« 予選 | トップページ | フェラーリ失速とホンダ秘密テスト »

2007/06/18

USGP決勝

前週に引き続き早朝録画視聴。アベレージスピードが高いのでしょう、レース時間はカナダよりかなり短かったです。フレックス遅出も30分のみで済みました。さて、イマイチ面白く無かったレースでしたが、一通り振り返っておきます。

  • ハミルトン2勝目、勝利数も含めて完璧なポイントリーダーに。連続表彰台記録更新中。このまま行っちゃうのか、浮きがあれば沈みがあるのか。
  • アロンソは完全に走り負け。予選で負け、1コーナー特攻はしなかったものの(チームメイトと接触するわけにいかないしね)、結局ハミルトンに迫る事もなく終了。2回目のピットが終わった頃には「ステイ」か「セーブ」という指示が出ていた事でしょう。
  • 予選タイムから、アロンソのほうが多少は燃料多めで、ハミルトンより4周くらい引っ張って、その4周ファステスト連発でピットイン後逆転(Mシューパターン)ってのがあるかな?と多少期待していました。
  • が、あろうことかたった1周後にピットイン。あそこでほぼ終わってました。
  • ライコネンは流石にチャンピオンシップは終戦かな。突然マクラーレンが壊れ始めればまだ可能性はあるけど。

 

  • ファステスト一覧が中々興味深いです。2強チームは13秒1~2辺りで、マッサが少し遅くて13秒38。
  • ハイドフェルドが13秒41で肉薄、2.5強ぶりがここにも現れています。(5台)
  • 5位コヴァライネンからトゥルーリ、ウエバー、ベッテル、フィジケラまで14秒フラット辺りで揃っていて、中段グループはやはり団子。かつ2強との差は依然として大きい。デビッドソン、ロズベルグ、今回はタイム出してないけどサトウもこの仲間に入れますね。(ここに9台、ブルツはびみょー、1台)
  • バトンは72周きっちり走ってスーティルとほぼ同じタイムなので、上の仲間には入れません。スピードとも大差ないので、Honda、STR、Spykerでくくっちゃうぞ、と。Rシューはこっち。(ここに7台、で全22台)

まあこんなとこです。次戦、フランスでは再び”御前”レースになるであろうルノー、「4位では不十分」だそうなので、頑張りを期待しましょう。北米遠征前に「遅い原因がほぼ特定出来た」というチームからの発言があったので、地元GPには対策品を間に合わせてくるでしょう。

|

« 予選 | トップページ | フェラーリ失速とホンダ秘密テスト »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/15482672

この記事へのトラックバック一覧です: USGP決勝:

« 予選 | トップページ | フェラーリ失速とホンダ秘密テスト »