« そおか! | トップページ | 90度で行けない理由 »

2007/05/15

そおかも?

F1も開幕4戦が終わり、スペインでRBR、SAF1がポイントを獲得した事により、ノーポイントチームは3チームだけになってしまいました。ホンダ、トロロッソ、スパイカーです。当然、ホンダは”ワークス”唯一のノーポイントという報道のされ方をしてもいます。

何ゆえそこまで遅いクルマを造っちゃったのだろうか?と何気なく考えていて思いついた事がひとつあります。そこに思い至る過程を順に書きますと、

  1. BAR時代から、ホンダF1はバトン専用(あるいは優先)にデザインされてきた。
  2. 2006年にチームに加入したバリチェロは、開幕からしばらくは終始乗りづらさを訴え、タイムもさっぱり出なかった。
  3. バリチェロの要求も考慮に入れてクルマを改良し、タナボタとは言えシーズン後半に初優勝が出来た。ポイントもかなり取った。
  4. 2、3の結果も踏まえ、RA107の設計においては、バトン、バリチェロ両方の意見が取り入れられた。

実はこの4番目によって、どっちつかずの意思決定が行われた結果として性能が悪いマシンになってしまったのではないか?

 

・ ・ ・ という疑念が湧いたわけです。とりあえず世間一般には、2基目の風洞の調整不足が要因では?と言われていますが。

|

« そおか! | トップページ | 90度で行けない理由 »

「レース」カテゴリの記事

「F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/15084737

この記事へのトラックバック一覧です: そおかも?:

« そおか! | トップページ | 90度で行けない理由 »