« しょせんプラクティス | トップページ | さくっと »

2007/05/26

反省文その3-決勝2

決勝で忘れてはいけない反省点を1つスルーしていました。

  • スタート後のペースが上がらなかった。

点に関連している事です。このところのテーマとして「先ずは目一杯突っ込む事」があって、それなりに改善してきているのですが、レースになった時、前のクルマと微妙~な距離で追いかけるシーンが多々ありました。

その時気づいたのですが、

  • 自分として目一杯の進入をした場合、ミスって止め切らない場合がありえる。
  • レースで追走している時にそれをやると、追突してグチャっとやるリスクが心配。
  • 相手のブレーキが早いとそれだけでも追突してしまいそう。
  • テストを通して自分よりはブレーキが早いと分かっている相手だと尚更。
  • 結果、前に合わせて早めのブレーキになってしまい、そして追いつかない。
  • リズムを崩しているので、ペースも上がらない。
  • あげくジリジリ離されたりしてしまう。

こういう時にやるべき昔覚えたコツってのがあり、レースの最中もそれは頭の片隅にはあったのですが、なんせ我に帰ったのが残り3周。時既に遅しでした。その感覚は理解したので、次は大丈夫だと思います。これだけを見ればそんなに難しい課題ではないので。

|

« しょせんプラクティス | トップページ | さくっと »

「レース」カテゴリの記事

「FJ1600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/15205780

この記事へのトラックバック一覧です: 反省文その3-決勝2:

« しょせんプラクティス | トップページ | さくっと »