« あがってさがって | トップページ | 反省文その2-決勝 »

2007/05/21

反省文その1-予選

決勝に行く前に、予選から反省しなくてはなりません。反省しなくてはならない点は、

  • 無駄なバトルをせずにちゃんと距離をとってアタックしたのは良かったが、その1周で一発で決められなかった事。
  • もう1周、と行ったら前に追いついてしまい、そこまでのタイヤを無駄遣いした事。クリアラップの取り方が下手。
  • もうタイムは出ない、と判断しさっさとピットインしてタイヤをセーブすべき所を、その判断が遅れた事。(一応チェッカーまで走り続けるというボケはかまさずに終わりはしましたが)
  • 走路外走行については充分に注意していたつもりが、そこを走ってしまったのに、タワーに呼ばれるまで自分自身がそれに気づかなかったくらい、精神的に行っちゃってた事。(最終立ち上がり外側の縁石)

走路外走行は、マヂで覚えていません。これが記憶にすら無いのが自分としては最もショックな事です。そこまで平常心を失っていたか、と。良くぞ飛ばずに戻ってきたものです。

”予選モード”に入ってしまい練習のタイムから1秒以上遅いタイムしか出せなかったのが2006年でした。今年はそれでも0秒には入れる事が出来ました。しかし、0.1秒で世界が全く変わる予選になるだろう、という予想通りで、その0.1秒で世界が変わる、下方向へ行ってしまいました。

あとコンマ2秒出せば5~6列目には並べたし、今回の想定ターゲットはその辺りだったし、出せるべきものでありました。いい感じで行った周に限ってスピンした他車、黄旗に捕まったりもしました。が、とにかく出た結果は20番グリッド、これが実力。

つくづく、精神修養が必要です。つづく。

|

« あがってさがって | トップページ | 反省文その2-決勝 »

「レース」カテゴリの記事

「FJ1600」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83895/15156473

この記事へのトラックバック一覧です: 反省文その1-予選:

« あがってさがって | トップページ | 反省文その2-決勝 »