« USGP決勝 | トップページ | ENDLESS賞 »

2007/06/19

フェラーリ失速とホンダ秘密テスト

フェラーリの現状を失速と呼ぶのは、2強以外チームに対しては失礼ではありますが、開幕の勢いを考えれば明らかにマクラーレンに対して後退しています。憶測はいろいろあります。例えば、

  • いまや誰も話をしなくなった”ムービングフロア”

        →フェラーリの失速はその規制強化と時を同じくしています( ただしBMは平気)。

  • マクラーレンの”ブリッヂ”ウイング投入

       →これもタイミングは合っています。(マスダンパーの再現か?)

等はすぐに出てきます。そこに、GrandPrixより2件のもっともらしい噂が出てきました。

ひとつめ。

  • フェラーリは流行の風洞2基体制を取らず1基で進めているが、その風洞の実車速再現フロアが故障したらしい。
  • 原寸なので、当然300km/h近い速度で動く鉄製ベルトのフロア。これが壊れて飛び散ったらどんな惨状になるか。
  • 壊れたのは1ヶ月前との事。以降、開発が滞っているという噂。

ふたつめ

  • ロス・ブラウンが去った後、チームの組織が混乱しており誰が何を担当するのか明確になっていないとか。

どっちもありそうですが、ひとつめはどうかな?もし事実だとしたら、それを隠しておくのは至難を極めると思いますので、ちと怪しい。

2つめは多少はあれど絶対にありますね。ドリームチーム解散後こうなるのは明白で、しばらくは去年仕込んだネタで闘えるが後半しんどくなるかも?とその可能性はあると予想していたのですが、それが思いの他早かったという事かもしれません。

そのせいか、今日は海外メディアでMシューテスト復帰の噂でもちきり。

 

おまけ

@Niftyによると、ホンダはシルバーストーン合同テストに参加せず、SAF1を引き連れてわざわざスペインに遠征テストだそうです。理由は、表向きシルバーストーンの天候不順、本音は他チームに見られたくないという事らしいと記事にありました。

 

RA106(改?)をテストするんだ。間違いない!(ふるっ。今書く瞬間まで忘れてたよ)

@Niftyではそれは書けないのでしょう。意気込みが云々と誤魔化していました。

|

« USGP決勝 | トップページ | ENDLESS賞 »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/15493437

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ失速とホンダ秘密テスト:

« USGP決勝 | トップページ | ENDLESS賞 »