戦する計画である事を認めた。リバプールに拠点を持つこのチームは2台をエントリーし、YOKOHAMA インディペンデント”トロフィー”を戦う。

LGTのコマーシャル・ディレクターであるティム・ブレーク氏はこうコメントした。

「我々の計画は、今シーズンが終わる前にクルマを走らせ、2008シーズンにフル参戦してチャンピオンシップへアタックする、というものである。現在はレクサスと、多くのパーツ、内製のトランスミッションを含む、についてFIAの公式ホモロゲーション取得に着手したところだ。」

LGTエンジニアリングは、2007年2月に、ティム・ブレーク氏と、テクニカル・ディレクターのジョージ・ライトン氏によって設立された。ライトン氏は、フェラーリ、ミナルディ、ティレルF1チームでの経験があり、LGTエンジニアリングでは設計チームを率いてモータースポーツとロードカー両方のプログラムを担当している。

-----------------------------

WTCCにはバイオ燃料も出てたし、ディーゼルもこれが初ではありません。このプログラムにどこまでトヨタが関わっているのかは分かりませんが、先ずはプライベータークラスで様子を見るというのも無難な選択でしょう。

トヨタから資金が出ているかどうかは、デビューすれば分かると思いますけどね。

こうなると、シビックも(欧州5ドア)タイプRではなく、ディーゼルをどっかのプライベーターからエントリーさせるとか。

ニッサンは~、、、欧州に適当なクルマが無い。インフィニティG20dなんてのが計画にあればそれ。FF系は、該当クラスの5ドアを乗用車からキャシュカイ(デュアリス)にしちゃったから。販売はかなり好調らしいけど、流石にあれはレースに出すようなクルマじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/12

2009 GT

AS-webでたった今見たばかりですが、2009年GT規定が発表になっていました。ポイントは、

「競技専用エンジンの搭載を認める」

で、どんな専用エンジンが許されるかと言うと、2009F-nipponと全く同一規定で、

「3400CC、V8、リストリクター径29.1mm×2」

になるそうです。F-nipponも3000cc 550ps(公称)から排気量アップする、と。単純計算で比例計算すると、623馬力になるのですが、どっかで押さえる事になるのでしょう。分かりやすく600馬力か、あるいは馬力は上げない規定となるか。

いずれにせよ、例えば現行Zの4.5L V8 は公称”500馬力以上”なので、これは選択の自由では無く、闘うのであれば新規定エンジンを造るっきゃない。もしニッサンが規定に合致したエンジンを仕立てるのであれば、F-nipponにも出てくる?という期待が入っているかも。

既に話がついている可能性も有りますが、ことニッサンに関しては「だったら止め」、とばかりにGT500(上記の通りだとGT600か)からの撤退(GT300のサポートだけが残る)も可能性が無いとは言い切れないのが厳しいところ。

あとは~、現行4.5L V8に装着しているリストリクターの緩和とかで”性能調整”して継続参戦か。GTはそれが出来るカテゴリーだし。GTはワークスエントラントを失わずに済み、ニッサンはお金がかからない。

なんかこの線が一番有りそうかも。

 

さてカルロス・ゴーンCEOの判断は如何に?(ところで、Z? GT-R?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォト:筑波FJ 第3戦

昨日、6月24日の筑波FJ第3戦の写真を頂きました。スキャンして掲載です。いつも、本当にありがとうございます。

 

Docu0001_small ←ピットで準備作業中。VICIC主催のレースはFJ にピットを優先割り当てして頂けるので助かります。

 

 

 

Docu0004_small ←予選中。1ヘアでブレーキロックしているの図。

 

 

 

 

Docu0003_small ←雲行き怪しく、タイヤを交換しているの図。

 

 

 

 

Docu0002_snall ←予選結果を見ながら、頭を抱えるの図。あと0.2秒あればグリッドが10番手くらい上がったはず。(21番グリッド)

 

 

 

Docu0005_small ←決勝中。完全なレインです。

 

 

 

 

Docu0008_small ←序盤の混乱が落ち着いたら、前を押さえられていたの図。必ずミスると確信して我慢。

 

 

 

Docu0007_small ←決勝チェッカー後ピットロード。ちゃんと抜いてきたでしょ、の図。

 

 

 

以上!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/10

オリジナルSA08

Pitpass.comより。

---------------------------------

スーパーアグリがRA107を使うのは避けたいと考えて、彼ら自身で08カーを製作するのではないか、という観測が広がっている。事実、ハンガリーの公式会見で、スズキ代表は、自身のチームで08カーを製作するつもりだ、と語っている。

プロドライブからはマクラーレンとの提携含め何も発表が無いが、まさかリチャーズが古巣ホンダのカスタマーチームになるのであろうか。

スーパーアグリは、ブラックレーのファクトリー賃貸契約を更新していないらしい。つまりより広いどこかへ移転するのであろうが、さて何処へ?

------------------------------------

うーん、RA107は欲しくないでしょう。だったらRA106をベースに改良を加えてSA08と呼んだほうがマシ。SA06がSA05のマイナーチェンジだった事を考えれば、それも有るか。ただし、来年からは堂々とRA108を使えるはず。(それもギャンブルだが)

先にスーパーアグリの資金難のニュースがあった事を思い出せば、ファクトリーの契約更新がされていないのは、単に出来ないだけ、なんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

捏造

ハミルトン&デニスのFワードはメディアが作った捏造だってさ。まあ実際メディアも信用ならないものだけど、チーム側の声明をそのまんま信じるのも有り得ないでしょう。誇り高きチームが公にそんな事を認めるはずがありませんからね。

所詮水掛け論。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/09

オールドバッドボーイ

ストレートな発言で知られるアーバイン、語る。「信じられない尊敬心の無さだ」。itvより

---------------------------------------

元F1ドライバーであり、4勝を上げているアーバインが、ハミルトンがデニスに対して示した言動は ”Unbelieve disrespet”である、と断罪した。

ハミルトンは、チームが彼から予選のラストアタックを奪った後、Fワードでデニスを罵ったと報道された。この22歳は、レース後にチーム員に謝って回り、デニスとも長い時間話し合ったとされている。

しかし、アーバインは彼のコラムにて、彼がチームのボスに示した態度を問題にし、メディアにおける彼の”ナイスガイ”イメージは既に消えつつあるとした。

「私の意見では、彼がチームのボスに対して示した尊敬の無さは極めて信じられないものである」。

アーバインは、現役時代にはF1ではバッドボーイで知られたドライバーであった。しかし、彼はチームのボスに対してそんな態度を取ったことは一度も無いと言う。

「私は、チームのボスに敬意を示さないような類の人物には全く敬意を持つことが出来ない。ルイスは急激に私のそれを失い始めた。」

「私は、キャリアの中で権威とされる方々、エディー・ジョーダン、ニキ・ラウダ、ボビー・レイホール、らといざこざを起こすことはあったし、同意出来ない事もあった。しかし、チームの誰に対しても絶対にあのような不尊敬をした事は無いし、ましてやそれをチームラジオを通して言うなんてことは絶対に無かったよ。」

「アロンソについて言うなら、2回もチャンピオンを獲っているのだから、もっと頭を有効に使うべきだね。」

「ピットでルイスをブロックするなんてのは、最も愚かな行為の1つだ。あれは、M・シューマッハがジャック・ビルニューブに体当たりした、97年のヘレスを思い出させるものだったよ。」

「ズルを推奨するつもりは無い。しかし、もし本当にやらざるを得ない状況であるとしたら、いくらでもやり方はあるんだよ。」

----------------------------------

まあ、私の意見に近いという事で取り上げてみました。前にも書きましたが、あのアフロ・ブリティッシュに対する私のポジションは、明らかにニュートラルからヘイト側に傾いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/08

エクソダス

躍進中のBMWザウバーからの引き抜きが多く発生しているというニュースを記事にした事がありますが、逆にエクソダス(大脱出とでも訳しましょうか)も発生しているそうです。難破船はどこでしょう?

RealHondaF1.comによる記事です。(ネタ元を書く事にしていますが、名指しを避けた意味はなくなってしまいました)

------------------------------

スタッフのエクソダスが始まった。最初は、ポール・フィールド、コンポジットマネージャーだ。ホンダF1チームはベストなカーボン部門を持つと言われているが(へえー)、その中核を担う人物である。

元コンポジット部門担当で、オペレーティングマネージャーのゲイリーサベージもそれに続いた。ホンダの組織には大きな穴が残された。この2人はジェフ・ウイリスの友人であり、ウイリスが最近職を得たレッドブルレーシング(への就職)へと向かっている。

エアロダイナミクス・チーフである、マリアーノ・アルペリン-ブルーベラにも、BMWザウバーへの移籍説がある。アルペリン-ブルーベラは、最近ホンダを離脱したウイレム・トートと合流するらしい。

Pitpass.comの情報によると、チーム代表のニック・フライは3ヶ月単位の契約を更新しているとの事だ。

---------------------------------------

(派遣社員かよっ!)

エクソダスなんて言いつつ、今回名前が出たのはたった4人です。しかし、ジル・ド・フェランもチームを去ったし、マーケティング・ディレクター(地球ペイント担当!)もホンダを辞めてアリンギに移ったそうで。

金満遅い2トップだった一方のトヨタが着実に改善ペースに載せているのに対比しても、シーズンが進むに連れ遅さが増すホンダというのが浮かび上がって来ます。何とかならんのかね、実際。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/07

らしい投資

少し前にルノーが60億(だったかな?)を投じて、イギリスにCFDセンターを造るという話がありました。これをもってルノーがF1を継続する方向の良い話と受け取る向きもあるようですが、それは若干違うなと思っていました。ふと思い出したので、書いておきます。

というのも、CFD解析であれば、例えF1を止めてもルノー・ニッサンの両社で市販車の開発にいくらでも役立てる事が出来るのです。先の投資はF1を続けるにせよ止めるにせよ無駄にならない投資をしたな、と受け止めるべきでしょう。

例えばフルスケールの300kmムービングベルト風洞より遥かに応用が利くでしょう。また、現物を持ち込む風洞と違って、データのやり取りで済むのですから、秘匿の問題もクリアしやすいでしょう。

市販車の仕事をやらないにしても、○○F1テクノロジーとか名乗って独立会社として広くモータースポーツの世界の仕事をアウトソースされる会社としてもやっていけるでしょうし。

という事で、いかにもカルロス・ゴーンCEOがGOを出しやすい案件だなー、と思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12thチーム

当初に予定、とされていたイギリスGPが終わってもう一ヶ月、プロドライブからは、マクラーレンとの契約はおろか、メインスポンサーやチームスタッフなどについても何のアナウンスもありません。

FeedMeF1によると、ブルツとデラロサが2008年レースドライバー契約のオプションを持っているようですが、「何ひとつ決まってないよ、現時点では。チームが本当に生まれるかどうかすらね。」という事のようです。

ブルツがオプションを持っているのが本当であれば、ウイリアムズとの2008年契約も確定したものでは無いという事でもあるので、2008ナカジマデビュー@ウイリアムズの線が更に濃くなってきた様に思います。後はGP2で勝てれば完璧。

早ければ今年のフジでドライバー交代があるかも?と勘ぐっていますが、五分五分かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/06

エアコンは効くなー

先月11日に20.01km/Lを記録して最初の給油となりました。今回の数値によっては、20.0達成に疑問符がつくところです。(満タン法なので)。

さて、今回も区間704.5kmと700km越えを達成しました。しかし、燃料警告灯が点灯してしまい、入ったガソリンは38.1L、燃費は18.5km/Lとなりました。前半はかなり好調だったのですが、8月に入ってからのエアコンONがかなり効いてしまった模様です。

燃料警告灯を点灯させたのは、今年1月以来ですが、その時入ったガソリン量も38.2Lだったので、今回の給油量も妥当と言えます。

次回は16km/L台かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり?

それが日本の会社だと聞いた時から、ちと怪しいんじゃないかな?とは思っていたのですが、ハンガリーのパドックではSAF1財政危機の噂があったそうです。FeedMeF1より

-----------------------------

スーパーアグリにスポンサー振込みが無い?

スーパーアグリチームがファイナンシャルトラブルに遭遇しているというハナシがハンガリーのパドックで語られていた。それによると、SAF1では開発プログラムは全てストップしており、レースチームの人員(旅費)までも削減をしているとの事だ。

開発の進行について質問されたスズキ代表は、こう答えた。

「それは、予算次第だね」 (It depends on the budget.)

「自分はハードに努力しようと心がけているし、チームも全力で頑張ってくれている。今は来年の計画を練っているところだ。」

「もちろん、チームは成長しなくてはならない。どのくらい出来たかを言うのは難しいが、皆がハードに働いているよ。」

ドイツのウエブサイト、motorsport-total.comは、スーパーアグリのスポンサー達が、7月の支払いを滞らせた後、チームを離脱したと報じた。

チームマネージャーのダニエル・オーディットはストーリーを認めた。(confirmed)

「我々は節約できるところでは節約に努めている。そして今年獲得した4ポイントによって、ファイナンシャルな利益が出ることを期待している。」

現状ではトップ10チームが分配金を配分される。スーパーアグリはコンストラクターズ8位で、ホンダ、トロロッソ、スパイカーより上位に位置している。

--------------------------------------

カスタマーカー騒動はどうなったのかしら。12チームに分配することでハナシを納めにかかっているとかいう噂もありましたが。スパイ騒ぎでそれどころじゃないってトコかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/05

やっぱ抜けないね

うーー、やっぱ抜けないね、さすがに東欧のモナコ。さて、

  • なにそのファステスト。最終ラップでそれ出せるんならなんでもっと早く仕掛けられないの?リードラップもファステストもポイント付かないよー、F1では。
  • ちょっと離されギャップが空いたから目一杯を出しただけで、このタイムが出せても接近すら出来ないのがハンガロリンク、という事か(#1)。
  • それにしてもミスしないねー、ハミルトン。完璧すぎ。
  • やはり軽かったハイドフェルド、3ストップをきっちり決めて3位ゲット。素晴らしい。
  • クビカ、シューマッハ、ロズベルグもきっちり仕事した。
  • アロンソも6位スタート→4位フィニッシュは良い仕事したんだけど、抜きたかったなー、感が。ハンガロリンクだから(#2)か。
  • トゥルーリは重かったんじゃなくて遅かったのか?そうだとしたら立場逆転かも。
  • 順位が暫定という事はコンストラクターズはポイント繰り上がるの?9位レッドブル、10位トヨタ。
  • マッサも何があったの?やっぱQ2でタイム出せなかった時から遅くなってたという可能性がありそう。それともハンガロリンクだから#3?
  • ベッテル完走。これもいい仕事したと言えるでしょう。
  • 完走してスパイカーより遅いってどーゆーことなのさ。パラシュートついたまんまみたいだね。低速サーキットなのに。

  - - - - - - -

(ドライバーズ)ポイントは、

ハミルトン:70+10=80

アロンソ:68+5=73

ライコネン:52+8=60

マッサ:59+0=59

となり、まだまだこれから。

・ ・ ・ホント事件が絶えないけど、愛想がつく感じじゃないのが不思議。

 

- - - - - -

さて悪い意味で予想通りになってしまったヤマモト。バリチェロに抜き返され終わっていたはずだから単独だと思いますが。折角ミス無しで来ていたのにもったいない。

やはり決勝周回数は分けるべきだな。そういえば元々は決勝周回だけのつもりだったっけ。マシントラブル等の可能性も残ってはいますが、どっちにせよね。よってヤマモトカウントは90&4としておきますか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公平

マクラーレンは、アロンソを20秒止めて置いたのは、二人をイーブンに扱う努力の結果であり、誤解を受けていると主張しています。

PS.フィジケラも5グリッド降格だそうで。リプレイを見る限り、フィジケラも前に詰まらされた被害者と言えそうなんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕返し?

FeedMeF1より。

ロン・デニスは言った。

「ルイスはフェルナンドを先に行かせるべきだった。そして彼はそうしなかった。」

アロンソはこう説明した。

「言い難いけど、自分がファーストで彼はセカンドなんだ。」

「ハミルトンは(自分を先に行かせろという)命令を受け入れなかった。5、6回は繰り返されたんだけどね。」

「その結果、バーンオフとして予定していた周回が1周少なくなってしまったんだ。ピットストップを遅らせたのは、実際その分を修正するためだった」

--------------------------------

つまり、ハミルトンにブロックされて1周多く回れる分をふいにした、と。それでピットで仕返しをした?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤが冷えた

マッサがQ2でタイムを出せなかった理由に「あのドタバタでタイヤが冷えた」と言ったらしいのですが、なんで?なんにせよニュータイヤでしょ。それに、アウトラップであまり加熱させないようにしないとクイックラップ最後まで持たないとか何とか言ってたじゃない。と、思っていました。

なので、それはなんだか意味不明の言い訳だな~、と思っておったのですが、一応、ウオーマーから外してから余計な時間が経ってしまったという事を言うならば、それはそうに違いない。

それにしたって10位タイムには滑り込めるはずでしょう、という思いは変わらないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペナルティ付くんだ

なんとアロンソにペナルティ。グリッド5番手降格で6位スタートに。過去10グリッド降格はあったけど、5番手とはなんか中途半端な感じ。失格でもなければ最後尾でもない、しかもドライバーズポイントは(獲得すれば)許される模様。有罪に出来るんだったらもっと重くなってしかるべきと思いますが。

コース上で起こった事件ではないのでペナルティーは課しようが無いと思ったのは早計でした。下記の記事によるとアロンソはハミルトンに対する”妨害”を行ったという判断になったようです。ピットレーンでも有効なんですね。

チームに対しても、「F1の利益を損なった」としてペナルティ。日本の某メディアはごっちゃにしてましたが、別々の模様ですね。もちろん、チーム分についてはアピールしているので、その判決が出るまでハンガリーのリザルトは”暫定”のままだそうで

例のスパイ騒動、書類を所持していたのは明確に違法、しかしそれをマシーン開発に繋げた明確な証明が出来ないのでチームは無罪、ってのが先の判決だった(再審中)。けどこれも充分に「F1の利益を損なう行為」ぢゃないのかな。

しかし、アロンソ降格は受け入れ、チームへのペナルティへはアピール。つまりアロンソの個人的な行動でありチームは関与していないと主張しているわけだ。アロンソ電撃移籍の噂に油が注がれるかも。

追記:アロンソ降格についてはレギュレーション上抗議不可だそうです。

以下、Motorsportの記事から抜粋です。

-----------------------------------------------

「バーンオフにて、アロンソはハミルトンの前を走ると決めていた。しかし、ハミルトンが前を取ってしまい(赤旗ラインの前だったね、そういえば)、チームはアロンソに抜かせるようにハミルトンに指示をしたが、ハミルトンはそれを拒絶した。これによってシークエンスが混乱し、その結果ああいう事になった」

なぜアロンソには次のピットストップで20秒停止しなければならないと伝えつつ、ハミルトンに次のラップでピットインするように指示したのか?とスチュワードに聞かれ、

「ピットストップ想定時間を伝える事は特別な事では無い。20秒止まらせたのは、クリアラップを取る為である。」

 

アロンソは、なぜ10秒余分に止まっていたのか、とスチュワードに問われ、

「正しいタイヤが装着されていたかどうかを確認していた」

と答えた。明らかに説明になっていない。何故ならカウントダウンが進行中だったので、アロンソはラジオを使えなかったはずだからである。

スチュワードは、チーム、アロンソどちらの言い分も認めなかった。そして、アロンソはハミルトンに対して”妨害”したと判断したので、5グリッド降格となった。チームには、”コンペティションとモータースポーツ全般への興味に損害を与えた”としてハンガリーでのコンストラクターポイント除外を課した。

--------------------------------------------------

やれやれ。別記事ではアロンソは行けといわれるまで待って、行けと言われたから行った。それだけだと言っているというのもあります。カウントダウン中だったかどうか、タイヤについて会話しているかどうか、無線の記録があれば全部明確なはずなのですが。

プライベートボタンでの会話だとして、それは記録されないとか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/04

やった?

さてどういうコメントが出てくるやら、と思ったらそこだけ音声こないでやんの。

  • アロンソ確信犯?Mシューのモナコと似たような感じだけど、オフィシャルなペナルティは絶対に無い。しかしロンデニス怒ってたねー。
  • ただし、アロンソは軽いはず。
  • もしくはハミルトンが積んでるか。戦略がどうのとまた言ってたみたいだし。(この時は一応音声復活してた)
  • 軽いと言えばハイドフェルドもだ。
  • 今度はいいかな、ロズベルグ。
  • 今度はいいかな、トヨタ。
  • トゥルーリはかなり積んできたみたいだけど。

ヤマモトカウントは83+7=90。結局1秒落ちはまだまだだけど、今回キチンと完走出来れば次につながると期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まあまあ?

0.5秒落ちまでくればまあまあかな。ここまでコースアウト(で埋まる)、クラッシュ無しは評価に値するでしょう。しかし、スパイカー遅いね。20位バリチェロから1秒落ちとは、Bカー出てきたんじゃないのかな。ホンダもどうしちゃったのか、1年前タナボタとは言えここで勝っているんだけど。ルノーもダメだねえ。トヨタはいいのかな?

ま、予選をみましょ。

おっと、ヤマモトカウントは 59+24=83

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/03

フリーなんだけど

、この辺りはマジ走りをしてるはず。しかし、下から4台フェラーリってどーなのよ、カスタマーエンジンが遅かろうと関係ないのかねえ。

STRデビューのベッテル、先ずは先輩リウッツィと0.01秒差の同タイムを記録しご挨拶としては充分かな。諸事情あっての事かもしれないが、ヤマモトはスーティルの2.6秒落ち。この辺りが違いなんですかねえ。

スパイカーは予定通りにBカー出してきたのかしら?パーツが1台しかなかったか、でなけりゃ初日は大事を取ってAカーで走ったとか。

とりあえず、ヤマモト選手は59周しました。ひやかしに数えておいて、後で26億円を割ってみよう。1周いくらかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/02

反撃開始?

一度は落ち着いたはずが、フェラーリ側にて蒸し返されている”スパイスキャンダル”にロン・デニスが反撃を開始したそうです。いくつかの記事が出ていましたがかなり長いものだったので、拾い読みです。概ねこんなとこ。

 

  • そもそも、情報は漏洩してきたのではなく、かのステップニーより告発としてコフランに渡されたものだ。
  • つまりフェラーリは違法なマシン構造を採用しようとしており、その情報がマクラーレンにもたらされただけの事だ。
  • 我々はその報告を受けていたから、オーストラリアでの彼らのマシンが違法である事は分かっていた。
  • だが、プロテストはしなかった。違法が明確だったからだ。
  • その部位は、リアウイングセパレーターとフロア支持構造である。

どっかで、マクラーレンがシーズン当初からフェラーリの違法性を示してきたこと自体が、マクラーレンがフェラーリの内部情報を(違法に)入手していた証拠であるという趣旨の記事を見ましたが、確かにその通り。

しかし、デニスの言い方だと状況は180度変わりますね。ただ、告発したかったのであれば、ライバルチームに情報を流す以外にやり方もあったであろうと思われるので、その辺りも微妙ですが。

ともあれ、車検ルールが500kgから2トン(だったよな?確か)に変更されて収まったかと、そして忘れ去られるのかと思っていた”ムービングフロア”問題アゲイン。やられたらやり返す、これぞF1。かなあ・ ・ ・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/01

今月のスカパー

今月のスカパー。AS-web様いつもありがとうございます。ウチではこのようにアレンジして使わせて頂いております。日付で並び替えをやるので8/4は8/04に修正をします。絶対に見ないF1広報室とか、何故か趣味じゃないWRC、等を削除してこんな感じ。

-------------------------------------------------------------

フジテレビ721 8/04(土) 17:50~19:10 F1第11戦ハンガリーGP土曜フリー走行
フジテレビ721 8/04(土) 20:50~22:30 F1第11戦ハンガリーGP公式予選
フジテレビ721 8/05(日) 20:50~23:20 F1第11戦ハンガリーGP決勝
G+ 8/05(日) 25:30~28:30 NASCAR第20戦インディアナポリス
J sports ESPN 8/05(日) 22:00~23:00 DTM 第6戦ムジェロ
GAORA 8/05(日) 22:30~24:00 WTCC  第6戦ポルトガル
フジテレビ739 8/06(月) 21:00~23:00 GP2シリーズ第5戦イギリス
G+ 8/12(日) 25:30~28:30 NASCAR第21戦ポコノ
GAORA 8/12(日) 22:00~23:30 WTCC  第7戦アンデルストープ
GAORA 8/12(日) 19:00~22:00 IRL第13戦ミシガン
J sports 1 8/19(日) 12:30~20:00 SUPER GT第6戦第36回鈴鹿1000km 決勝
J sports ESPN 8/19(日) 22:00~23:00 DTM第7戦ザンドフールト
GAORA 8/19(日) 22:30~25:00 IRL第14戦ケンタッキー
G+ 8/22(水) 24:30~27:30 NASCAR第22戦ワトキンスグレン
フジテレビ721 8/25(土) 16:50~18:10 F1第12戦トルコGP土曜フリー走行
フジテレビ721 8/25(土) 19:50~21:30 F1第12戦トルコGP公式予選
フジテレビ721 8/26(日) 20:50~23:10 F1第12戦トルコGP決勝
J sports 1 8/26(日) 13:30~17:45 フォーミュラ・ニッポン第6戦 富士 決勝
フジテレビ739 8/27(月) 21:00~23:00 GP2シリーズ第6戦ヨーロッパ

------------------------------------------

ちなみに、不幸にも重なった場合、国内レースが先ず落とされます。というか、GTもFNも殆んど見ないです。幸い、すぐに再放送されるので、スカパーは裏番組録画は出来ないのですが何とかなっています。(数少ないレースファンを取り合ってどうする、時間帯のバッティングは避ければ?とも思いますが)

優先順位は、1位:F1、2位:GP2、3位:NASCAR、同率4位:DTM / WTCC  /  IRL、その後に国内レース、という感じですが、まず見る時間は取れないし、録画してまで見ようという気も何故か起きません。それでもHDDには7月の未視聴分が何本か残っているので、とても手が回りましぇん。

とは言いながら、もしWSRもしくはEURO F3を放映してくれたら3位タイには入りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »